調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-LOOPER ルーパー

『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットとブルース・ウィリスが共演すると言うからどんなかと思いきや、まさかの同一人物!即ち若い頃のジョーをジョセフが、30年後のジョーをブルースが演じているのだ。あのふさふさの髪の毛がツルッパゲになっているだけでもかなりのショックだよ。「ああ、俺ってば将来はツルツルなんだ…」ってね(笑)それはさておき、物語は良くあるタイムトラベルもの。

$調布シネマガジン-LOOPER ルーパー01ルーパーってのは未来から送られてくる人間を殺して始末するのを生業としてる連中のこと。未来ではタイムマシンが実用化されているんだけれど、その時代の人間は科学の発達によって殺しをすると当局にすぐばれるのだとか。だもんだから悪人どもはタイムマシンを悪用して殺したい人物を過去に送ってルーパーに始末させているというワケ。これが基本設定なんだけど、後々お約束のタイムパラドックスが出てくる。

まあこの手の作品はどんなに捻ったところで絶対に矛盾は生じるからそれはいい。ただそれを抜きにしても途中のかったるさと言ったらなかった。物語では未来から30年後のジョーが送られてくるのだが、現代のジョーが彼を逃がしてしまう。おかげで現代のジョーはルーパーの組織から追われる羽目に。もちろん未来のジョーも追われるのだが、彼は彼で独自に未来の自分を追いかけることに。

$調布シネマガジン-LOOPER ルーパー02この辺のくだりがまるで面白くない。実は未来のジョーはとある人物を殺そうとしているのだけれど、結局この時点で未来のジョーと現代のジョーに目線が分離してしまうのが最大の欠点だろう。両方パラレルに描こうとするからどっちも浅い物語に終始しているし、狙う人物の謎解きも考える間もない程にサクサクと明らかになる。そもそも謎の核心ともいうべき事柄が、作中で殆ど深く触れられていない。

細かく書くとネタバレになってしまうが、この時代の人間の何人かが持っている能力がキーなのにそれ自体の描きこみが足りないのだ。他にもせっかくタイムスリップものなのだから、もう少しそれ自体を利用すれば途中飽きなかったのにと思う。そもそもこれ系で面白いのは、現在の行動が未来にどう影響を及ぼすかなのだから。その意味では結末も観客の想像にお任せでは物足りない。

『LOOPER ルーパー』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:未来からタイムマシンで送られてきた標的を消す、“ルーパー”と呼ばれる殺し屋のジョー(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)。ある日、ジョーのもとへ送られてきたのは、何と30年後の自分(ブルース・ウィリス)だった。ジョーは、未来の自分の殺害をためらい逃がしてしまうが、その後未来の自分から、やって来た理由を明かされ……。
(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります