調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-007 カジノ・ロワイヤル

シリーズ通算21作目にして、ダニエル・クレイグの6代目ジェームズ・ボンドデビュー作。原作の初期作品『カジノ・ロワイヤル』を映画化したため、オープニングのボンドはまだダブルオーの称号を得ていない。しかしこれはある意味新たな方向性を打ち出したシリーズリスタートという面では良かったのだと思う。巷ではボーンシリーズに近づいたなどと言われているが、ある意味それは正解。

$調布シネマガジン-007 カジノ・ロワイヤル01それどころか序盤のテロリストとボンドの追走劇では、まるでリュック・ベッソンの「アルティメット」シリーズを彷彿とさせるようなパルクールアクションに目を奪われてしまう。といっても単純にアクションに振っただけでないのが007シリーズ。大人の男の色気や、頭の回転の早さ、ウィットに富んだ会話など、従来からのジェームズ・ボンドもキッチリと活かしてあった。

それにしてもダニエル・クレイグのカッコいい事と言ったら!この後の「慰め報酬」よりも本作の方が明らかにイイ男っぷりだと思う。映像だけでなく脚本の展開が解りやすくしかも面白い。序盤から中盤にかけてのアクションメイン、中盤以降のカジノでの知略メイン、そしてそこにボンドガール、エヴァ・グリーンが絡みロマンスまで描きながらも最後の最後まで気の抜けない展開。

$調布シネマガジン-007 カジノ・ロワイヤル02非情なスパイの世界、想いは胸の奥にしまいこみ決して弱みを見せないボンドのクールさは正にスパイ映画の手本のような存在だ。ちなみに悪役シッフルを演じたマッツ・ミケルセンは俺は大好きな俳優で、この後『誰がため』『シャネル&ストラヴィンスキー』などの作品でいい芝居を見せてくれている。欲を言えばこれだけの天才肌の悪人の最期がやけに呆気ないのが物足りないかな。

それにしてもあまりにもスーパーマン過ぎるボンドだけに、彼が彼自身の能力故に敵に遅れを取るとは思えない。だからここから先はどうやって彼を危機に陥らせる要素を工夫しなきゃいけないんだろうなと。毎回今回と同じ手を使うわけにいかないしね。とにかくこの一作でダニエルはボンドを完全に自分のものとしたと思う。今週末12月1日公開の『007 スカイフォール』を楽しみに待ちたい。

『007 カジノ・ロワイヤル』goo 映画

映画『007 慰めの報酬』

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:英国諜報部MI6のスパイである‘00’の地位に昇格したジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)は、最初のミッションとして国際テロ組織のネットワークを絶つ任務を課される。テロ組織の資金源であるル・シッフルと接触を命じられたボンドは、モンテネグロのカジノでル・シッフルと高額の掛け金のポーカー対決を開始する。
(シネマトゥデイ)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります