調布シネマガジン

旧LOVE Cinemas 調布 からもっと気楽な映画記事に生まれ変わりました!よろしかったら読んでみてくださいな!


テーマ:
$調布シネマガジン

『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』の監督ジョー・カーナハンの最新作やね。こん時もリーアム・ニーソンは出演しているけど、御歳60にして素晴らしいアクションと人間味あふれる演技を見せてくれる俺も大好きな俳優だったりする。で、この作品はといえば極限状況に置かれた人間の本質的な部分を描いた強烈なインパクトを持っていたよ。

$調布シネマガジンまあ個人的には『96時間』がここ最近のリーアムの作品では最高傑作だと思ってるんで、それよりは好みじゃないんだけどさ(苦笑)超簡単にいうとどっかの作業員してたリーアム演じるオットウェイたちが乗った飛行機が冬山に墜落して、生き残った7人がサバイバルを繰り広げるって話。観てすぐに思い出したのは『アライブ -生還者-』って映画だった。

アンデスの山中に墜落してサバイバルする極限状態を描いたのがその作品なんだけど、この作品との最大の違いは今回は寒さ以外にもダイレクトな命の危機があるってことなのね。ま、要するに人喰い狼に襲われるんだけども…。これがまあホント迫真の闘いっぷり。ギリギリ状態での人間心理の描写が良く出来てたよ。若干グロい画も出てくるんで苦手な人は目を瞑ろうw

弱肉強食ってどういうことなのかはもちろん、どれだけ強固な生きる意志を持ち続けられるのか、原初的な“生きる”がそこには描かれてる。実はそれって襲ってくる狼の方も同じなのかもしれないね。もっとも狼に心があるのかどうかは知らないけどさ。あとね、襲われるタイミングも上出来で、観てて結構体がビクッとなっちゃった(笑)$調布シネマガジン

襲われた瞬間こっちまでパニックになりそうだったもん。この手の作品てこの間が下手くそでミエミエだと観てる側が心の準備しちゃうんだよね。ただ一点残念だったのはその肝心要の人喰い狼の映像。これ多分VFXと実写の組み合わせなんだろうけど、何か随所に不自然な動きがあったんだよなぁ。あれさえなきゃもっと入り込めたのに。とりあえず観て涼しくなる映画です。

『THE GREY 凍える太陽』公式サイト
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Cassiusさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります