株式投資の魅力を伝える! タケシゲのブログ

日経平均や、注目の銘柄、投資家の言葉など、株式投資全般について幅広く独自の視点で捉えていきます。
※ブログの記事は、メルマガの再録となります。


テーマ:

おはようございます。

 

株の学校カブックス名古屋校の竹重です。

 

 

先日、授業中に、

 

「利益確定と損切りを繰り返していると、

 

結局あまりお金が増えないんです」

 

というご相談を頂きました。

 

 

皆さんもこのような経験はありませんか?

 

 

実は、トータルで利益>損失に持っていくためには

 

利益確定と損切りのやり方にコツがあるのです。

 

 

まず、なぜ、冒頭のようなことになってしまうのかを解説しましょう。

 

 

株取引では、損をすると、

 

取り返すためにはさらに大きな利益が必要となります。

 

これを、「複利効果」といいます。

 

損をすることで元本が減ってしまい、

 

次の投資に使えるお金が減少するために、このようなことが起こります。

 

 

例えば、投資資金200万円の人が、100万円失うと、

 

損失は-50%です。

 

しかし、もう一度200万円に戻そうとすると、

 

100万円を200万円にする必要がありますから、

 

+100%の利益が必要となります。

 

投資資金を半分失っただけで、

 

回復させるには、2倍にする必要があるのです!

 

これを「マイナスの複利効果」といいます。

 

この「マイナスの複利効果」を敵に回すと、

 

あっという間に資金が枯渇してしまいます。、

 

 

しかし、実は複利効果には

 

「プラスの複利効果」もあるのです!

 

どういうことかというと、

 

100万円の資金を200万円にするには、

 

+100%の利益が必要になるのですが、

 

200万円からもう一度100万円稼ごうとすると、

 

なんと今度は+50%で達成できてしまうのです。

 

 

俗に、「お金はお金が好き」とか

 

「お金のある所にお金は集まってくる」というのは、

 

これが理由です。

 

つまり、複利効果を活用し、徐々にでも資金を増やし続ければ、

 

さらにお金を稼ぎやすくなるのです。

 

では、複利効果を味方につけるにはどういったことを心がければよいのでしょうか。

 

 

そのために私がお勧めしたい考え方は、

 

「利食いは慎重に、損切りは早く」というものです。

 

 

マイナスの複利効果を抑えるには、

 

損失を低く抑える必要があります。

 

 

50%の損失を取り戻すには100%の利益が必要ですが、

 

10%の損失なら11%、

 

5%の損失なら、5.26%の利益で済みます。

 

どちらが容易かお分かりいただけると思います。

 

 

損切りというものは、

 

自分の資金を減らすものではなく、

 

守るものなのです。

 

 

もう一つ、

 

実験をしてみたいと思います。

 

ここに、AさんとBさんという2人の投資家がいるとします。

 

 

Aさんは、10回の取引のうち、

 

8回の取引で+5%の利益確定を行いましたが、

 

2回の取引で-20%の損切りを行いました。

 

(勝率8割)

 

 

Bさんは、10回の取引のうち、

 

6回の取引で+5%の利益確定を行いましたが、

 

損切り水準を低めに設定していたため、

 

4回の取引で-5%の損切りを行いました。

 

(勝率6割)

 

 

この場合、Bさんの方が勝率は低くなります。

 

しかし、利益で考えると、

 

Aさんは5.4%のマイナス、Bさんは9.1%のプラスとなります。

 

つまり、勝率を低くしてでも、

 

早めに損切りを行う方が、

 

投資リターンは改善するのです。

 

 

ここで、「損切りは早く」という考え方の重要性は

 

理解いただけるかと思います。

 

残るは「利食いは慎重に」という部分です。

 

一般的には、「利食いは遅く、損切りは早く」という格言が有名です。

 

しかし、この格言は、利益を引っ張るあまり、

 

結局下降トレンドに入ってからも持ち続けてしまい、

 

せっかくあった利益をみすみす逃すことにつながりかねないものです。

 

複利効果を生かすには、損失を抑えながら、大きな利益を狙う必要がありますので、

 

私は、利食いを単純に遅くすることには反対です。

 

 

利益を慎重に慎重に最大限伸ばしていき、いざ下降トレンドの兆しが現れれば

 

スパッと利益確定を行う。

 

あるいは、下降トレンドに入る可能性のある価格で

 

抜かりなく逆指値注文での売りを行う。

 

油断なく慎重に利食いを行っていくことで、

 

投資の利益は生まれてくるものです。

 

 

 

投資を行っていると、

 

なかなか成績が伸びずに苦しむこともあると思います。

 

そんな時は、上記のことを思い出し、

 

利益確定と損切りについて振り返ってみると、

 

結果が向上するでしょう!

 

 

ぜひ、一度試してみてくださいね。

 

 

最後までお読みいただき、有難うございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。