調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-007 スカイフォール

6代目ジェームズ・ボンド、ダニエル・クレイグ主演のスパイアクション。何と007シリーズ誕生50周年記念作品にして23作目だそうだ。これが50作目に相応しい正に“温故知新”を具現化したかのような作品だった。それにしても相変わらず荒々しさとスマートさが同居するダニエル・ボンドのカッコよさが堪らない。スーツの立姿、それも後姿がこれほどにも決まっている俳優は中々いないだろう。

$調布シネマガジン-007 スカイフォール01恒例ともいえるオープニングのアクションシーンは今回も素晴らしく、よくもまあここまでやると感心する程だ。ただ物語は特定のミッションを遂行する話ではなく、ボンドとその上司M(ジュディ・デンチ)というトウのたった2人が、過去の因縁に対して立ち向かうといった展開だった。世の男性諸氏の期待、ボンドガールはベレニス・マーロウが務めたが今回は今一つ影が薄い。

その代りといっては何だがハビエル・バルデム扮する敵役シルヴァは特筆ものの存在感だった。ボンドが彼に捕まったシーンでは、思わず笑ってしまうユニークさと、独特の嫌らしさが同居した特異な敵の姿を見ることが出来るだろう。他にもMを批判するギャレス・マロリー(レイフ・ファインズ)の存在は物語全体の伏線、いや今後のシリーズ全体への伏線として実に上手く機能していた。

$調布シネマガジン-007 スカイフォール02「ダイ・アナザー・デイ」以来、ダニエル・ボンドとしては初めてのQの復活も嬉しいところだ。ぐっと若返ったQのコンピュータを利用した活躍はいかにも現代風で、しかしそこにボンドのアナログな知識が融合してくるところが心地良い。更に、劇中で古のボンドカー、アストン・マーチンが登場すると同時に007のテーマが流れるシーンは、昔からのファンにとっては感涙ものだろう。

それにしても「カジノ・ロワイヤル」でダブルオーの称号を得る前のボンドから演じ始めたダニエルが、たった3作では今回は古き良き時代のスパイ扱いされているのだから面白い。よもやこれでダニエル・ボンドが終わりなどと言うことはないと思うのだが…。個人的には6人のボンドの中ではショーン・コネリーの次に好きなダニエルだけにまだまだ続いて欲しい。

『007 スカイフォール』公式サイト

映画『007 カジノ・ロワイヤル』
映画『007 慰めの報酬』

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:MI6のエージェントのジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、NATOの諜報(ちょうほう)部員の情報が記録されているハードドライブを強奪した敵のアジトを特定し、トルコのイスタンブールに降り立つ。その組織をあと少しのところまで追い詰めるも、同僚のロンソンが傷を負ってしまう。上司のM(ジュディ・デンチ)からは、敵の追跡を最優先にとの指令が入り、後から駆け付けたアシスタントエージェントのイヴ(ナオミ・ハリス)と共に、敵を追跡するボンドだったが……。
(シネマトゥデイ)
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります