調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-人生の特等席

名優にして名監督のクリント・イーストウッドが『グラン・トリノ』以来およそ4年ぶりに主演を努めた親子の感動ドラマ。ちなみに監督は御大ではなくロバート・ロレンツ。実はこの人、17年間に渡ってイーストウッドの作品に関わってきた、言ってみれば彼の弟子のような存在とも言える。そういえばイーストウッド自身俳優は引退といっていたから、今回は弟子のために一肌脱いだのかもしれない。

$調布シネマガジン-人生の特等席01今回イーストウッドの役はメジャーリーグの老スカウトマンでガスという役どころ。といっても実は背景が野球なだけで、断絶している娘ミッキー(エイミー・アダムス)との絆を取り戻すというのが物語の軸だった。悪い言い方をすれば別にそう珍しくもないプロットであり、別に野球以外の背景でも全然成立しうる。だからぶっちゃけ突っ込みどころを感じないワケでもない。

例えばいくら幼い頃から父とともに野球を見てきて、今でも大の野球好きだとはいえ、現実に弁護士をしている女性が野球選手の才能を見抜くことなどちょっと無理があるだろう。あと恋人として登場してくるジャスティン・ティンバーレイク演じるジョニーも、いまいち何しに登場してきたのかが弱い。いい俳優なのに明らかにもてあまし気味だと思ったよ。ただ、それでも俺はこの作品が大好き。

$調布シネマガジン-人生の特等席02何といっても頑固で不器用な生き方しかできないガスって爺さんが好きなんだよね。内に秘めた愛情の表現方法が解らない昔気質の職人。イーストウッドは年取ってからこういう役が本当に似合ってる。ちょっと『グラン・トリノ』の主人公・コワルスキーが入ってたと思ったけどそこがまたいい。実はこの父娘って断絶してた割りにそっくりなんだけど、その部分のエイミーの演技がまた上手かった。

見ていて自然に「あの父にしてこの娘あり」って思えてしまうほどに見事な父娘だったと思う。ロバート・ロレンツ監督はこれが長編第一作だそう。今はテイストも含めてイーストウッドの影響が色濃く残っているのが明白なんだけど、ここからどう個性を出していくかだと思う。まあラストのとんでもない爽快感は結末が創造出来てなお笑みがこぼれてしまう程だったんだけどね。

『人生の特等席』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:ガス(クリント・イーストウッド)は長年大リーグの名スカウトとして腕を振るってきたが、ここのところ年のせいで視力が弱ってきていた。それでもまったく引退する素振りを見せない彼に、チームは疑いの目を向ける。窮地に陥った父親に救いの手を差し伸べたのは、あまり関係が良好とはいえない娘のミッキー(エイミー・アダムス)だった。
(シネマトゥデイ)
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります