札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

食べもの・暮らし・環境……
中医学(漢方)の知恵を通じて、病気にかからない健康的生活のコツをお伝えします。
正しい知識を持って、ご家族・ご友人と、楽しい毎日を過ごしましょう!

NEW !
テーマ:

☆汗の消耗は「梨」で回復~秋の薬膳のコツ


そろそろ、秋の味覚、「梨」が出てきましたね!


まだ残暑でうだっておられるみなさまも、いらっしゃるかもしれませんが。


まつもとがご相談をお受けする札幌は、今日は雨。


涼しくなってきました。



さて、梨は、


・白くて

・うるおいタップリ

・甘くてほんの少し酸っぱさも


ですね!


これを薬膳ではどう見るかというと(中医学的には、ですね)、


・白=「肺」に入る

・みずみずしい=乾きをうるおす

・甘くて酸味=「酸甘化陰(さんかんかいん)」


となります。


「酸甘化陰」というのは、酸味のものと甘味のものを同時に摂ると、身体の「うるおいのもと(=陰)」が増えますよ~、という意味です。


これは、これからの時期に健康を保つ上で、とっても重要な働きをしてくれます。




今年の夏も、暑かったです。


暑いと人間、汗をかきます。


そうでなくても、人間、行動すれば燃料を消費します。


この燃料に当たるのが、「陰」。


昨年の秋から冬にかけて、体内に蓄えておいた「陰」を、春から夏の、活動的で、汗をかく時期に消耗してしまいました。


ですから、また来年の春から夏に向けて、今年の秋から冬に、陰を蓄えておかなけらばならないのです。




とくに、秋は空気が乾燥してきます。


乾燥した空気は「燥邪」となって、人間ののど・はなの粘膜や、皮膚を襲います。


燥邪に襲われると、粘膜や皮膚は、カサカサ系のトラブルが起こります。


秋口の風邪は、乾いた咳が続きやすいのは、こういうわけ。


ですから、汗をたくさんかいて消耗した陰は、秋の乾燥した空気に負けないように、とっとと補給するべき、なんですね。




ちなみに、水分と糖分がタップリの果物は、たくさん取りすぎると胃腸(脾胃)に負担がかかります。


少量をよくかんで食べたり。


おかずに入れたり(セロリとか、ブロッコリーとかと和えものにしたりね)。


お米と一緒に炊いて、お粥にするのもいいですね!


お粥にするときは、まずお米をゆっくり炊いて、最後の5~10分くらいで投入すれば充分ですよ。


乾燥した空気の中を走ったりする、札幌マラソンのあとなどは、こうしてうるおいを補給してくださいね^^














札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆【あと1席】「将来患者さんのシミ・くすみ・冷えを解消する食事指導をしたいセラピストのための薬膳講座」


整体師・鍼灸師・各種セラピスト・エステティシャンの先生方は、患者さん・お客さまに施術をするとき、


「普段の食生活も、気をつけてくださったら、もっともっとよくなるのに……」


とお感じになること、おありだと思います。



薬膳 治療院 客単価


そのとき、いくら技術を尽くしても、普段のその方の生活がメチャクチャだったら、効果は長続きしませんものね!


でも、患者さん・お客さまは、身体を悪くしたくてそういう生活をされてるんじゃないんです。


どういう生活をしたら、どういうものを食べたら、体調がもっと、速くよくなるか、ご存じないだけなんですよね。


ということは、「普段どういうものを食べたら身体がもっと速くなるか」教えてくださる先生に出会えたら、濃いファンになってくれますよ!


さらに、施術と組み合わせた「生活指導」で、新メニューを作ったら、効果がUPしてさらに喜ばれたりしますよね^^




「今すぐは無理でも、将来患者さんに食事指導ができるようになりたい!」とお思いの整体師・鍼灸師・各種セラピスト・エステティシャンの先生方のための「薬膳講座」(10月開講)は、お席あと1席となりました。













札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

☆スーパーで買える食材で冷えを治すには


「冷え」に悩むひと、多いです。


女性の専売特許のように言われることもありますが、実は男性にも見られます。



冷え症 改善 薬膳



間もなく寒い寒~い秋・冬がやってきますからね。


対策しないと!




ところで、食生活を中心に、わたしたちの身の回りには「冷え」を誘発する習慣がいくつかあります。


ひとつには、飲食店で出てくる氷入りのお冷や(水)!!


「冷え」に悩んでおいでの方、ゼッタイ口つけちゃいけませんからね。


胃腸が弱くて困ってる方もです。


わざわざ冷やしておいて、「冷えてつらい~」と言ってるのは、いわば健康の無駄遣いで、何とももったいない話、なんですよね。


でも、こういうこと、意外に知られてないようです。




そして、スーパーで買える普通の食材の中にも、身体を温める働きのあるものは結構あります。


こうしたもの中心で毎日の献立を組み立てれば、身体は変わりますよ^^





まず、身体を冷やすモノ・コトを避けて、それから温めるモノを食べると、「冷え」はかなりよくなります。















札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人  |  リブログ(0)