札幌中医学講座 漢方的食事で体質改善

食べもの・暮らし・環境……
中医学(漢方)の知恵を通じて、病気にかからない健康的生活のコツをお伝えします。
正しい知識を持って、ご家族・ご友人と、楽しい毎日を過ごしましょう!

NEW !
テーマ:

☆「ストレスで食欲が抑えられない」を中医学で考えると、こうですね!!


ストレスがかかると、異常に食べたくなること、ありますよね。


健康にも、美容にも、とってもよくないことなので、すぐに止めたいのに、そんなときの食欲ってどうにも止まらなくって困ります。


どうしてそんなに食べたくなるのか、考えてみると不思議ですが、理由が分からないと対策の立てようもありません。


その「食べたくなる」理由を、中医学的にこんな風にとっても分かりやすく説明してくれたのは、北広島で中医理論を元にしたエステサロンをされている坂下先生です。



ストレスで食欲 なぜ


坂下先生は、実は「まつもと漢方堂中医学講座」の元受講生。


とっても優秀な先生なので、次からの「薬膳」のコースを担当していただくことになりました!


4月開講の2016年上期では、「薬膳」講座はお休みしておりましたが、10月開講の下期から再開です。


日時など、くわしいことは、決まり次第またこちらでご案内いたしますね^^




「食べたくなる」にも種類があって、


・何となく口さみしい


・無性に甘いものが食べたくなる


といった比較的軽いものから、


・常に何か食べてないと気が済まない


・お箸を置いてすぐにまた食べたくなる


といった激しいものまでいろいろあります。


中には、体重が膝や腰に負担をかけていて痛いとか、アトピーのような老廃物が症状を起こす病気があるとか、脂肪肝や糖尿病とか、食べ過ぎることの危険性をご自身がよ~く分かっているのに、食べるのを止められないことも。


これ、どうして起こるのでしょうか?




ひとつには、「人間、ふたつのことを同時に考えられない」というのがあります。


何か、直面しなければならない人生の問題や、不快に感じている何事かがあるとき。


できれば、そうした嫌なものごとから、目を背けたいのが人情です。


そんなとき、とりあえず「食べて」いれば。


ふたつのことを同時に考えることはできませんから、食べている間だけは、嫌なことを考えずに済みます。


ストレスでつい食べてしまうのは、ひとつにはこの「ストレス回避法」を、身体が覚えちゃっているのも理由のひとつです。


甘いものや辛いものはインパクトが強いので、とくに他のことから注意をそらしやすく、ハマりやすいんですね。


この段階を、「何かを口に入れたい」レベルとしてもよいでしょう。





でも、食べることそのもので気を紛らわすだけでなく、本当に、食べても食べても、また空腹感を感じてしまうケースも、よく見かけます。


口に入れたい、噛みたいのではなく、一定の分量をお腹に入れたい。


「食べても満腹にならない」レベルといいましょうか。


このとき、ストレスを感じた人間の身体の中で起こっていることを、中医学の「五臓」を中心に考えると、このように整理できますよ~というのを、坂下先生がこんな風にまとめてくださってるので、気になる方は読んでみてくださいね!













札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人

テーマ:

☆「わたし自身がアトピーなんですが、行ってもいいですか?」


先日お伝えした、7月28日に開催する「アトピー患者さんお悪化させずに完治へ導く!『アトピー診断・食事アドバイスシート』活用講座」ですが、「わたし自身がアトピーなんですが、行っていいですか?」というご質問をいただきました。


東京 アトピー患者 食事指導

お答えは……。


「はい、もちろんです!!」ですよ^^




当日の講座では、先生方が出会う可能性のある、急性期のアトピー患者さんと慢性期の患者さん、両方のお話をします。


ご自身がアトピー性皮膚炎に悩んでいて、という方にとっても、このお話、きっと参考になるはずです。


今自分が


・「急性期」


と、


・「慢性期」


どっちにいるのか分かれば、今どんな生活に気をつけたらよいか判断できますものね。


アトピーは波がある病気ですから、普段は慢性期なんだけど、何かの拍子に急性期に移行してしまうことって、よくあります。


そこで油断すると、悪化が止まりにくくなったり、ご経験おありですよね?


この講座で、「こういうパターンが表れたら、要注意!」というポイントを学んで、健康管理にお役立てくださいね^^




こちらのブログでも、6月28日からお申込のご案内をする予定ですが、シートをダウンロードされた方から先にお受付を開始しました。


もし、


・講座に興味がある/参加したい


・シートをまだダウンロードしていない


という場合は、お早めにダウンロードされた方が、お席を確保しやすいかもしれません。


「アトピー悪化はこれで防げる!アトピー患者さんに施術する治療家さんのための『アトピー診断・食事アドバイスシート』」のダウンロードはこちらからどうぞ^^















札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人

テーマ:

☆夏の不眠と、オススメ食べもの・飲みもの


夏にトラブルが起こりやすいところはいくつかありますが、


・睡眠


の問題も起こりやすいですね!


日の出が早まるにつれて、早朝に目が覚めやすくなるのに始まって、眠りが浅くなったり、夢が増えたり。


夜も気温が高いと、暑くてなかなか寝付けません。


睡眠がよくないと体力も落ち、夏バテしやすくなるのも気になります。


この時期、どう過ごせばいいのでしょうか?




中医学では、夏は「心」に負担がかかる季節だと考えています。


確かに、夏場は心疾患が増えます。


それだけはなく、「大脳」の働き、意識がハッキリしているとか、冷静に集中してものを考えるとか、ぐっすいり深く眠るとか、そうしたいわゆる「こころ」の働きをコントロールする臓器として、中医学では「心」を当てているんですね。


「心」は身体の上部にあって、赤く熱量をもって常にエネルギッシュに拍動している。


その拍動で全身が温められ、活動することができる。


そのことから、人体をこの世界にたとえると、「心」は太陽のような「陽気」の盛んな臓器です。


陽気の盛んな、熱量をもった臓器なら、外気温の高い夏はかえって元気に働けそうですね。


でも、ここに分かれ道があります。




もともと自分の身体の陽気(温かさ)の足りない方なら、夏は、外部から温めてもらえて、調子がよくなります。


身体も動かしやすく、眠りもそんなに気になりません。


一方、自分の身体の中の陽気が強めの方なら、夏は、ただでさえ熱い「心」が外からも温められ、オーバーヒートを起こしやすくなります。


こうなると、落ち着いてものを考えたり、夜にぐっすりと眠ったりしにくくなります。


これが分かれ道。


夏に調子のいいひとと、よくないひと、それぞれのパターンの起こる仕組みです。




夏に「心」がオーバーヒートしないように。


・食べ過ぎ


・脂っこいもの


・甘いもの


・辛いもの


・お酒


こうしたものは体内で余分な熱を生みますので、控えましょう。


「心」を落ち着かせる「苦い味」のもの、例えばゴーヤやセロリなどはお勧めですよ!


飲みものも、コーヒーより緑茶が向いています。


もちろん、遅くに飲むのはどちらもNG。


睡眠に影響が出やすいひとは、こうしたカフェインを含むお茶類を楽しむならお昼までに済ませましょう。




心にオーバーヒートさせないように、適度にクールダウンする。


夏に睡眠トラブルが起こりやすい方は、ここに着目して食べもの・飲みものを選んでくださいね!













札幌まつもと漢方堂
◆講座一覧
お問合せはこちら

TEL:011-215-7544
いいね!した人