調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
キャプテンハーロック(2013)

言わずと知れた松本零士原作アニメの名作をフルCGで映画化。脚本は「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏、監督は「スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン」の荒巻伸志という贅沢なコンビだ。それから更に豪華なのが声優陣。ハーロックを小栗旬、最初はアルカディア号への潜入スパイだったが、後に物語のキーになるヤマに三浦春馬、他にも蒼井優、古田新太といった本職俳優と有名声優が目白押し。人を特定出来てしまう声の役割は本来俺は嫌いなんだが、今回は絵に力があるため全く気にならなかった。

それにしてもカッコいい!松本零士の描く漫画のキャラクターを更にスタイリッシュにし、モーションキャプチャーを利用して動かすそのCGは、アニメチックなのにリアルという矛盾する絵作りを見事に成し遂げていたよ。この手のCGキャラはどうしても質量感が出難いんで軽く見えてしまうんだけど、CGでありながら劇画調とでも言うべきコントラストの強さがそこを上手くカバーしている。アクションシーンの動きなんてマジ痺れるほどだったわ。キャラだけじゃない。メカニカルデザインもコレまたいけてる。

アルカディア号の設定なんて今までのハーロックを完全に超えたかもしれないよ。ダークマター機関という新しい概念を導入し、自己修復機能まで持つアルカディア号の圧倒的な戦闘力!どこかオドロオドロしいデザインは好き嫌いが別れるかもしれないけど、俺は完全OKだったな。母なる地球を目指すものの、その地球が観るも無残な姿になっているあたりは「宇宙戦艦ヤマト」的なものを感じる。彼の作品でもそうだったけど、松本零士の漫画から溢れ出る地球愛とでも言うべき概念は相変わらず強いね。

今でこそ宇宙から客観的に地球を俯瞰する視点は当たり前だけど、最初に松本零士の漫画を読んだときはとても斬新に感じたことを思い出したよ。「繰り返される一瞬が永遠に至る」結局作者の言いたいことはこの言葉に集約されるんだろうな。それは人の生命であれ、星であれ同じこと。もっと言えば「キャプテンハーロック」という作品自体もそうなんじゃないかな。松本零士の壮大な世界観、哲学にアニメーション技術がようやく追い付いてきたのかもしれない。そんな風にも感じたわ。

映画 公式サイト 映画

ストーリー:銀河の果てまで移動が可能となった時代。開拓の限りを尽くし新天地を失った人類は、「戻るべき場所」となった地球の居住権をめぐって争いを始める。紛争を終息させる最終兵器として4隻のデス・シャドウ級宇宙戦艦が建造され、その4番艦の艦長としてハーロックが任命される。歴戦の勇士として名をはせた彼だったが、終戦を迎えると同時に戦艦と共に消息を絶ってしまう。やがて、彼は巨大なドクロを艦首に刻んだ宇宙海賊船を操るキャプテンハーロックとなって姿を現し、地球連邦政府に戦いを挑んでいく。(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります