調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
五右衛門ロックIII

いや久しぶりのゲキ×シネ。それも俺の初ゲキ×シネとなった五右衛門ロックシリーズの第3作だ。例によって3時間3分、インターミッション込みだと3時間半近い拘束だが、時間はあっという間に過ぎていく。実は芝居の方は凄く観たいけども一度も観たことがない。でも映画好きとしては、映画としての芝居、ゲキ×シネが面白くて仕方ないからそれはそれで満足だったりもする。それにしても古田新太ってのは本当に千両役者というか、エンターテイナーだね。最後の見せ場の前に見栄を切るシーンなんて、あまりに格好良すぎて体に震えが走るほどだったよ。

物語としてのカタルシス、キャラクターとしての存在感、全てが高次元のエンタテインメントとして成立している。で、そんな古田新太とともに楽しませてくれるのが数々の客演陣なんだよね。今回は三浦春馬と蒼井優、高橋由美子らが登場してくる。三浦春馬の大活躍も魅力っちゃ魅力なんだが、個人的には蒼井優の芝居に魅せられまくってしまった。ダンス良し、歌良し、おまけに可愛い。弾けるようにエネルギッシュな彼女を見ているだけで感情移入してしまう。考えてみたら彼女はあの「アニー」でずっとミュージカルやってたんだから上手くて当たり前か。

もちろん、劇団☆新感線からも欠かせないメンツ、橋本じゅん、高田聖子、粟根まことの3人もきっちり出演している。高田聖子の前作に続くアホっぽい悪女ぶり、粟根まことの真面目だけどどこか抜けたような空気を持った存在感は相変わらずだ。橋本じゅんはこんかいはどちらかと言えば五右衛門の味方に近いような役どころだけども、個人的には敵対していた方が面白い気もする。とにかくこの圧倒的な熱量を目の当たりにしてしまうと、いつもながら映画ってなんだろうなと考えてしまうんだよね。そして毎度行き着くのがゲキ×シネはゲキ×シネだってこと。

既に新宿バルト9では1日1回上映で、前日では席の確保が難しかった。それだけ人気がある作品てことだよね。エンタテインメントの形は融通無碍、とにかく楽しんだもの勝ちだと思える人は是非観てみるとイイ。

映画公式サイト 映画

ストーリー:大泥棒石川五右衛門(古田新太)は、女性盗賊の猫の目お銀(蒼井優)と空海のお宝“黄金目玉像”を盗み取る。ところがお上から直々の命を受けた探偵・明智心九郎(三浦春馬)が彼らの追い込みにかかる。空海が秘匿した黄金のありかを示す暗号が記されている大切な仏像を奪われた春来尼(高橋由美子)は、豊臣秀吉(麿赤兒)らとその行方を追う。(シネマトゥデイより)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります