2012-10-01 18:04:24

プロフィール③ 【メーカー時代】

テーマ:プロフィール

【メーカー時代】


さあ、僕が初めて勤めたのは、超大企業です。

今考えると、よう入れたな~と思いますけどね(笑)


同期がワンサカいたけど、東大やら早稲田やら東北大学、北海道大学、九州大学・・・

ちょっと場違いな感じでしたけど、それでも気の合う仲間はできて、友人関係は楽しくできました。



若手が元気に働くための想像力の使い方


当時茨城にいたんですけど、宮城に遊びに行ったりもしましたし、合コンマスターがいて、よく連れていってもらいました。


友人関係は楽しかったんですけど、仕事についてはちょっと・・・という感じで、「思ったのと違う!」という典型的なリアリティショックを経験しました。


今考えても、ずっと続けたところで希望のことはできてなかったようには思います。

それでも、周りの人に恵まれて、グループ長の人とかからは可愛がられました。

その人熊本出身で、同じ九州ということで、茨城にいての九州人なんで、そういうのもあると思います。


でも、グループ長が変わっちゃったんですね。

で、新しいグループ長になぜかいきなり嫌われててですね。

まあ、今思うと、嫌われるだろうなとは思いますけどね。

こんなやりとりがありました。


「岩尾、お前今日は何の仕事をするんだ?」

「はい。○○さんにこれこれをやれと言われてて、それをやります」

「それが終わったら?」

「○○について、よく勉強しとけと言われたので、○○を読んでおこうと思います」

「それから?」

「今のところそれだけですけど」

「そうか。お前な、たったそれだけで給料もらうの?」

「はあ・・・」

「給料泥棒とは思わんか?」

「はあ・・・」


あの時は、正直、頭にきたとかいうより、あっけにとられたという感じでした。

「そんなこと言われても、じゃあ何すりゃいいの?まだ本配属されて3ヶ月目ぐらいだし、言われたことはやってるし!」

みたいな感じですね。


今思えば、気持ちが分かるの半分、とはいえ、自分から動くことはもっとしなきゃいけなかったというのが半分ですね。


そして、新卒で本配属後、5ヶ月というスピードで、違う部署に飛ばされました。


そこは、さらに僕の専門とかけ離れたところで、僕の上司になる人も、何の指示もしない人で、何も関わらない人でした。

本っ当~にマル無視なんです(笑)

僕は僕で不本意だったんで、「そっちがその気なら、別に俺も何もせんでいいよ」とばかりに、何もしないという日が続きました。


今思うと、僕を辞めさせるために、全然専門外の場所に飛ばし、上司も放っておけと言われたか、言わないでも放っておく人の下につけたか・・・だったのかなとは思いますけどね。


結局、これで僕はこの仕事を辞める決意をします。


辞める時もみっともないマネをしてしまい、本当ガキでしたね。


ただ、仕事のことは本気で考えてたんです。

車が好きだったんですけど、やっぱ直に車を触るようなことが自分にとってはいいんじゃないかと思い、自動車整備士になろうと次の目標を決めました。


【誕生~高校時代】

【大学時代】

【整備士時代】

【検査員時代】

【理系職から文系職へ】

【人財開発営業時代】

【独立~3年】

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仕事を面白くしていく滑走路づくり:岩尾至和さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ランキング集計結果

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。