調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

『アバター』『リアル鬼ごっこ』の山田悠介の短編小説の実写化。もっとも最近の山田原作作品はチープ化の一途を辿るばかりで正直そこに期待はしていなかったりする(苦笑)それよりもAKB48の松原夏海、アイドリング!!!の横山ルリカ、SUPER☆GIRLSの宮崎理奈、グラビアアイドルの篠崎愛といったアイドルたちがガッツリ出演している作品と言う方がフックになったんだよね。

$調布シネマガジン結論から言うと相変わらずチープでなんだかなぁという作品だわwま、ハナからアイドルに演技力は期待してないからそこはいい。と言うか見られないほど酷くはないんでそれで十分。問題は脚本だよね。中に入っている遺灰を口にした者は必ず死ぬと言われるいわくつきの骨壺を主人公の絵里(松原夏海)が手にすることから話は動き出すんだけど、そもそも普通遺灰口にしないでしょ(笑)

ホラーベースでありながらも女同士の友情が描かれるのだけど、自己犠牲を強いる割にはそこに到るまでの2人の距離感を縮めるためのディテールの積み重ねがムチャ手抜き。だから何で勝手に盛り上がっちゃってんだ?ってなる。制作費が少ないからチープなんじゃなくて、作り方が安っぽいからチープだってことだよ。これはアイドル映画だってなんだって関係ないから。

大体ヒール役を先生にしちゃうってとこに俺は違和感を感じるんだけど、要するにアイドルたちをイカに凄惨に殺すかってとこがこの作品の見どころなのかもしれないね。遺灰を口にするという部分のツッコミは置いといて、とにかく最初に殺された遺体の状況を見たら一瞬で先が読めちゃった。まあ真相までは解らなかったけど…。どう考えたって不自然な殺され方なんだもん。$調布シネマガジン

この部分は原作通りだとしても見せ方としてもうちょっと工夫があっても良かったと思う。ちなみに凄惨な殺され方をする割にその過程を省いちゃうのは邦画の悪いところだよなぁ。どうせホラーなんだからそこまで見せなきゃ。余談なんだけど松原夏海はこの間のじゃんけん大会でベスト16に入って選抜入りしたんだよね。今年は映画の主演も務めて案外飛躍の年と言えるかも。

『骨壺』公式サイト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります