健康業界のビジネスモデルづくりのヒント(SPORTZ_脇本)

このブログは、健康ビジネス成功のポイントを「メソッド×場」として、異業種含めて自分が体験したものを書いています。一つのヒントとして活用してください。


テーマ:

今回は、ブログ8回目。


このブログでは、健康ビジネス成功のポイントを

「メソッド」×「場」

とし、様々な事例からの学びを書いています。


今回は、健康とは異なる「子育て」をテーマに、

シリーズ400万部を超える子育て法となっている

「子育てハッピーアドバイス」を取り上げます。


※実は、私はこのシリーズを10冊近くもっていて
 よく参考にしているファンです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■著者

・明橋 大二(あけはしだいじ)
心療内科医・スクールカウンセラー
http://www.akehashi.com/profile/


■実績

・書籍「子育てハッピーアドバイス」は、
 2005年初版以来累計400万部を超えている。
http://www.happyadvice.jp/


年間に生まれる子供の数が約100万人ですよね。
ですから、2005年~2013年に親になった数は800万人。


そのうち400万人が読んだ計算もでき、二人に一人は
この本を読んでいることになります。(かなりざっくりとした計算ですが)


感想を読むと、多くの方がこのメソッドで救われている、
そんな印象をもつ本です。


■出版社

・1万年堂出版
http://www.10000nen.com/
企業スローガンは、「千年も万年も読みつがれる!そんな願いをこめて」



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「子育てハッピーアドバイス」のメソッド

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


書店にいけば、子育てのコーナーには
さまざまな子育て本(子育て法)があります。

多くの情報が氾濫し、子育てに不安を持ちやすい時代です。
(情報が氾濫ということでは、健康業界も同じです)


その中で「子育てハッピーアドバイス」

は、あまり多くのことを語りません。


子育てで重要なのは、、、



「自己肯定感(自分は大切な人間だという気持ち)」



であり、これをいかに高めるか?
ということが、様々な切り口(子供の年代、読者の立場など)で書かれています。


「しつけや勉強」の前に大切な
この「自己肯定感」を高める方法は、


・子供に感謝する
・子供を的確にほめる
・子供を的確にしかる
・子供のよい点、悪い点含めて、存在すべてを認める
・子供の甘えを大切にする

といったことが、書かれています。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

メソッドを支える商品とサービス

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


■モノ

・書籍:

ー解説自体の文字数が少なく、「マンガ」とともに「ぱっ」と読める
ーよい例・悪い例という「例」で解説してわかりやすい
ーQ&Aを大切にしていて、より具体的なところまでわかる
ー読者からの声を大切にしている
ー「マンガ」自体がかわいく、みているだけで心やすらぐ
ー子育ての本質を書いているので、8年前の第1冊目を読んでも時代遅れの感じが
 全くしない


・CD「クラシックCD」
http://www.happyadvice.jp/archives/6089

・日めくりカレンダー
http://www.happyadvice.jp/archives/140


■リアルサービス

・講演会(全国で実施)
http://www.akehashi.com/schedule/
9月には米国シアトルでも講演を行い、世界からも注目されはじめた。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び(1):メソッドはシンプルに

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


既存の多くの書籍(子育て法)と「子育てハッピーアドバイス」を比較してみると


A)たった一つのこと(自己肯定感)しかいっていない。

B)その一つのことをいかに実行するか?その点にフォーカスしている。

C)イラストがかわいくて、読んでいるだけでも子育てに幸せを感じる


そうした点が決定的に違います。


※単にC)をマネした子育て法の書籍が、その後たくさんでています。
 しかし、A,Bが違うため、それほど支持されてはいないようです。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び(2):初期ターゲットを明確にしたメソッドづくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


同書籍の場合、


・忙しくて、あまり本を読む時間がない

・できるだけエッセンスだけ知りたい


「お母さん」を対象にしています。

(実際には、パパも購入していると思います)


最終的には、多くの人に利用したもらい、
今までの意識を変え、文化をつくることを狙いとする
のがメソッドですが、最初はターゲットをよく設定しておくことが大事です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び(3):ターゲットを「認める」メソッドづくり

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


子育て中の親は、不安なことがいっぱいですよね。

「子育て、がんばってるね」と認める言葉がたくさんあり、


・自分の子供が、もっと大好きになる
・読み終わったあと、子どもを抱きしめたくなる


そんな本を目指しているとのことです。


なにより親自身がこれでいいんだ!

そんな気持ちになることを大切にしています。
(親の自己肯定感が高まる)



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

学び(4):自己肯定感というキーワード

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


書籍内に紹介されていたデータによると、

「自分はダメな人間だと思いますか?」という質問に答えた中学生は、


・日本56%
・中国11%
・アメリカ14%


とのことです。


日本の子供の自己肯定感のなさが目立っています。


当然親も自己肯定感が低く、それがうつやメンタルヘルス病の原因の
一つになっていることも理解できます。

健康ビジネス含め、日本でのビジネスの大切なキーワードですね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
↓↓↓↓↓


これは、私の自宅にある「子育てハッピーアドバイス」シリーズ。
これにプラスしてCDと日めくりカレンダーがあります。


社会にでると、プロセスでなく結果が求められる。

そのための自己肯定感をどう高めるか、おそらく

今後「中高生編」で語られると思います。期待です。


健康業界のビジネスモデルづくりのヒント(SPORTZ_脇本)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

SPORTZ_脇本さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。