調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
マレフィセント

ディズニーアニメ『眠れる森の美女』でオーロラ姫に呪いをかけたマレフィセントを主人公に据えた作品。マレフィセント役にはアンジェリーナ・ジョリー、オーロラ姫役にはエル・ファニングが出演している。流石はディズニー映画だけあって安定の面白さだった。マレフィセントは実は良い妖精で、オーロラ姫に呪いをかけたのにもちゃんと理由があって、それは結局人間が悪かったのよってお話。これはこれで十分に説得力もあるし楽しいお伽話だと思う。

ま、評論家の中には元の話を台無しにするとかいってる連中もいるけど、そもそもあんたは今まで元の話をそこまで大事にしてきた訳でもあるまいに。物語の作り手本人が言うならともかく屁理屈も大概にしろって感じかな。それはさておき注目はエル・ファニング。本来ならアンジーから行くところなんだろうけど、アンジーが上手いのは当たり前だし、個人的に頬骨が張ったあの顔がキモいとしか思えないので後回しにする(笑)エルは実年齢が16歳でオーロラ姫と同じ。

身長170cmと大柄だけどマレフィセントは大きな羽や角が生えてるぶん、大柄に見えるんでバランスはむしろ良かった。子役の頃から注目している彼女も16歳、あどけない少女が大人の女性に変わりつつある中間の、今しかだせない魅力がまさにオーロラにピッタリだったと思う。美しい心に人間の見難い現実が入り込み、それでも彼女は汚れることなくラストを迎えるのだけど、エルの演技力もさることながら彼女本人のもつ資質の部分は大きかった。

つまりそれはエル=オーロラの笑顔を観ているとマレフィセントの心が優しさに満たされていくのが手に取るように解るってことなんだ。彼女は愛するステファンに裏切られることで憎しみに囚われ、オーロラによって真実の愛に目覚めていく。険のある表情が、穏やかな表情に少しづつ変わり、しかし一本筋の通った誇り高さは変わらない。このへんの内面の表現は流石はアンジーってとこだね。ちなみに元作品ではオーロラを眠りから覚めさせる王子様、なんか今回はえらく雑な役回りだった。一番損をしたのは王子様かもね。(笑)

カチンコ 公式サイト 映画

ストーリー:とある王国のプリンセス、オーロラ姫(エル・ファニング)の誕生祝賀パーティー。幸せな雰囲気があふれるその会場に、招かれざる邪悪な妖精マレフィセント(アンジェリーナ・ジョリー)が出現する。オーロラ姫に永遠の眠りにつく呪いをかけたマレフィセント。それは、なぜなのか。答えは、謎に包まれたマレフィセントの過去にあった。(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります