調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

いやはや流石はポール・W・S・アンダーソン監督!こんなん撮らせるとホント上手いわ(笑)物語性は程々にもう最初から最後まで徹頭徹尾ミラ・ジョヴォヴィッチのアクションを楽しめる痛快アクションエンタテインメントやね。スーパースローを絡めたアクションシーンは若干マトリックス入ってるけど感動モノのカッコよさだったな。

$調布シネマガジンちなみにミラは監督の嫁さんという訳で、ハッキリ言ってアンダーソン監督ってば自分の嫁をいかに美しくかっこよく撮るかしか考えてないんとちがうか?wまあ、このコンビはバイオハザードシリーズ5本の他に、直近では『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』でも一緒にやってるからもう阿吽の呼吸ではあるんだろうけどね。

相変わらず美しいミラが最初のTOKYOシークエンスで戦う相手には前作冒頭に引き続き中島美嘉も登場。今回はキッチリ化け物になった揚句に華麗なアクションまで披露してくれたよ。個人的には前作で登場したクレアとクリスの兄妹が出てこないのはちと寂しかったけど…。アクション以外の見どころと言えば、今回は特にキャスティングが挙げられると思う。

1作目以来の登場となるミシェル・ロドリゲス姐さん演じるレインや、シエンナ・ギロリー演じるジルが久しぶりに出てきてこれまた華麗なアクションシーンを見せてくれるんだよね。一応男の方でもケヴィン・デュランドなんて結構アクションもこなせる俳優が出てるんだけど、何たってある意味究極のフェミニスト映画だから影は薄い薄い(笑)$調布シネマガジン

一応この作品、最終章に向けたプロローグ的な位置づけらしいのね。まあラストシーン見りゃ誰だって続編はあると思うだろうけど。ただ若干心配なのはアリスが強すぎてどっちらけた3作目と同じにならんかなってこと。ま、最後ならそんなんどうでもいいか…。時々手前に飛んでくる武器を反射的に避けちゃうという古典的というかいたずら的3Dの使いかたも嫌いじゃなかったよw

『バイオハザードV:リトリビューション』公式サイト
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります