DV・児童虐待加害者カウンセラー 中島真貴子です。

 

会社での人間関係は、会社勤めをしているサラリーマンの悩みの種星

中でも上司との人間関係は最も悩まされている方も少なくはないようです。ショボーン

 

自分の失敗を押し付ける責任転嫁の上司

言い返せないのをいいことに無理難題を押し付けてくる上司

可愛がっている素振りを見せてモラハラをしてくる上司

 

「こんなことくらいは我慢しなきゃ・・・」と、思いながら頑張っているうちに

何が悲しくて、何が辛くて、、、自分がどうしたいのか?も分らなくなってきます。アセアセ

 

また、上司への殺意を持つ人も少なからずいます。

殺意を持つ気持ちを武器に・・・またまた、頑張ろうとします。爆弾

 

 

そして、『 上司のパワハラを苦に殺害!』 なんてニュースになることを想像し

そうなれば、刑務所には行くが・・・果たして今の会社で今の上司にこのまま

いびられるよりは幾分かマシだろう。。。と考えたりもします。ダウン

 

そんな方がたま~に・・・自分の殺意について、より深く思案し、

「自分って、本当に上司を殺してしまうのだろうか?」と、ふと疑問に思い

カミングアウトをします。

 

 

その相談には、もし自分が反社会的な「殺意」という感情を持っていると

知ったカウンセラーは、どう答えるのだろう?? |д・)チラッ

 

あの手、この手を考えて・・・穏便に済まそうと、自分を褒めちぎるのか??

 

はたまた、「殺人はいけないよ!家族が悲しむよ!」と、お涙頂戴のありきたりの攻撃と

慰めが返ってくるのか??えー

 

試してみたい気持ちがあったり、本当に殺人を犯す前に誰かに聞いてもらうことで

本当に苦しい気持ちを癒したいのかも知れませんが。。グラサン

 

流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星流れ星

 

そのような気持ちでいる方に向けてお話をさせて頂きます。

まず、「殺意を持っている」というだけでは人は殺せません。グッ

 

人を殺すのに、、むしろ殺意は要らないです。 f^_^;

全ての犯罪がそうですが・・・

 

1犯罪を起こしうる環境

2そして「英雄妄想」

3そこから成る・・無責任行動

 

1右矢印2右矢印3

 

この3つが揃えばどんな犯罪でも起こります。ドクロ

 

犯罪を起こしうる環境とは・・・偏った考え方、被害感、引きこもり(人に打ち明けないで、自分の中でネガティブな思考をオリの中に閉じ込めてしまう)

 

「英雄妄想」とは・・・自分が支配者になった様な気分。正義のために動いた気分。自分がやらなければいけない!といった戦士の気分。自分の犯行の美談化。

 

その結果無責任な犯行に及ぶわけです。あしあと

 

この3つの条件は常にある人もいれば、数ヶ月で急激に出来上がる人もいます。

 

殺人の場合は、、、2、3ヶ月の間でこの条件ができあがるのが一般的です。

 

最初は家族の為に殺人なんて恐ろしいことはできないと思っていても、、、

引きこもりの環境を作り、2、3ヶ月の間に・・・

「自分の殺意は家族のためでもある!」

なんていった

英雄妄想ができれば、、、もはや殺人まで秒読みの段階です。アセアセ

 

 

英雄妄想ができるまでに、カミングアウトして相談をした方は

引きこもり環境を作っていない為、、

しっかりしたやり取りが出来る状態の人であれば、

どんなに殺意が強いとご自身で仰られていても

殺人の行為に走る危険性は、その時点では少ないのです。

但し、その後精神病になられた場合にはこの限りではありません。

 

 

かつて、このような悩みを持った方とやり取りをしておりましたが、

どうして?自分が、上司を殺さないと断言ができるか??という疑問を残されました。

 

引きこもり環境にもない

英雄妄想も持たない方を

殺人を犯せる理由がないのです。

 

その状態は、メールのやり取りだけで十分に分ります。

英雄妄想に入っている方は、妄想の正義論を連呼し、隠しきれないのです。

常識では考えられない妄想に入っていると直ぐに分ります。(><;)

 

例えば、会社の上司を殺害してニュースになったとします。

そのニュースを見て誰もが思うでしょう。。

何故、そうなる前に会社を辞めなかったのか、と。

 

そんな当たり前のことが考えられないほど

妄想によって、マトモな思考ができなくなっているんです。

 

そうなって、初めて危ない!といえます。

 

しかし、これは・・・

いざ、上司を殺してしまう可能性を誰でも作り上げることができる!とも言えます。

また、どんなに上司が憎くても、環境さえ作らなければ、誰でも防げるのです!

 

 

あまりにも重い殺人の代償

 

刑務所に入る!

自分を心配している親や兄弟、親戚、ご家族、ご友人に迷惑がかかる!

 

この程度では済みません。

日本の法律は軽いです。

但し、刑罰は罪を裁くだけで・・・

人間を裁く効果はありません。

 

加害者となられた貴方自身を裁かなければいけません。

被害者さまのご遺族、ご関係者

そして貴方のご家族、ご関係者

家庭が崩壊するのです。

貴方の無責任行動1つのせいで崩壊した家庭、人の心に一生消えない傷害を与えた責任を

貴方は一生償い続けねばなりません。

 

これだけの代償と、パワハラ上司

比較して天秤にかけましょう!

 

もし、辛い気持ちを抱え込むのを辞めて

相談をする勇気さえ持てれば・・

カウンセリングで解決できれば・・

今の苦しみを消し去ることができ

「殺してしまうかもしれない」状況から開放されるのです!

 

このブログをお読み頂き、興味を持たれた方は是非ご相談下さい。

 

お問い合わせフォームはこちらです

ホームページはこちらです

 

DV・虐待問題『カウンセリング スポット』

児童虐待加害者更生プログラマー
DV・虐待問題解決アドバイザー

サイコ・セラピスト(心理療法士) 中島真貴子


※緊急時(不安でいたたまれないとき)は、ご予約なしで
電話相談対応しています。
詳細のURLにて電話番号をご確認の上、ショートメールにて
緊急電話相談の旨をお知らせ頂きましたら、即こちらからご連絡致します。

 

 

AD