調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-王になった男

元祖韓流四天王イ・ビョンホン主演作品。ま、昨今の日韓関係から嫌韓が全てに及ぶ人もいるらしいが、映画に関しては俺はその辺全くスルー。どの国だろうと面白いもんは面白いし、つまらんものはつまらんからね。今回ビョンホンが扮するのは朝鮮第15代王の光海君。こいつが最初は名君だったらしいのだが、それを面白く思わない臣下に命を狙われたことから疑心暗鬼に陥り暴君になってしまったそうな。

$調布シネマガジン-王になった男01ここ実はミソ。何故かというとこの作品、光海君が命を狙われたが故に影武者を立てて、その影武者が最初はど素人だったのが徐々に名君になってしまう話だから。この影武者がハソンという男で王に瓜二つ!当たり前だ、どっちもビョンホンが演ってるんだから(笑)ハソンは庶民故に庶民目線…というか、王宮での政治力学が解らない故におもいっきり正論で物事を考えてしまう。

序盤では王宮のしきたりに戸惑いながら王としての立ち居振る舞いを少しづつ覚えていく。この辺が実にユニークでいい。大勢の女官の前でウ○コするなどという下ネタまで披露してくれるとは思わなかったけれど(苦笑)王の絶対的な力の使い所をトンチンカンなことに使ってしまうのも面白い。要するに舞い上がってるとしか思えないのだが、ハソンに嫌みがないからニヤニヤしながら観れてしまう。

$調布シネマガジン-王になった男02ところが、王妃への憧れにも似た想いをきっかけに話が展開していく。変な話なのだが王としての覚悟が出来始めるというか、目覚め始めるというか。この辺がまさに「王になった男」なのだが、言ってみればハソンが成長していく過程が解りやすく描かれていて、何だか彼を応援したいような気持になってしまう。これはハソンだけでなくその周りにいる人間にも言える事なのだが。

王の周りを固める側近のホ・ギュンやト武将、チョ内官、王妃らの人物像も王との絡みの中でしっかり見せているので、場面場面でそれぞれの人間に感情移入しつつ物語に没頭できるだろう。もっともそれだけにラストはちょっと「ん?」という感じだった。いや、冷静に考えれば当たり前の結末なのだけれど、最後まで見ていると荒唐無稽な結末を期待してしまう展開なのだ。最後は歴史に忠実にしたということか。ちょっと残念(笑)

『王になった男』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:1616年、暴君の悪名高き朝鮮第15代王の光海君(イ・ビョンホン)は権力争いの渦中にあり、常に暗殺の危機にさらされていた。そんな折、彼とそっくりの容姿を持つ道化師ハソン(イ・ビョンホン)が王の影武者として宮中に上がることになる。重臣たちは、何とかして身分の低い平民であるハソンを王に仕立て上げようと画策するが……。
(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります