調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

随分前にプレシディオの配給宣伝のTさんとお話した時に会社がかなり力を入れてると聞いていたのがこの作品。ま~なんとも流石のB級作品だったよ。こういうの好きな人は大好きだと思う。何せもう初っ端の宇宙服姿からして安っぽいことこの上ない(笑)宣伝してる通りで、第二次世界大戦終了時にナチスドイツが月の裏側に逃げて、今再び世界を侵略しようとするってお話です。

$調布シネマガジンちなみに監督も出演者も一切知りません。逆に知らないからこそへんな先入観がなくていいのかもしれないけど。バカバカしい笑いの要素はたっぷりあって、見ていてここが笑い所なんだってのが解り易いのね。ただ問題はそれが趣味に合うかってこと。個人的には「ふふん!」とうか失笑というかそんな感じだったな。コメディじゃなくてこれはオバカ映画と言うのだよ。

まあ細かいオマージュは散りばめられてるけど、この物語自体がもうオバカな話なんで、物語の荒唐無稽さに食われちゃったかな。ただオバカ映画なりにメッセージは込められていて、それはもうアメリカ合衆国に対する皮肉に他ならないわけ。ナチが地球侵略を企てていたものの、実は現代ではアメリカこそが覇権を狙っているというこの構図はあまりに解り易いんじゃないかな。

そしてそれに当てはめた笑いのポイントはこれが中々面白い。襲来するナチのUFOに国連で多くの国がウチじゃない!っていうのに、北朝鮮だけウチのだ!ってのは笑ったなぁ。しかも宇宙戦艦まで登場して、挙句そこにも一捻りされたネタが込められてるのがイイ。ちなみにこの宇宙戦艦がありきたりのハリウッドSF映画的デザインじゃなくて、案外リアルなデザインだったのがちと驚いたな。$調布シネマガジン

とにかくためらうことなく核ミサイル使いまくりで、自己中我儘国家アメリカをかなりユニークに表現してると思う。まあ本質的にはアメリカを皮肉ることで反ナチ映画に仕立て上げてるんだろうけどね。地球学者レテーナ・リヒター役のユリア・ディーツェはかなりの美人。フランスうまれのドイツ在住だそうだけど、今後色んな作品のオファーが来るといいな。

『アイアン・スカイ』公式サイト
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります