調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

食に関する映画は様々あって、東京ごはん映画祭なんてのも開催されていたりする。エンタテインメント性に特化したものや社会派ドキュメンタリーなど様々あるけれど、この作品は山形県の各地で細々と在来作物を守り続ける人々の姿を追ったドキュメンタリーだった。面白いなんて簡単に言っちゃその方々に失礼かもしれないけれど、実に面白かった。そして何より美味そうだったよ。

$調布シネマガジン日本が経済大国として成長していく中で大量生産大量消費の道は避けられなかったのだと思う。そんな中で、そのラインから外れてしまった作物はどんどん姿を消していくのだけれど、趣味嗜好の多様化の時代になって改めてそれらが見直されてくるというのは皮肉としか言いようが無いよね。一つ思ったのは、作物そのものもそうだけれど、その栽培法も大切な文化だってこと。

種さえあれば良いんじゃない。古来から受け継がれてきたその栽培法は、その地域の気候風土に根ざしたもので、その微妙な塩梅はある意味職人芸なんだなと。そう農業って職人芸なんだよと気付かされた。そんな風に大切に育てられた作物を、これまた職人であるイタリアンのシェフが調理して見事な料理に仕上げる。例えば同じ作物でも東京で料理するのと、獲れた地場で料理するのは違うんだそう。

$調布シネマガジン具体的には輸送の途中で水分が失われたりする訳で、要するに味が違うんだって。何が言いたいかっていうと、そのぐらい素材を重視して調理するってこと。そこまでしなければそのシェフの言う「レストランは人と人を繋ぐ場だ」なんて言えないんだろうな。趣味嗜好が多様化したと書いたけど、結局これからの地方の生きる道はここなのかもしれないとも感じたよ。それは新しい道としてね。

誰もマクドナルドのために山形行かない、けど伝統的名郷土料理だけのためにも行かないでしょ?でもこの野菜のイタリアンを食べるためなら行っても良いと素直に思えたもの。地域の特色を生かした新しい価値観の創出、難問ではあるけれど特に食という分野は、普遍的で誰にでも受け入れられるものだけに効果は大きいのかもしれない。ああ、外内島きゅうり食いたい!

『よみがえりのレシピ』公式サイト

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります