調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

言わずと知れた石ノ森章太郎の名作漫画を完全オリジナルストーリーで3DCGアニメーション化した作品。『攻殻機動隊』シリーズの神山健治監督の手によるスタイリッシュな映像は従来の「サイボーグ009」のイメージをしっかり踏襲しつつ非常にスタイリッシュに仕上げてきたと思う。監督が「リ・アニメーション」と呼ぶ3DCGでありながら手描きのようなアニメーションは本当に素晴らしい。

$調布シネマガジン2013年と言う現代を舞台にSFの世界が上手くマッチングさせているのだけれど、これは「リ・アニメーション」の技術あってこそなんだろう。というより映像技術そのものが現代と過去を融合させているんだよね。共同制作に名を連ねているProduction I.Gの力も大きいんだろうな。余談だけどエンドロールに監修で岡部いさく氏も名を連ねていたあたりも、きちんと拘りを感じた。

ところで物語的にはテレビ版を知らなくてもOK。何故ならかつて世界を救ったゼロゼロナンバーサイボーグたちは今ではそれぞれ別のステージで活躍していて、今回の地球規模のテロに立ち向かうために再集結するというお話だから。ただ当然ながら彼らの最大の特徴である、ここの特殊能力に関しては知っておいた方が話しに入り易いしより楽しめるとは思う。

$調布シネマガジン世界規模で起こったビル爆破テロの犯人たちは、みな「彼の声」を聞いていた…というプロットはどうも宗教的或い哲学的なんだけど、これはもうちょっとストレートに解りやすくならなかったんだろうか。神山健治監督が脚本も兼ねているからなんだろうけども、どうも話が小難しいというかね。もっとエンタテインメントを前面に押し出した中で監督の想いを伝えることは出来なかったのかと思う。

特にラストの話の展開の息苦しさはテレビ版「エヴァンゲリヲン」に相通じるものを感じてしまったよ。エヴァは映画版第二作でそこを見事に打破して、広く受け入れられることに成功していたけど、この作品では恐らくアニメオタクと呼ばれるこだわりの人たちにしか受け入れられないように思う。ゼロゼロナンバーたちのフィーチャリングも均等とは行かないだけに、ちょっと消化不良になってしまった。

『009 RE:CYBORG』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ

ストーリー:2013年、ロンドンやベルリンなどで超高層ビルを狙った同時多発テロが発生する。その行方を世界中の人々が固唾(かたず)をのんで見守るものの、何の犯行声明も明らかにされない状態が続き次第に誰もがパニックに陥っていく。やがてこれまでも見事ベトナム戦争や東西冷戦などを解決してきたサイボーグ戦士9人が集結する。
(シネマトゥデイ)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります