調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジンテレビも映画もデジタル化が叫ばれて久しいですよね?3D映画も作品によっては素晴らしい臨場感を味わえて、映画の次なるステージを迎えているなぁなんて思ったりする訳ですよ。でもね、デジタル化にも弊害があるのを知ってますか?映画ファンなら誰でも知っている「映画芸術」って雑誌があるんですが、ここにデジタル化の問題点を詳しく書いてあります。

相当な映画ファンなら皆さん当然ご存知で問題意識も高いと思うのですが、でも年間1本しか映画を観ない一般の方はそんな問題点など全然知らないんじゃないだろうか?映画が文化として存在する以上、それはマズイ!でも記事を全部読むのは面倒!そんな方のために、不肖このワタクシめがその問題点を解りやすくまとめてみようと思ったのでした。ほらそこ!「そんなんどうでももいいよー」なんて言わない!

$調布シネマガジン知ってると彼女と2人の時にちょっと知ったか出来ますよ?それはさて置き、ミニシアターでしか掛からない素晴らしい映画の数々は、エンタテインメントとしての映画の存在とは全く別の存在として、俺たちの心を豊かにしてくれたり、社会の問題点をリアルに突きつけてくれたりするんです。そしてそういう映画たちいわゆるはヒットなんて言葉とは無縁なことが多いんですね。

だから大抵はあとでTSUTAYAでレンタルってな訳に行かないの。一期一会のチャンスを逃さないためにも、デジタル化によるメリットと同じくらいにデメリットも把握しておかなきゃいけないとは思わないですか?いや思って(強引)。何かやけに前振りが長くなりましたが、まず次回からフィルムで撮影された映画を映画館で公開するための基本となるスキームを説明したいと思います。こうご期待!

より詳しく知りたい方は映画芸術DIARYへ

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります