調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
WOOD JOB!~神去なあなあ日常~

矢口史靖監督はここ最近では三池崇史監督と並んでヒットメーカーと言える数少ない監督だろうね。男子シンクロの「ウォーターボーイズ」、女子高生ジャズバンドの「スウィングガールズ」、CAや副操縦士に光をあてた「ハッピーフライト」、ジーさんをロボットにしてしまう「ロボジー」…。なんとも目の付け所が実に面白い訳だが、今回矢口監督がフィーチャーしたのは林業だ。予告編を観ると、まあコメディ部分を見せてくれるんで面白そうだなとは思うけれど、いかんせん地味だよなぁなんて思っていた。

が、やっぱりそこは矢口監督!俺の考えは甘かったね。これがまあ笑いあり、感動あり、はたまたお勉強にもなってしまうという実に面白い作品だったよ。物語の主軸は「ヒミズ」の染谷将太扮するイマドキの若者・勇気が、大学に落っこちたのを機に、林業の研修プログラムに参加する中で徐々に山男になっていく姿を描いているというもの。パンフで見かけた長澤まさみが可愛かったからなんてキッカケはあるけど、まあ言うほど恋愛物語でもなんでもない。でもそれが逆にいい。チャラ男くんがだんだん山男になってゆき、とある事件でその心意気の片鱗を見せてくれるんだが、なんか見てるこっちまで嬉しくなってしまったよ。

成長物語だけでなく、日本人の山に題する畏敬や里山のコミュニティを村の祭りを通じて描いたり、林業の現実というか、根本を教えてくれるあたりも、この物語がいつもの矢口監督らしく綿密な取材に基づいて作られているのがよくわかる。勇気が研修にいった中村林業の親方(光石研)の親方の「俺達がどれだけ(木に)手をかけたのかは、俺達の世代じゃ分からない」って言葉は結構胸にきたよ。ただ、かと言って単に真面目な?ドラマだけでないのが矢口作品のいいところ。あくまでフィクションの映画だからね、映画らしいケレン味溢れるシーンも用意されていて見どころの一つだと思う。

ちなみに勇気の面倒をみている飯田ヨキを伊藤英明が演じているんだけども、染谷将太と伊藤英明は「悪の教典」でも共演している。あの時は主人公は伊藤英明だけど、今回は染谷将太、この立ち位置の中できちんと自分の個性を出しつつあくまでも染谷将太を引き立てる側に回った彼の演技がまた実に良かった。まあ伊藤英明的にはふんどし姿であの引き締まった体を見せられたらそれだけで海猿効果ってな話もあるが(笑)いずれにしても他の役者も含めて、矢口監督がきっちりそれぞれの良さを引き出し、物語の中で効果的に配置しているのがとても印象的だと思ったよ。

映画 公式サイト 映画

ストーリー:大学受験に失敗し高校卒業後の進路も決まっていない勇気(染谷将太)は、軽い気持ちで1年間の林業研修プログラムに参加することに。向かった先は、携帯電話が圏外になるほどの山奥のド田舎。粗野な先輩ヨキ(伊藤英明)のしごき、虫やヘビの出現、過酷な林業の現場に耐え切れず、逃げようとする勇気だったが……。(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります