調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

言わずと知れた世界の北野監督作品で『アウトレイジ』の続編だね。ちなみに前作ラストではビートたけし扮する大友が刑務所で刺されて終わるんだけど何かちゃっかり生きていたわけで(笑)俺は前作はヤクザ映画として面白かったけど北野監督らしさが感じられずにあんまり好きじゃなかった。でもそれは逆に言うと広くエンタテインメントとしての作品になったということだと思うのよ。

$調布シネマガジンで、今回も路線は同じ。というかより一層その度合いは増している。そしてそういった目で見るならば十分に面白い作品だったな。品川ヒロシ監督の『ドロップ』では「人はそう簡単に死なねぇよ」ってセリフがあるんだけど、この作品ではもうサクサク死んでいく。それも拳銃バンバンでヤクザの命なんて虫けら以下の価値。でも実はそれが案外真実なんじゃないかと思えてしまう不思議。

フレンチノワールだとか香港ノワールと違って登場人物たちの格好よさなんか全くゼロ。でも逆に俺はそこが北野監督らしいと思ったな。ヤクザ風情がカッコつけてんじゃねぇよとまでは言わないけれど、そもそも極道の世界なんかこんなもんだってことなんじゃないだろうか。なんせ山王会幹部・富田を演じる中尾彬なんか、めちゃ渋いけど恥も外聞もなく土下座して命乞いしたりするんだよ?

いうなればこれはもう北野ノワールの世界ってことなのかもしれない。ただ監督の初期ヤクザ映画『3-4×10月』とはちょっと趣が違うけどね。個人的にはあの空虚で独特な空気感が好きではあったんだけど。ま、それはいいや。あとね、ヤクザ以上にエグイのが国家権力。小日向さんの演じる片岡刑事の嫌らしいことと言ったらもう!今作では彼が完全にキーパーソンで物語を回していくのです。$調布シネマガジン

一見すると人の好いおじさんである小日向さんがたけしだけじゃなく、西田敏行、三浦友和、塩見三省、神山滋、中尾彬といった日本映画界の大御所たちが演じる大物ヤクザを手のひらで転がそうとするんだから面白い。そんな大物ヤクザと比べて加瀬亮の演じる石原は実に上手い具合にその軽さが出てたな。これはキャスティングの勝利だね。ところで何かあの終わり方なら続編作れそうなんだけど…。

『アウトレイジ ビヨンド』公式サイト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります