世界のいろんなとこから日記

ただいま大阪編!


テーマ:

ノルマンディーといえばモンサンミッシェル!


っていうかそれしかない!!



mon1


さて、モンサンミッシェルとは??

簡単に引用します。


「モン・サン=ミシェルMont Saint-Michel)とはフランス 西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島に築かれた修道院 である。カトリック の巡礼地のひとつであり「西洋の驚異」と称され、1979年 「モンサンミシェルとその湾」としてユネスコ世界遺産 (文化遺産)に登録された。

小島はかつては満ち潮の時には海に浮かび、引き潮の時には自然に現れる陸橋で陸と繋がっていた。島の入口には潮の干満時刻を示した表示があり、満潮時には浜に降りないようにと記されている。最も大きい潮が押し寄せるのは満月と新月の28-36時間後といわれており、引き潮 により沖合い18kmまで引いた潮が、猛烈な速度で押し寄せる。このためかつては多くの巡礼者が潮に飲まれて命を落としたといい、「モン・サン=ミシェルに行くなら、遺書を置いて行け」という言い伝えがあった。


うーん、なんか怖いですよね。


今でも駐車場に 「今日は20時になるとここは水に浸かります」 と書いてあります。

だからガードマンもいっぱいいるのです。



私は2度目ですが母は初めてなので感動してたみたいです。



ただ、モンサンミッシェル内、階段だらけでベビーカー不可能なのです。。


さて、誰があの10キロのルイを担いで登るのか。

主人だけではやっぱり無理なのでシフト制で頑張りました。



mon2


頑張って上まで登るととてもよい眺めです。



mon3


見にくいかもしれませんが、写真中央、歩いている人が大勢います。

この場所も満ち潮の時には水に浸かるので危険ですが、昔の巡礼者の体験でもしているのでしょうか。。



mon4

↑最上部にある、重層構造の修道院建築。有名だそうです。



モンサンミッシェルまでは車で2時間ほど。

赤ちゃん連れなのでやっぱり疲れました。



mon5

↑家に帰ってぐったり。




モンサンミッシェルに行った2日後、母と母の友達は日本へと発ちました。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

母の友達は2度目ですが、母にとっては初めてのフランス旅行なので、観光地めぐりをすることになりました。


やっぱりエッフェル塔やろ、と言うことで行ってみるといまだかつて見たことがない程の人の波。


エッフェル塔下の広場には2ヶ所に分かれてチケット売り場があるのですが、その2ヵ所に長蛇の列。


長蛇と言うにはあまりにも人が多すぎる。


2ヶ所のチケット売り場からぐねぐねと列は曲がり、広場に入りきらないのです。

広場と言っても大広場。 球場のグラウンドくらいは軽くありそうな広さです。


しかし、上へ登るエレベーターは一つ。それを考えると


「日が暮れるからやめよう。」 と全員一致。


歩いて凱旋門へ行くことに。



blumen


途中綺麗な花のある芝生を発見。



carrouge


母が 「あれ、撮って撮って!!」 とうるさく言うバス。

あれの二階に乗ると一気に日焼けします。


エッフェル塔以外で高い場所からパリを見下ろせる場所、と言うことでモンパルナスのタワーに行きました。


少し曇ってはいたものの、パリの街の位置関係がよくわかる、とても価値あるものでした。


このタワーは私も夫も初めてでした。



tower2


モンパルナスタワーは高さ210m、56階建て。パリで初めて建てられた高層建築だそうです。



pont


これは橋の上から見たセーヌ川。



お土産のお菓子などを買いたいという母達のリクエストにボンマルシェ に行きました。
ここは百貨店なので、スーパーより少し高いですが、フランスらしいお土産を買いたい人におすすめです。

食料品館は広大で、見ているだけでも楽しめます。


そこでおもわず買ってしまったのがこれ。



millefeulle

ミルフィーユです!!

立ってる!!


見た目の美しさに一目ぼれして買ったのですが、味も最高!!

立たせる為にヌガティンと言うアーモンドのお菓子も使っています。


私はミルフィーユ好きなので、色んなところで見ては買ってしまいますが、これは間違いなくベスト3に入ります。






さてさて、前回のパリ滞在、4月18日の日記のもあるように、やっぱり日本製のベビーカーはヨーロッパのでこぼこ道には厳しいのです。


と言うことで、カルフールにベビーカーを買いに行くことにしました。

カルフールの自社ブランドのベビーカーが安くて丈夫だと聞いていたので、それ狙いで行きました。


で、買ったのが



pussette


これ。


完全なB型ベビーカーですが、もう1歳だしいいか、と決めました。

このベビーカー、写真にあるように日よけと足カバーと、雨の時のレインカバーまでついてなんと45€。

日本円で言うと7400円くらいだろうか。

タイヤもかなり丈夫だし、とても満足しています。


ただ、重い。。。


B型のくせして8キロなんです。


パリの家は5階にあるので、誰も住んでいない1階にチェーンで留めるようにしました。

ルイとベビーカーを5階まで運ぶのは本当に重労働なので。。

ちなみにこのベビーカーは次回また来た時に使うので置いてきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

パリにはイブと言う大切な友達がいます。


とても癒し系なのです。


そんな彼はイスラエル人の彼女と結婚し、ルイより1ヶ月遅れでリランという赤ちゃんが産まれました。


そんな彼らがうちに遊びにきてくれました。


リラン、写真では見てたのですが、今回初対面!!

めっちゃかわいいラブラブ


リランとルイ、遊ぶ遊ぶ!!



te1


どうも受話器が欲しいリラン。



te2

貸してあげなよぉ、ルイ。



te3

なかなか頑固なルイと引き下がらないリラン



te4

引いてダメなら押してみろ!

反撃をくらうルイ。



遊びつかれた二人。寝てしまいました。

リランのおばあちゃんにあたる人はセネガルの出身で、赤ちゃんは布で背中におぶるそうです。



te5

↑こんな感じ。

赤ちゃんの手足はだっこちゃん人形みたいに完全に固定されていて動かない状態。

ルイだと嫌がるだろうなぁ。。



夜はパリに住んでいる日本人の友達+ちょうど旅行に来ている主人のフランス語の生徒さんを招いて夕食をしました。


ラクレットといって、スイスの郷土料理なのですが、ジャガイモに溶けたチーズをかけて、ハムなどの肉類とピクルスとで食べるいたってシンプルな料理なのですが、これがおいしいのなんのって!!


結婚祝いにフランス人の友達からもらったラクレットセット、一度も使ったことなかったので今回初使用です。



ra

このように上の鍋で茹でたジャガイモを保温しつつ、下の小さいフライパンでチーズを溶かすのです。


本来のラクレットは大きなチーズの断面を火などで溶かしてナイフで削り落としてジャガイモにかけるのですが、フランスでは一回ずつ溶かす量に切り分けたラクレットがスーパーで売ってます。


これを食べた日本人の友達たちは是非買って日本にもって帰りたい!!と言っていたのですが、電圧が合わないのとラクレット用チーズを日本で手に入れようとするとものすごい高いのであきらめていました。


いや、ほんまにおいしかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回、パリ~ノルマンディー~マンチェスターと赤ちゃん連れで行ったのは初めてだったので、色々と感じることがありました。


子育てについて、欧米はパパもよく手伝ってくれて、産休もしっかりととれて、、、、などなど日本と比べて良い様によく聞きますが、もっと日常的な点でやっぱり日本のほうがいいと思うことがありました。


ヨーロッパの道はでこぼこ。ベビーカーはつらい。

段差、凸凹道、水たまり、階段、、などなど。 日本ではかならず駅にあるエレベーターもないところが多い。(あってもつぶれていることが多いし) 段差が多いのでベビーカーの前部をちょっと持ち上げるだけでは登れないので、よいしょっと抱えて段差を超えて歩かなければならないので、何度も何度もストップしながら歩いてました。


だからヨーロッパのベビーカーは大きくて丈夫なんでしょうか?日本でも流行ってますが、あれ重いんですよねー。

石を敷いた道も、ただのぼこぼこならまだしも、ぼこぼこすぎて 「がつん!」 とつっかえて赤ちゃんが飛んでいきそうになる。(大げさじゃなく)


赤ちゃん連れにはキツイ空港

関空では、ベビーカーを預け入れれば、搭乗までつかえるベビーカーを貸し出してくれるのに、パリの空港ではなし。マンチェスターでもありませんでした。 マンチェスターでは搭乗まで自分のベビーカーを使い、飛行機に乗る直前で乗務員が預け荷物に持っていってくれましたが、パリではなし。


想像してみて下さい。チェックインした後、手荷物チェックの行列。荷物をのせるワゴンは手荷物チェックの時点でもう使えないので、主人がすべての荷物を持つ。(総勢約25キロ) 、私は赤ちゃんを抱える。 免税店でお買い物~♪ なんて絶対無理です。両手ふさがってますから。 スリングも、息子が嫌がって使えません。。


そして、おむつ替えの台があるトイレが少ない!!

飛行機に乗る前に替えておこうと近くのトイレに行くと台がない。 地図を見てナーサリールームを見つけるがかなり遠くていけない。 

かといって飛行機の中のトイレの台はしんどい。 台というよりテーブル?板?? です。硬くて小さくて位置が高い。ベルトもついてない。

空港でこれですから、普通に外食した時にトイレにおむつ台があるのはほぼ皆無でしょう。 


紙おむつもおしりふきも、やっぱり日本製!!

ヨーロッパは結構どこの国に行っても同じ製品が多いです。説明などは様々な言語で書かれています。

おむつも、フランスでもイギリスでも同じ品揃えでした。やっぱりパンパースはどこにでもありますね。


私は夜と外出時以外布おむつを使っているので、あまり紙おむつにくわしくありませんが、フランスで結構メジャーな、お値段も日本より高いおむつを買いました。


ギャザーやテープは日本と同じなんですが、一度おしっこをしただけで匂ってくる。。。なかでとてもむれている感じです。


おしりふきも、日本では 「ノンアルコール・無香料」などが多いですが、現地で買ったJohnson&Johnsonのおしりふき、肌に全然優しくない!!というのが第一印象でした。拭くと泡のようなものがおしりに残り、匂いもかなり濃い目。これでは拭きたくない!!と日本から持ってきたおしりふきを大事に使ってました。


シャンプーも、クリームも、無香料というのは専門店で探さないとありませんでした。

別に無香料じゃなきゃ嫌ってわけじゃないんですが、きついんですよね、、匂いが。もうちょっと 「ほんのり」程度にしてもらえたらいいんですが。。。




とつらつらと書きましたが、以上のことを今回の旅で感じました。

made in Japan 、やっぱり信頼できます。





いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日、ヨーロッパから帰ってきました。 約10日間、超ハードスケジュールでした。


木曜日 パリ着

土曜日 車でノルマンディーへ

火曜日 船と車でマンチェスターへ

金曜日 飛行機でパリへ

土曜日 日本へと飛ぶ。

日曜 日本着 (主人はそのまま中国へ仕事に)


私も主人も、そしてルイも時差ぼけに苦しみながらへとへとでしたが、義父母はとてもよろこんでいたのでよかったです。



そしてエアフランスは私の予想通りの事をしてくれました。

ベビーカーは機内に持ち込めないので預けるのですが、荷物紛失などで悪名高いエアフランス、きっとマイベビーカーを破損させるだろうと思っていたら、、、、


案の定。


大事な部分が破損していました。

ハンドルの部分の角度を変えるボタン。これはわたしにとってはとても重要なのです。

このボタンが外れていて紛失。 ハンドルは曲がらなくなってしまいました。


主人 「きっとエアフランスに文句言っても(何か理由をつけて)無駄だろうけど?」

私 「黙ってられるか!!」


そして文句を言いに行こうとするともう家に帰る支度をしているスタッフ。

主人が経過を話すと、やたらとすんなり、


「修理費を出すので領収書をエアフランスへ送って下さい。」 とのこと。


私 「意外にすんなりいったね。」

主人 「早く帰りたかっただけじゃない??」


なるほどね。納得。


まだ修理には出してませんが、この領収書を送ってから

「当社は責任はありませんので払いません。」 とか平気で言ってきそうなのが怖いです。

いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。