調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
GODZILLA ゴジラ

言わずと知れた日本産怪獣映画の傑作ゴジラをハリウッドが再リメイクした作品だ。監督は『モンスターズ/地球外生命体』のギャレス・エドワーズ、出演は『キック・アス』のアーロン・テイラーや渡辺謙。“再”リメイクというとこがポイントで、前回のリメイク作品は「こんなもんゴジラでもなんでもねぇ」と散々な評判だった。それだけに今回は?という不安も弱冠あったんだが、前評判通りとても面白い作品に仕上がっていたよ。とにかくゴジラが超かっこいい!

なんか弱冠首が太いんじゃん?とか思わなくもないんだが、あの逞しさがこの物語におけるゴジラの魅力に繋がってくるんだ。物語の展開はここには書かない。何故なら予告編でも公式サイトでも一切隠してあることだから。でも観れば「あら!この流れで来るの!?」と思えるハズ。実はとっかかりは1954年の水爆実験はゴジラを殺すためのものだった…なんてとこからなんだが、それだけみると「ゴジラ」の精神を裏切ってるんじゃ?って思ったんだよね。しかしそうじゃなかった。

元祖ゴジラは水爆そのもののような存在で、人知を超えた存在。その力が人間に向かってきた時…ってなテーマだった。今回も“核”の存在はとても大きなテーマなんだけど、ある意味それすら超えた存在が今回のゴジラなんだ。即ち劇中の渡辺謙のセリフにある「ゴジラは正に自然そのもの」という存在だった。人間に牙を向くこともあれば、人間を守ることもある、地球という星の中でバランスを取る存在。今の我々を取り巻く環境はなにも“核”だけが問題じゃない、そういう意味ではよりスケールを増した感じがしたよ。

それにしてもあのゴジラの咆哮、そして放射能火炎!怪獣っちゃやっぱこうでなきゃ!って素直に興奮。超強力な尻尾の攻撃なんて元祖そのものだよ。それでいてラストには鼻息フンッなんて何だかちょっと可愛らしい一面も見せてくれたりして(笑)ちなみに怪獣という意味では『パシフィック・リム』を思い出したんだけど、やっぱりこういうのが上手い監督にかかるとホント段違いに面白い映画になるんだね。今日は2Dで観たんだけど、これは俄然3Dが観たくなったな。もう一度行こう。

カチンコ 公式サイト 映画

ストーリー:1999年、日本。原子力発電所で働くジョー(ブライアン・クランストン)は、突如として発生した異様な振動に危険を感じて運転停止を決意。だが、振動は激しさを増して発電所は崩壊し、一緒に働いていた妻サンドラ(ジュリエット・ビノシュ)を亡くしてしまう。それから15年後、アメリカ軍爆発物処理班の隊員である、ジョーの息子フォード(アーロン・テイラー=ジョンソン)は、日本で暮らす父を訪ねる。原発崩壊事故の原因を調べようと侵入禁止区域に足を踏み入れた二人は、そこで思いも寄らぬ光景を目にする。(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります