調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-プラチナデータ

『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が手掛けた東野圭吾原作のミステリー。流石は安定の東野圭吾だけあって最後までしっかり引っ張られたストーリーだった。「こいつしか犯人いねーじゃん!」というパターンが多い昨今のミステリーの中で、この展開は実に上手いと思う。もっともその辺をちょっとでも書こうものならネタバレしてしまいそうなのでここでは一切触れないでおく。

$調布シネマガジン-プラチナデータ01DNAで全ての人間が管理され、たとえ犯罪を犯しても犯人のDNAさえ手に入ればほぼその人間がどんな人物なのか、性格までも含めて解ってしまうという近未来の話なのだが、これはある意味かなり怖い。おまけに位置情報まで全国の監視カメラの全てをコントロールすることで明らかにされてしまうのだから。神楽はどうやってそれをかいくぐるのか。そこも見どころの一つだろう。

全国民のDNAデータを収集し管理するなど、一昔前に話に出た国民総背番号制の更に進歩したような話だと思って観ていたのだが、ただそのデータを集めるのが割と健康診断チックなの様子だったのに若干ガクッときた(笑)アナログな集め方をしていたらどこかで手違いが起きるんじゃないのか?と余計な心配をしてしまったほどだ。そんなシステムを作り上げたのが二宮和也演じる神楽龍平。

$調布シネマガジン-プラチナデータ02彼は彼のシステムを作り上げる上でのパートナーを殺した容疑で追われることになるのだが、追う浅間刑事を豊川悦司が演じている。予告編の段階で神楽が二重人格であることは明かされている。従ってそれが事件にどうかかわるのかが興味深い。ところで二宮和也は演技はまずまずなのだが、どうしても子供っぽ過ぎるのが玉にきず。何だかスーツ姿を見ていてもどこか滑稽というか似合わないというか。

クールな天才科学者というのがどうしても馴染めなかった。個人的に嬉しいのは鈴木保奈美。モロに俺の世代で、トレンディドラマ全盛時代を彼女を見て過ごした方が多いのではないか。相変わらず演技は今一つながら存在感は流石だった。物語の中で徐々に明かされる「プラチナデータ」の真の意味。神楽や浅間刑事とともに見ている我々も真相に近づいていくに従ってテンションが高まるだろう、

『プラチナデータ』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:政府が極秘に収集した国民の遺伝子情報“プラチナデータ”を基に犯罪捜査が行われ、検挙率は驚異の100パーセントで、冤罪(えんざい)は皆無となった近未来の日本。警察庁の科学捜査機関に所属する科学者の神楽龍平(二宮和也)は、DNA捜査システム関係者の連続殺人事件を担当することに。しかし、同システムは神楽自身を容疑者として示し、思考を繰り広げた結果彼は逃亡するが……。
(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります