調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
闇金ウシジマくん Part2

漫画、ドラマ、そして映画と続いてきたシリーズの映画第2弾。観終わるまで知らなかったのだが、何でも「ヤンキーくん」編と「ホストくん」編を脚色して作ったそうだ。どうりで今回は物語があちこち飛びすぎてどうも入り込み辛いというか、微妙な気がしたんだよね。ヤンキーくんの方ははマサル(菅田将暉)というヤンキーと族の愛沢(中尾明慶)が中心になって話がすすみ、ホストくんの方は神咲麗(窪田正孝)と彩香(門脇麦)が中心になって話が進んでいく。

もちろんこの2つの話しともに丑嶋くんが絡んでくるんだけど、いかんせんパラレルに2つの話を進める関係上、前半は肝心要の丑嶋くんがすっかり沈んじゃってた。2つの物語の事の起こりや経過人間関係を描くんじゃ当たり前だよね。プラスして犀原(高橋メアリージュン)だとか、戌亥(綾野剛)といったキャラクターが登場してくるのだけど、ドラマも漫画もみてない俺的には「は?誰こいつら?」ってなもんで、丑嶋くんとの関係も推測しながら観なくてはならない。

不親切だよなと思うが、彼らのことまで細かく説明してたら時間がいくらあっても足りないのは理解できる。もっともホストくんの方で彩香をストーカーする蝦沼(柳楽優弥)なんて、この展開の中では存在理由が全くわからない、というか要らない。柳楽優弥をここまで無駄遣いしたのは大したものだと思う。どっちにしても、この作品を観に来る人はあくまでも丑嶋くんが観たくて来てると思うんだ。あ、綾野くんのファンだとか、山田孝之のファンだとかそういう話は別ね。だとするとどう考えたって前半はフラストレーションが溜まる展開だと思う。

反面2つの話が佳境を迎えるとが今度はもう丑嶋くん出ずっぱり。溜めに溜めてた千両役者の登場だからそのカタルシスは普通より大きかった。愛沢の「やつは本気でバットで人の頭をぶん殴れる男だ」なんてセリフがあるんだけど、実際表情一つ変えず蝦沼の頭をバットでぶん殴る姿は「こええええ!」としか言い様がない。というか柳楽優弥は丑嶋くんにバットで頭ぶん殴られて死ぬために出てきたんだな…じゃあやっぱ要るか(笑)ただこんな過激さの一方で今回は少し違う面もある。

前作の丑嶋くんは変に良い人にはならず悪でクズに徹していたけれど、今回は微妙に人を救うようなシーンもあった。いや、正確には前作も今作も丑嶋くんのキャラ自体に変更はない。ただ今回は直接相手にその優しさが解るようなセリフがあるんだよね。出来たら彼のそういう面は観ている者が想像するレベルに任せて欲しかったなと思う。まあファン向け漫画原作作品だから贅沢はいうまい。

映画 公式サイト 映画

ストーリー:10日で5割というバカ高い金利で金を貸すカウカウファイナンスの社長ウシジマ(山田孝之)。ヤンキーのマサル(菅田将暉)の母親はパチンコにはまっており、ウシジマに借金をしていた。ある日、マサルは暴走族のヘッド、愛沢(中尾明慶)のバイクを盗み、慰謝料として200万円をウシジマに借りるように脅される。しかしウシジマはマサルを気に入り、闇金で働かせることにして…。(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります