調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン-ヱヴァQ

公開初週の今週末は当日券ではほぼ鑑賞不可能で、2日前の予約が必須と言われるほどの爆発的人気を誇るヱヴァ。宣伝戦略からなのか、庵野秀明総監督の意向なのか、公式サイトにすら一切の情報が出ていないと言うのだから徹底している。さて、結論から言えばこのヱヴァQ、面白い。ただファンと言う垣根を越えて全ての人に衝撃を与えた前作“破”には遠く及ばないと思う。

$調布シネマガジン-ヱヴァQ01何しろ“破”の時はマジでしばらく席を動けないほどの衝撃だったからね。今回の話は前作ラストから14年後と言う設定でシンジを救出(回収)するところから始まる。2号機が“改”になってたり、NERVの他にもう一つの組織が登場したり、新型ヱヴァが登場したりとある意味ここから新たな物語が始まるかのような装いだった。それはそれで面白いのだけれど、正直物語を把握するので精一杯。

というか1回観ただけじゃ解らないよ、これ。まるでテレビ版の終盤のヱヴァを観た時と同じような感覚だったんだよな。解ったような解らないようなセリフのオンパレードで、きっとミサトと飛鳥。マリ、ゲンドウ、冬月、カヲルあたりの主要キャラは全てを解っているんだろうけれど、シンジと観客は何だかよー解らんというお得意の状況。ただまあこれはいうなれば原点回帰ということなのかも。

$調布シネマガジン-ヱヴァQ02なにせキャラクターからして飛鳥の極端なツンデレ(というか殆どツンだけど…)や、レイ(一応)のテレビ版初期のような無感情さ、そしてクソ餓鬼シンジのイヤイヤ病といった部分が殊更強調されているかのように思えたからね。そうそう黙ってレイの部屋を訪れて彼女が裸でってのも過去に一度あったシーンだし。いずれにしても、またファンが好きな世界に引き籠ってしまった印象だった。

廃墟と化したNERV本部、そしてミサトさんが新たに所属する組織、それとゼーレとの関係…。全てはサードインパクトから始まったらしいけれど、前作最後でサードインパクトは防げたんじゃなかったっけ?どっちにしても細かい描写は一切ないから想像のしようもないんだけどさ。というワケで、これはもうちょっと空いてからまた観て来よう。ちなみに過去作品は映画だけでも全て観とくべし。

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります