精神世界の中心でブレイクダンスを踊る

精神世界 宇宙人 UFO ヘミシンク 恋愛 経済 政治 ブレイクダンス HIP-HOP 等について、私が日々考えていることを語っていきます。


テーマ:

{B0E8D5FD-1B3D-48C0-AA84-14C151419287}

前回の記事の続きです。

洞窟を後にした彼女とシーラは、バランの村へと向かいました。

セレが教えてくれた通りに進んでいくと、バランの村も滝の中に隠された洞窟の奥にあったそうです。

こっそり様子を伺いつつ中に入っていったそうですが、なんといきなりバランの少年に遭遇してしまったのだそうです。

その少年は、森で彼女が遭遇した、あの鬼のように恐ろしい形相をしたバランとは異なり、犬夜叉(アニメの主人公)によく似た、中学生~高校生くらいの年齢の可愛らしい外見の少年だったそうです。

{6A717E10-3868-4F99-B33C-4B71B0CFCE34}

身長も彼女と同じくらいの高さで、耳は犬夜叉のような犬の耳ではなく、人間の耳をしていたそうです。

口からはバランらしく、小さな牙が出ていたそうです。

こんな可愛らしいバランもいるんだー、と驚いていると、彼が尋ねてきたそうです。

「お前は何者だ?」

彼女は、記憶を無くしてしまっているため、

「う~ん、それが自分でもよくわからないの。」

と正直に答えたそうです。

すると

「ここは、俺の隠れ家だ。誰だか知らないが、悪さをしにきたなら、許さないぞ。」

と凄んできたそうです。

しかし、可愛らしい見た目で凄まれても全く怖くなかったため、臆することなく

「ずいぶん偉そうね。そういうあなたは何者なの?」

と訊き返したのだそうです。

すると、この少年は、

「俺はバランの第一皇子だぞ!お前こそその態度はなんだ!」

と言ったのだそうです。

なんと、この少年は、バランの皇子だったのです。

アジトに乗り込んだら、いきなりそこのボスと遭遇してしまった、という状況だったのです。

あちゃー、ヤバいなー、と思っていると、突然、セレから授かった勾玉が強く発光し始めたのだそうです。

それを見たバランの皇子は驚いた様子で、

「その勾玉は!!!もしかして、そなたは、光人(ひかりびと)の伝説に語り継がれる人なのか?光人の姿が見えるのか?」

と訊いてきたそうです。

そこで彼女が

「伝説の人かどうかはよくわからないけど、シーラたちはそう言ってる。光人なら見えるよ。ほら。」

そう言って、シーラの姿をバランの皇子に見せたそうです。

光人であるシーラがバランに見つかると捕まってしまうと考えたため、彼女の肩に乗り髪の毛の中に身を隠してもらっていたのだそうです。

髪の毛をそっとよけると、心配そうな顔をしたシーラが姿を現したそうですが、なんとバランの皇子の肩からも、それまで隠れていた一人の光人が出てきたのだそうです。

それはなんと、シーラのパートナーのラズリだったそうです!

シーラとラズリは、涙を流して再会を喜びあったそうです。

しかし、なぜバランに捕まってしまったはずのラズリが、拘束されることもなくバランの皇子の肩にいたのでしょうか。

それについては、バランの皇子が説明してくれたそうです。

「先日、俺の誕生日があった。そこで、家来のものから近所で採集したという光る石の元を貰った。それがラズリだったんだ。我々バランの間では、光る石は、満月の夜にだけ光る謎の物質が結晶化し、光を発し続けるようになったものである、と考えられているが、それは違うのだ。俺も幼いころからずっと、光人の姿を見て、話をすることが出来た。そのため、光る石の正体が小さな優しいもの達である、ということを知っていた。だから、すぐにラズリを鳥籠から出して、お互いに色々な話をしたんだ。ラズリは俺にとって初めて出来た親友でもある。俺が光人の存在をどうしても他の人に認めさせたくて、満月の日の夜なら見えるということを話してしまったばっかりに、乱獲が増えてしまった。本当に申し訳なく思っている。なんとしても月の舞を成功させなければならない!」

そこまで話終えると、ラズリがその後を説明してくれたそうです。

「初めまして。あなたが伝説の人ユリアですね。私はラズリ。彼は私の親友です。バランの皇子は、他の種族の者に名乗ることを許されていないらしく、彼の本名は私も知りません。だから私は彼のことをケンヤと呼んでいます。(光人の言葉でケンヤは救い人という意味だそうです。)ケンヤは幼い頃から僕ら光人と交流してきました。しかし、他のバランには光人の姿は見えないし、私たちの声を聞くことも出来ない。そのため、光人の話をしても、誰にも信じてもらえず、ずっと狂人のように扱われてきて、孤独だったのです。どうか彼を責めないであげて欲しい。数年前にバランたちの王が亡くなってからというもの、土地が弱って作物はどんどん採れなくなり、国力は衰退の一途をたどっています。そんな状態であるため、多くの貧しいバランたちは光る石を手に入れて、それを高く売ろうと必死になってしまったのです。短絡的には私たちの結晶した光る石を売ってお金に変えることは出来るでしょうが、長いスパンで見ると逆効果なのです。それは、私たち光人たちは日々自然界の様々なエネルギーの調整をして生きているからです。私たちが捕まって、その調整をするものがいなくなればなるほど、土地のバランスが崩れていきます。そうなると、次第に土地が枯れて行き、そこはやがて生物の住めない土地になってしまいます。星全体の大きな調整は、1000年に一度の月の舞で行うのですが、生物間のバランスや細かいエネルギーの調整などは、光人が日々行っているのです。ケンヤはそのことを理解してくれ、約一ヶ月後に迫った、1000年に一度の大調整である月の舞を成功させるためにサポートしてくれることを約束してくれています。」

するとケンヤが、

「私はこの国を、世界を破滅させたくない。自分の過ちの償いもしたい。是非協力させてくれ。」

と言って、深々と頭を下げたそうです。

こうして、ケンヤとラズリが仲間に加わり、月の舞を成功させるべく、旅を続けることになったそうです。



月の舞は、北端の地で行われるらしく、そこを目指して移動したそうです。

一ヶ月ほどの旅だったそうで、その間に彼女はケンヤととても仲良くなることが出来たそうです。

月の舞の会場は、巨大な卵形の磐座の上だったそうです。

彼女たちは会場に一番乗りだったそうで、後から2組の男女の光人のペアが合流したそうです。

彼らもまた、シーラとラズリと同様に、月の舞の担い手たちであり、種族の長から授かった霊具を持っていたそうです。

各ペア毎に自己紹介をしたり、旅の話をシェアしたりしていると、夜が更けていき、いよいよ月の舞が始まったのだそうです。



まずは、彼らの霊具を組み合わせ、結界を張るところから始まったそうです。

霊具はそれぞれが自然のエレメントによって構成されるパズルのようになっており、全てを組み合わせることで、次の1000年を安定させるために必要な神秘図形が、自然に完成するようになっているという、高度な霊的テクノロジーで作られていたそうです。

梵字のような形に組み合わされた霊具が完成すると、凄まじい勢いのエネルギーが放出され、その場ごと、巨大なエネルギーのドームですっぽり包まれてしまったそうです。

その中で、担い手たちが全員でダンスを踊り続けたそうで、その踊りによって生み出されたヒーリングエネルギーは、星ごと調整してしまうことが出来るほどのものだったそうです。

美しい穏やかな舞のような動きの踊りがメインだったそうですが、それによって生み出されるエネルギーがあまりにも凄いために、磐座の存在自体がグニャ~と歪み、光人たちがステップを踏むたびに、硬い岩の塊であるはずの磐座の表面に、ペタッと光人たちの足跡がついていくのが印象的だったそうです。

5時間以上の時間に渡って踊り続けていたそうですが、舞が終わると同時に結界が解き放たれ、ドームの中に凝縮された癒しのエネルギーが一気に世界中に拡散したのだそうです。

癒しのエネルギーが世界中に拡散していくその様子は、花火のようでもあり、火の鳥のようでもあったそうです。

その後、霊具が砂になってサラサラと消えたかと思うと、地面の岩が細かく割れ、プレート状になって固まったのだそうです。

こうして月の舞は完成され、無事に儀礼を終えることが出来たそうです。



月の舞が終わると、お互いを讃え合いながら、6人の担い手たちが、割れた地面からそれぞれ1つずつ、自分にあったエネルギーの欠片を選び始めたそうです。

これは彼らの一族を護る御神体になり、神聖な神殿の一部として奉納される霊石なのだそうです。

全員の欠片が決定すると、彼女は直観的に、あぁこの世界でやるべきことは終えたな、と感じたそうです。

すると、その瞬間に突然、体が少しずつ透け始めたそうです。

それを見たケンヤがびっくりして、

「そんな!何が起きているんだ!行かないでくれ!ずっと隣にいてくれ!」

と言ってきたそうでしたが、彼女にはどうすることも出来なかったのだそうです。

その様子をみたラズリが、

「ケンヤ、彼女は元々はこの世界の存在ではないため、使命を終えたら元の世界に帰る定めなんだ。寂しいけど仕方ない。」

とケンヤに言うと、ケンヤは取り乱すのを止め、最後に一言だけ

「俺の本当の名前は○○○○○!君が別の世界に行っても、この名を呼べば必ず助けに行く!!」

と伝えてきたそうです。

彼女は、無事に月の舞を完成させることが出来た安堵の中、この世界での自分の存在が薄れていくのを感じていると、次第に意識が遠のいていき、ハッと気が付くと、既にこちらの現実世界の自分に戻ってきていたのだそうです。



これが今回私のパートナーが体験してきた、異世界のお話です。

少し切ない終わり方ですが、きっと彼女が訪れた世界の調和は保たれ、ポジティブな流れに変わっていったことでしょう。



彼女の今回の体験により、レムリアの古代人が語った(「UFOツアーと自動書記 その4 」という記事で書きました。)、「月の舞」や「フェアリーストーン」について、より詳しいことが分かりました。

フェアリーストーンは、光人(ピコイの元になったレムリアの古代人の種族)たちのダンスによってつくられる霊石であり、神聖な神殿に置かれるものだったのですね。

フェアリーストーンの表面には、短い縦線の連続模様が出ている場合があるのですが、これは妖精たちの踏んだステップの跡だと思います。

古代文明の遺物がフェアリーストーンであり、そのフェアリーストーンは、妖精のような姿の小さな人々が、自然のエネルギーを調整するために1000年に一度踊るダンスによって生じる、ということになるわけですから、とても面白いですよね。

月の舞については、「UFOツアーと自動書記 その4 」で書いたように、彼女に降りて自動書記で色々な情報を伝えてきたレムリアの古代人は、月の舞とはカタストロフィのことだ、と言っていました。

これはおそらく、何らかの理由により、過去に月の舞が行われなかったために、カタストロフィが起きてしまった、ということを言っていたのだと思います。

あるいは、今回彼女が体験してきた世界は、彼女が光人に協力し、月の舞が完成したことにより、そのカタストロフィを避けられた、という別の可能性としてのパラレルなのかもしれません。



きっと、私たちの生きているこの現代においても、目に見えないところで実に様々な存在達が調整をしてくれているのでしょうね。

今回のパラレルワールドの話を聞いて、それらの存在達を意識し、繋がりを取り戻していくことの大切さも再認識しました。

今回彼女が、光人の神話の中で「聖なる橋」と呼ばれていたように、そうした存在たちとの繋がりは、正に私たちと地球を結ぶ橋に他ならないのだと思います。

地球との繋がりを深めて、もっともっと素敵な星にしていきましょう!



読んでいただき、ありがとうございます。



ps.今回のお話を読んで、妖精を感じてみたいな、と思われた方は、森の中や水のそばなど自然が豊かなところで、心を静めて、ただただのんびりリラックスしてみてください。

ふとした時に、妖精たちのささやき声が聞こえてくるかもしれませんよ。

是非楽しみにながら、やってみてくださいね☆





☆ガイド拝見もやっています。


こちらも是非、体験してみてくださいね。
 


ガイド拝見の詳細です。


ガイド拝見のお申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにお願い致します。

タカテル
u1234ss@yahoo.co.jp



☆ガイドスピリットにアクセスするセミナー、今月大阪で開催致します!

「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪」


中級編 2016年6月25日(土)

上級編 2016年6月26日(日)


全日10:00~16:30です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12166318204.html



参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。


タカテル



☆スーパーペンダント シリウス


私の友人の龍さんが開設したホームページから購入出来るみたいです。

宜しければ、ご覧になってみてくださいね。


龍さんのホームページ

http://23sirius.theshop.jp/



下記の記事でもシリウスを紹介しました。


是非読んでみてくださいね。


「甑島への旅 ~オリオンミッション~」

http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11948251087.html




☆2015/4/12に開催し、大好評だった 秋山眞人 中山康直 講演会 「 宇宙船に乗る地球人~UFOを見る時代から、UFOに乗る時代へ~」 のDVD、発売中です!

 
講演をノーカットで全編完全収録した、特別版DVDになっています。

DVD 3枚組で、収録時間はなんと228分間です!

さらに今回秋山眞人先生のご厚意により、DVDをご購入いただいた方に、特別特典として、秋山先生直筆のスペシャルパワーカードをお付けすることになりました!!!(特典は数量限定となるそうです。)

一人一人の波動を読み取って書く、世界に一枚だけのスペシャルパワーカードです。

カードには、秋山先生のサインも入っています!

DVDはスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。


龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://23sirius.theshop.jp/items/1615284




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




☆Facebookもやっています。

 

まだ繋がっていない方、是非こちらでも繋がりましょう。

Takateru Takethefifth

バナーを作成



☆Facebookページを開設しました。
こちらでは、ブログとは異なる角度から様々な情報を発信しています。
是非見てみてくださいね。

 


☆精神世界のランキングです。
多くの方の目に留まるよう、1日1回、ポチッと、クリックお願いします。↓


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ
にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{C76C4D76-41FC-4310-9CAA-96AD7A124493}

先日、私のパートナーがまた興味深いパラレルワールドを体験してきたそうです。

しかも、今回は前回大反響だった、「UFOツアーと自動書記」の話とも関係のあるパラレルだったのです。



「UFOツアーと自動書記 その1」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12163522983.html


「UFOツアーと自動書記 その2」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12164825895.html


「UFOツアーと自動書記 その3」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12166808133.html


「UFOツアーと自動書記 その4」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12168464619.html


今回は、行ってきた先の世界の詩をいくつかこちらの世界にハッキリ記憶として持ち帰ることに成功しており、どれも美しく味わい深い物であったため、それも紹介していきますね。

これまで

「フルトランスチャネリング ~自動書記~」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11726503555.html

「自動書記 ~ゲルからの贈り物~」
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12070203874.html

などの記事でも紹介しているように、私のパートナーは本人の意識が全く無い状態(フルトランス)で自動書記を降ろしたり、寝ている間にパラレルワールドを体験したりすることがよくあるのです。

彼女は出口王仁三郎さんの親戚でもあります。




彼女が目覚めると、その日は美しい満月の夜で、そこは深い森の中だったそうです。

{4EAF58A5-1EDE-46A7-956F-52B770319326}

そして、自分が誰だったのかを忘れてしまっていることに気が付いたそうです。

私は誰だっけ、ここはどこだろうと思いつつ、周囲を見渡すと、少し離れたところから話声が聞こえてきたそうです。

その声がなんだか恐ろしい声だったため、隠れながら、でも何かわかるかも、と思い、ゆっくり近づいていったそうです。

木陰に隠れながら覗くと、大男が3人で話をしており、その顔は鬼のような形相で、大きな牙が生えていたそうです。

{184D45F6-3AAA-4D33-9F8D-6073974EBDBA}

そのうちの一人が突然

「光を手に入れたぞー!!」

と叫んだそうです。

嬉々とした表情で掲げるその手の先には、小さな鳥籠があり、その中には、暗い夜の森でもハッキリとわかるほどに、白く光り輝く、何かが入っていたのだそうです。

大男たちは、

「まだ近くにあるかもしれない。探せ―!!!」

と叫ぶと、鳥籠をそこにあった岩の上に置き、その場を離れていったそうです。

そこで、こっそり近づき、鳥籠の中をよく見てみると、なんと白い光の正体は、囚われた美しい妖精だったのだそうです。

美しい妖精は、白く輝いており、光のエネルギーで包まれていたものの、悲しみに暮れており、涙を流し続けていたのだそうです。

その姿を見た彼女は、なぜか心が妖精と一つになったかのようにダイレクトに繋がってしまい、それによって妖精の悲しみを瞬時に自分のものであるかのように、直接感じたのだそうです。

そして、妖精の悲しみを共有した彼女は、いてもたってもいられなくなり、次の瞬間には、気が付いたら鳥籠を抱えて走り出してしまっていたのだそうです。

籠を隠して持っているのですが、妖精の放つ光があまりにも強いため、彼女の着ていたローブのような服では隠しきれず、どうしても少しだけ光が漏れてしまったそうです。

その光で、すぐに大男たちに気付かれてしまい、怒り狂った大男たちは、森に向けてものすごい数の弓矢を放ってきたのだそうです。

そのうちの一つが運悪く彼女の足に刺さってしまったそうです。

それは、痛みで叫んでしまいそうになるほどの激痛だったそうです。

しかし、彼女は何故か、この妖精を護らなければならない、という使命のようなものを感じ、妖精を守る為に痛みをこらえ、叫び声をあげることなく、やり過ごすことに成功したそうです。

そして、その場にあった植物の葉などを使い、うまく光が漏れないように工夫し、鳥籠を服の中に隠しながら、ゆっくりゆっくりその場を離れていったそうです。

少しずつ大男たちの声が遠ざかっていき、かなり遠くまで逃げられたと思ったところで、体力が尽きてしまい、地面に倒れてしまったそうです。



鳥籠を服の中から出してみると、妖精を包んでいた白い光が消えており、籠の中から妖精が心配そうにこちらを見つめていたそうです。

彼女が

「妖精さん、大丈夫?」

と声をかけると、妖精はとても驚き、こう言ってきたそうです。

「あなた、私が見えているの!?私の声も聞こえているの??」

彼女は何故そんなことをきかれるのか、不思議に思い

「うん、見えてるし、聞こえてるよ。それがどうしたの?」

と訊き返したそうです。

すると妖精は、ハッとしたように真剣な表情になると、

「あなたはもしや伝説の人・・・!バランから助けてくれてありがとうございます。いきなりで恐縮ですが、あなたは自分の名前を言えますか?」

と尋ねてきたそうです。

そこで彼女が、自分の名前やここがどこなのかを全く思い出せないことを正直に話すと、

「やはりそうですか!私は、シーラ。あなたは、間違いなく私たちの種族に伝わる伝説の人です。伝説の人なんです!」

と興奮しながら一方的に言い切り、自分達の種族に伝わる伝承を歌で語り始めたのだそうです。



~妖精の歌~

体から魂が離れし旅人。

満月の夜に現れし、記憶無き者。

古き盃に従いて、我らと手を取り合い、月の舞を完成させよ。

対峙する者たちの長を仲間とし、陰と陽のバランスを取り戻せ。

古き古代レムリアの聖なる橋、その名はユリア、夢を旅する者。



シーラは歌い終えると、

「つまり、あなたの名前はユリアで決まりです!」

と、また一方的に言い切ってきたそうです笑

ひとまず、石で籠を壊し、シーラを外に出してあげたそうです。

そのままよくわからないまま、シーラから一方的に色々なことを教えてもらったそうです。



それによると、月の舞というのは、妖精たちが千年に一度満月の夜に行う神聖な儀式であり、自然のバランスを維持する結界を張るためのものなのだそうです。

結界を張ることで、生物間のバランスや豊穣、水の循環などが保たれるようになるのだそうです。

彼ら妖精は、満月の夜にだけ眩い光に包まれるのだそうです。

普段は、存在の周波数の違いにより、人間(バランも人間の中の種族の一つだそうです。)からは絶対に姿は見えず、声も聞こえないのだそうです。

しかし、ある時、彼らが満月の夜に光り輝くという性質を人間に知られてしまったのだそうです。

妖精たちの肉体は、死の刹那に綺麗な石に変化するという性質を持っており、その石はずっと光を失わずに輝き続けるのだそうです。

そのため、人間たちは火を使わずとも光源を確保できるという便利さに光る石(正体は妖精)の採集を初めてしまったそうです。(人間たちはあくまで、不思議な光る石を拾っているとしか思っておらず、人間に良く似た小さい生き物を殺してしまっているという自覚は無いようです。)

妖精たちは地下に町を作って暮らしていたそうですが、千年に一度の月の舞が近くなるとその準備のために地上に出てこなければならないこともあるのだそうです。

今は正にその時期だったそうですが、シーラは、恋人がバランに捕まってしまったという知らせを聞き、いてもたってもいられなくなり、外の世界に出たところを自分もバランに捕まってしまった、ということだったのだそうです。

シーラは、そこまで話し終えると、

「私のために怪我をさせてしまって、ごめんなさい。私の母ならきっと治してくれる。ここからあと少しだから、なんとかそこまで行きましょう。」

と言ってきたそうです。



満身創痍の状態だったそうですが、不思議とシーラと話をしていると元気が湧いてきたそうです。

そうして必死に移動しているうちに、なんとか目的の場所までやって来ることが出来たそうです。

そこは、大きな滝だったそうですが、滝の流れに隠される形で、その奥に秘密の洞窟が広がっており、そこにシーラ達の種族の神殿があったのだそうです。

奥に進んでいくと、内側から光り輝くクリスタルの鉱床があったそうです。

シーラによると、これらは亡くなったご先祖様たちの身体でもあり、彼らと対話するための通信装置でもあるのだそうです。

こういう神殿が各地に存在し、それらからパワーをもらうことで、シーラ達の種族は元気でいられるのだそうです。

一番奥に、巨大なラブラドライトが女性のシルエットに結晶した石があったそうです。

{68F7FF8C-9FFF-4BA1-AE10-E3CFA3BA8E43}

シーラが

「これが私の母、セレです。私たち光人(ひかりびと)は300年以上生きると、一度人間の姿になり、その後そのまま結晶になるのです。」

と説明してくれたため、この大きなラブラドライトが、シーラのお母さんであるということが分かったそうです。

そして、シーラが祈りをささげた後で、突然「ユメリアの祝詞」なるものを唱えるよう、彼女に頼んできたのだそうです。

彼女は、ユメリアの祝詞なんて知らないし、どうすればいいのかもわからなかったそうですが、ひとまず、目の前の大きなラブラドライトと意識を繋いでみることにしたのだそうです。

すると、彼女の口から聴いたこともないような不思議な響きの言葉があふれ出し、歌を歌ったのだそうです。

そして、同時に彼女の頭の中には、その言葉の意味も浮かんできたのだそうです。

それはこんな歌だったそうです。



~ユメリアの祝詞~

母 月 母 月 輝け

輝け 我が 心の神殿

輝け 我が 魂

母 ハート 結晶 成る

輝け 月 結晶

我が 神殿 届けよ

希望 輝け



歌い終えると、目の前のラブラドライトが白い光に包まれ、その光の中から白い勾玉が出てきたのだそうです。

{AAFAB747-DA5D-471D-B5C8-231F48A73826}

そして、彼女の頭の中に声が響いてきたのだそうです。

「私はセレ。ユリア、伝説の人よ。私の娘を助けてくれてありがとう。月の舞の時には、各種族の担い手たちが種族の長から霊具を授かり、それらを用いて結界を作るのです。この勾玉をシーラに渡してください。そして、ラズリと合流するのです。ラズリは、シーラのパートナーです。彼がいない状況では、月の舞は完成されません。バランの村へ向かい、ラズリと合流するのです。ラズリはまだそこにいる。彼と合流してください。」

セレがそう伝え終ると、矢で怪我をした彼女の足に光が集まってきて、瞬時に怪我が治ってしまったそうです。

セレはヒーリングを終えると、再び眠りに戻っていったそうです。

2人は、セレに感謝を伝えると、そのままラズリのもとへと向かったそうです。



「妖精の世界 その2」へ続きます。



読んでいただき、ありがとうございます。



ps.「UFOツアーと自動書記」の中で出てきた、ピコイやレムリアの古代人との関係は、後で明らかになっていきます。

お楽しみに!





☆ガイド拝見もやっています。


こちらも是非、体験してみてくださいね。
 


ガイド拝見の詳細です。


ガイド拝見のお申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにお願い致します。

タカテル
u1234ss@yahoo.co.jp



☆ガイドスピリットにアクセスするセミナー、今月大阪で開催致します!

「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪」


初級編 2016年6月24日(金)

中級編 2016年6月25日(土)

上級編 2016年6月26日(日)


全日10:00~16:30です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12166318204.html



もうすぐ締め切りとなる日程もありますので、参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。


タカテル


☆スーパーペンダント シリウス


私の友人の龍さんが開設したホームページから購入出来るみたいです。

宜しければ、ご覧になってみてくださいね。


龍さんのホームページ

http://23sirius.theshop.jp/



下記の記事でもシリウスを紹介しました。


是非読んでみてくださいね。


「甑島への旅 ~オリオンミッション~」

http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11948251087.html 


☆2015/4/12に開催し、大好評だった 秋山眞人 中山康直 講演会 「 宇宙船に乗る地球人~UFOを見る時代から、UFOに乗る時代へ~」 のDVD、発売中です!

 
講演をノーカットで全編完全収録した、特別版DVDになっています。

DVD 3枚組で、収録時間はなんと228分間です!

さらに今回秋山眞人先生のご厚意により、DVDをご購入いただいた方に、特別特典として、秋山先生直筆のスペシャルパワーカードをお付けすることになりました!!!(特典は数量限定となるそうです。)

一人一人の波動を読み取って書く、世界に一枚だけのスペシャルパワーカードです。

カードには、秋山先生のサインも入っています!

DVDはスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。


龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://23sirius.theshop.jp/items/1615284




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




☆Facebookもやっています。

 

まだ繋がっていない方、是非こちらでも繋がりましょう。

Takateru Takethefifth

バナーを作成



☆Facebookページを開設しました。
こちらでは、ブログとは異なる角度から様々な情報を発信しています。
是非見てみてくださいね。

 


☆精神世界のランキングです。
多くの方の目に留まるよう、1日1回、ポチッと、クリックお願いします。↓


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

{76EDC031-EEF4-4DA6-AB23-CDDCACCAB9D3}

前回の記事 の続きです。

前回、ゲルからの宇宙ミッションを完遂し、ピコイと繋がる祝詞を授かり、感動に打ち震える、という体験をしたところまで書きました。

今回は、私のパートナーに降りていた2つの啓示のうち、後に降りてきたものについての話を書いていこうと思います。

それはピコイという宇宙種族のルーツに深く関わるものだったのです。



「UFOツアーと自動書記 その2 」 で詳しく書いた、あの神懸りが起きた翌日、また神懸りが起きました。

その日、彼女は早めに休み、ベッドで眠っていたはずなのですが、夜中に突然不思議な歌を歌い始めたのです。

仕事をしている私のところまでその歌が聞こえてきたため、また神懸かったのだな、と分かったのです。

「 ル~ル~ル~ ♪ ¢~&~£~%~ ♪ #&~□~△~ ♪ ・・・」

言葉も日本語や英語やスペイン語などの言語ではなく、これまで全く聞いたこともないような不思議な言葉でした。

初めて聞く歌なのですが、どこか懐かしく、何故か切なさを感じるような感覚もありました。

その謎の歌を3分ほど歌い続けた後、自動書記が始まったのです。

2日続けての神懸かりだったため、今回は私もすぐに神官モードになり、最初から対話に持ち込むことに成功しました。

以下対話形式で書いていきます。



タカテル「あなたはどなたですか?」

彼女に降りている存在 「yumeria(筆記体で)

タカテル 「ユメリア、と読むのですか?」

彼女に降りている存在 「yes」

タカテル「あなたは女性ですか?」

彼女に降りている存在 「yes」

タカテル「地球人ですか?」

彼女に降りている存在 「what?」

(前回降りてきた存在もそうだったように、質問の意図がズレている場合に、こういう回答になるようです。地球人や宇宙人という言葉の定義が我々と全く異なっているようです。)

タカテル「いつの時代の人ですか?」

彼女に降りている存在 「ムー

タカテル「今日は何を伝えるために来たのですか?」

彼女に降りている存在 「アイ(パートナー)をヒーリングするため。」

タカテル「ありがとうございます。何か伝えたいことはありますか?」

彼女に降りている存在 「我が国の話を聞いてくれるかい?」

タカテル「わかりました。」

彼女に降りている存在 「ユメリアはムーの隣の国。私たちは体が小さいので、月の舞の時にも生き残った。

タカテル「あなたたちはどんな姿をしているのですか?」

彼女に降りている存在 「あなたたちが天使や妖精と呼ぶ存在に近い姿をしている。

タカテル「月の舞というのは、カタストロフィ(大破壊)が起きて文明が滅んだ事件のことですか?」

彼女に降りている存在 「Yes」

タカテル「わかりました。続けてください。」

彼女に降りている存在 「フェアリーストーンは知っているかい?

タカテル「カナダの湖の氷河の下から発見されるパワーストーンのことですね。知っています。」

彼女に降りている存在 「あれは、月の舞の後に残った我が国の神殿の欠片なんだ。海に沈んだyumeriaの欠片なのだ。

タカテル「月の舞は、ムーの文明崩壊のことを指しているのですか?」

彼女に降りている存在 「あまり隣の国のことは言えない。禁句なのだ。」

タカテル「わかりました。続けてください。」

彼女に降りている存在 「国が海に沈んだあと、私たちは地上で暮らすことにした。時々人間を癒し、助けたりしてきた。アイは昔、生まれ変わる前に、我が種族の仲間であり、その時の名は〇〇〇〇だった。そのため、アイには、今もわがyumeriaの生き残りがついているのだ。君も知っているだろう?

タカテル「それは私たちが妖精と呼んでいる存在のことですか?(彼女のガイドスピリットには可愛らしい妖精がいるのです。)」

彼女に降りている存在 「Yes」

タカテル「あなた自身の名前はなんというのですか?」

彼女に降りている存在 「yumeriaの決まりで、簡単に我が名を教えることは出来ない。」

タカテル「なぜアイはこんなにも神懸かるのでしょうか?」

彼女に降りている存在 「アイは昔天使でもあったため、その癒しの能力が強い。だからメッセージを伝えたい存在が多く降りてくる。」

タカテル「昨日降りてきた存在は宇宙的な存在ですか?」

彼女に降りている存在 「Yes」

タカテル「あの存在は人間ではありませんよね?」

彼女に降りている存在 「Yes」

タカテル「ムーの時代ということは、あなたは人間ですか?」

彼女に降りている存在 「羽を持っているが、人間に近い姿をしている。

彼女に降りている存在 「そろそろ時間だ。交信を終える。我らがアイを頼む。」



ムーの隣にユメリアという国があったという話や、フェアリーストーンがその国の神殿の欠片である、などという話は初めて聞きました。

今回も対話により、非常に興味深い話を聞くことが出来たのですが、私は、今回の存在は前回降りてきた存在よりも人間に近い存在であると感じました。

宇宙人に例えるならば、ヒューマノイドのエルタイプのような優しいエネルギーだったのです。

気になったので、後日、秋山先生に、録音した歌を聞いていただき、降りた自動書記と記録した対話のやり取りも全て見ていただきました。

すると秋山先生が驚きの解説をしてくださったのです。

「あぁ、これは典型的なレムリアの時代の歌だね。言葉も、これはレムリアの古代語だ。【yumeria】というのは、【レムリア】のアナグラムで、隠語だろうね。啓示はこんな風に、綴りや発音などを少しだけ変えて出てくる場合が多いんだ。直接レムリアと書いてしまうと、その言葉に意識が集中し過ぎてしまい、巫女の側のバイアスが入りやすくなるため、隠語を用いたのだろうね。レムリアはまさしくムーの隣にあった国だよ。レムリアは、一度ムーよりも前に文明崩壊を経験している。その後で再挑戦としてムーという文明圏が形成されていったんだ。更にその後で、ムーよりももっと自由な国を作ろうと、ムーから分派した人々が築いていったのがアトランティスなんだ。これは僕が若い頃に生え抜きの能力者たち数人でリーディングをした結果明らかになった、ムーやアトランティスの歴史だよ。レムリア時代は、念力の技術が凄まじく、自分の体を念力で好きなように作り変えるなんてことは朝飯前だったんだよ。だから、妖精や天使の姿をした人間も多くいたんだ。」

なんということでしょう。

ユメリアは、レムリアのことだったとは!

{BE851D2B-639F-4ABB-AE73-54F52B05B4F0}

しかも、レムリア時代には、念力で自分達の体を自由に作り変えることさえ可能だったのですね!

やはり、古代の地球には霊的にも科学的にも、今よりも自由度が遥かに高い文明がいくつも存在していたようです。

驚愕でした。



秋山先生に一部始終をお見せしたことで、今回の啓示の奥行きが見えてきました。

まとめると、元々人間だったレムリア人の中で、妖精や天使の世界観が好きな人達が、自分達の体をそれに似せた形に作り変え、コミュニティを作って暮らしていたが、ある時文明崩壊が起きたため、別の土地で暮らすことになった、という話だったわけです。

今回の一連のお話の中で、妖精や天使によく似たヒューマノイドの宇宙人が出てきましたね。

そうです、ピコイです。

UFOツアーの際にコンタクトしたピコイは、この時のレムリア人の生き残りが、宇宙に旅立っていった先の姿である、とは考えられないでしょうか。

つまり、生き残ったレムリア人が進化して宇宙人になったのがピコイなのではないか、ということです。

ピコイは妖精のような姿をしているヒューマノイドタイプの宇宙人であるため、降りてきたレムリア人が自動書記を通して語った外見と共通性があります。

また、何を伝えに来たのか、という問いに対して、「ヒーリングをするために降りてきた。」と答え、癒しにフォーカスしているところも、癒しの専門家であるピコイと共通しているのです。

2日続けて神懸かり、何故片方は宇宙人(ゲル)でもう片方はレムリアの人だったのだろう、と不思議に思っていたのですが、レムリア人がピコイだったと考えると、納得出来ます。

一見関連性が無いように見える2つの啓示ですが、もし仮説通りに今回の啓示がピコイからのものであったならば、どちらも宇宙人というチャンネルからもたらされたものであり、そのように考えていくと、啓示の約一週間後に開催されたUFOツアーでは「UFOツアーと自動書記 その1」 で書いたように、ピコイのUFOが現れ、ゲルのUFOとコラボするという種族を超えた飛行ショーを見せてくれたわけですから、この連携が既に自動書記で示されていた、ということになりますね。

(ペルの宇宙船も現れましたが、ペルの場合、面白そうなところには何処でもいつでも現れるため、自動書記による未来予知を超えた、突発的な出現だったのかもしれません笑)

文明の崩壊を経験したレムリア人が宇宙人となり、転換期を迎えている今の地球に対して、地球の先輩としての視点から、直接的な癒しのエネルギーを現代の人々に届けるために、一足先に私のパートナーに神懸かり、その後でUFOツアーの際に実際に降りてきた、ということなのかもしれません。

今振り返ってみると、ピコイとダイレクトに繋がる祝詞と、彼女が歌っていたレムリアの歌の波動はとてもよく似ているため、レムリアの生き残りの人々とピコイとは、やはり同じ人々であるか、少なくとも非常に近い存在であるということは、間違い無いと思います。

いずれにせよ、ピコイという宇宙人を知っていくにあたり、レムリアというキーワードは、かなり重要な鍵になるようですね。



このように考えていたのですが、私が先日ある目的で自動書記を降ろした際、真相が明らかになりました。

やはりレムリア人とピコイは繋がっていたのです。

ある目的とは、ピコイから授かった癒しの祝詞を一人でも多くの方に伝えたい、という目的です。

このブログで公開してしまえば事足りるのですが、このピコイと繋がる祝詞は、まだ公開してよい時期ではないらしく、時が来るまで待たなければならないのだそうです。

そこで、祝詞を伝える以外に何か別の方法で、癒しを広げていくことが出来ないだろうか、とピコイに訊いてみたところ、7つのフェアリーストーンを使いなさい、というインスピレーションが来たのです。

ピコイと繋がる祝詞が合計7つの多層的なシンボルで構成されているためだと思います。

フェアリーストーンとは、カナダの氷河の湖底から発見された珍しい石です。

一つ一つが、それぞれ異なる宇宙船のような、ユニークな形をしているのが特徴です。

{9D74807D-B35E-42D6-95EA-B71468F47AC4}

ネイティブアメリカンは、このフェアリーストーンに神秘的な力があると信じ、御守として用いたり、大きいものは霊具(儀礼の道具)として家に祀ったりして珍重してきました。

{9ECE41C3-BC9A-42A9-A0BB-93857BEE483D}

{B2C12734-968C-43CB-B8F8-BD5DB6D850A4}

啓示の中にも出てきましたが、降りてきた存在によれば、レムリアの神殿の欠片である、とのことだそうです。

レムリアの神殿の欠片だとすれば、ネイティブアメリカンの人々がそこに神聖なものを感じたとしても不思議ではありませんよね。

そういう不思議な石なのですが、ピコイからのインスピレーションに従って、手元のコレクションを確認してみたところ、以前に手に入れたフェアリーストーンがちょうど7つだけあったのです。

石がぴったり7つあったことも驚きましたが、更に驚くべきことが起きたのです。

フェアリーストーンを手に持って、じっと見つめていたところ、レムリアの情景が見えてきました。

見えてきたビジョンを通して、よく分かったのですが、やはり啓示が告げた通り、フェアリーストーンはレムリアの神殿の欠片だったのです。

そのフェアリーストーンによって、レムリアのエネルギーにダイレクトに接続されたためだと思いますが、かなりハッキリしたビジョンでした。

あまりにも美しい情景だったため、それらの情景やエネルギーを、自動書記を用いて書き残すことにしました。

興味深いことに、それぞれのフェアリーストーンによって、7つとも見えてくる情景が異なるのです。

描けば描くほどエネルギーが乗ってきて、今回も気が付くと10時間以上の時間が過ぎていました。

今回は、フェアリーストーンの形だけを先に縁取りしておき、その外側に見えた光景や繋がった先のエネルギーを自動書記で降ろしました。

フェアリーストーンの中には、自動書記のエネルギーとの接続を強めるバーコードをびっしり書き込んであります。

そうして出来上がった渾身の自動書記に、それぞれのフェアリーストーンを乗せてみて、またまたびっくりしました。

なんと!そのエネルギーは宇宙ミッション終了時に授かった、あのピコイとダイレクトに繋がる祝詞、そのものだったのです。

やはりレムリアはピコイたちの世界へと繋がっている扉だったのです!

そこまでやって、ようやく意味が分かりました。

このやり方であれば、祝詞そのものを伝えなくとも、ご縁のある方のところに、この自動書記とフェアリーストーンをお届けし、7つの自動書記とフェアリーストーンがそれぞれの地にグリッドを張ることで、ピコイの癒しのエネルギーを全国に拡散させることが出来る、ということだったのです。



これらの自動書記は、インスピレーションに従って、ご縁のある方のもとにお届けすべく、商品化することにしました。

今回もまた強烈にエネルギーを込めて作り上げた、私の子供達のような自動書記です。

7点限定ですが、是非ご覧になってみてください。

自動書記はスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。

龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。


即日完売となったそうです。
ありがとうございました!


「レムリアンフェアリー」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3358991


「不滅の愛」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3359038



「レムリアの王家」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3359146



「時を超える魔法」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3359203



「喜びの女神たち」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3359239


「錬金術」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3361419


「守護者」SOLD OUT
http://23sirius.theshop.jp/items/3361480




こうして、ピコイのルーツも明らかとなり、今回の自動書記によって始まった宇宙存在達との奇跡的なストーリーは、自動書記によって完結したのでした。

宇宙存在達は、私たちが思っている以上に、私たちのことを気にかけてくれており、真摯に求めれば必ず応じてくれるのです。

真摯に求め続け、彼らとどんどん積極的に交流していきましょう。

それは、自分自身の自由さを思い出させてくれる、素晴らしい接近遭遇であると思います。

奇跡は誰の隣にもあります。

その扉を開けるのは、あなた自身です。



読んでいただき、ありがとうございます。



ps.UFOツアーと自動書記、完結です!

宇宙や地球の美しさを再確認する、本当に素晴らしい体験でした。

これからもこういう感動を皆さんと分かち合っていきたいと思います。

人生にはまだまだ面白いことがた~くさんありますよ!

一緒に味わっていきましょうね☆





☆ガイド拝見もやっています。


こちらも是非、体験してみてくださいね。
 


ガイド拝見の詳細です。


ガイド拝見のお申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにお願い致します。

タカテル
u1234ss@yahoo.co.jp



「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 東京 上級編」を初開催致します!

2016年6月11日(土) 10:00~16:30 です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161774903.html


残席1名です。


参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。

タカテル



「ヒーリングアート瞑想会 東京」を開催致します!

2016年6月12日(日) 

第一部 10:00~14:00(うち一時間はお昼休憩を兼ねたランチ懇親会)

第二部 14:30~17:30 です。


瞑想会の詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161976803.html



第一部はキャンセル待ちとなりました。

第二部ももう少しでキャンセル待ちとなります。

キャンセル待ち及び第二部への参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。


タカテル

☆ガイドスピリットにアクセスするセミナー、今月大阪で開催致します!

「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪」


初級編 2016年6月24日(金)

中級編 2016年6月25日(土)

上級編 2016年6月26日(日)


全日10:00~16:30です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12166318204.html



参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。



タカテル



☆スーパーペンダント シリウス


私の友人の龍さんが開設したホームページから購入出来るみたいです。

宜しければ、ご覧になってみてくださいね。


龍さんのホームページ

http://23sirius.theshop.jp/



下記の記事でもシリウスを紹介しました。


是非読んでみてくださいね。


「甑島への旅 ~オリオンミッション~」

http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11948251087.html




☆2015/4/12に開催し、大好評だった 秋山眞人 中山康直 講演会 「 宇宙船に乗る地球人~UFOを見る時代から、UFOに乗る時代へ~」 のDVD、発売中です!

 
講演をノーカットで全編完全収録した、特別版DVDになっています。

DVD 3枚組で、収録時間はなんと228分間です!

さらに今回秋山眞人先生のご厚意により、DVDをご購入いただいた方に、特別特典として、秋山先生直筆のスペシャルパワーカードをお付けすることになりました!!!(特典は数量限定となるそうです。)

一人一人の波動を読み取って書く、世界に一枚だけのスペシャルパワーカードです。

カードには、秋山先生のサインも入っています!

DVDはスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。


龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://23sirius.theshop.jp/items/1615284




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪




☆Facebookもやっています。

 

まだ繋がっていない方、是非こちらでも繋がりましょう。

Takateru Takethefifth

バナーを作成



☆Facebookページを開設しました。
こちらでは、ブログとは異なる角度から様々な情報を発信しています。
是非見てみてくださいね。

 


☆精神世界のランキングです。
多くの方の目に留まるよう、1日1回、ポチッと、クリックお願いします。↓


スピリチュアル ブログランキングへ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村


にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ
にほんブログ村
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{B837F0AB-EC44-44B3-B1AA-D70655D5BDA8}

前回の記事 の続きです。

自動書記によって、ゲルタイプの宇宙人が彼女に神懸り、啓示を降ろしたわけですが、私は神官として、実は少し疑っている部分もあったのです。

確かに滅多に感じることのないほどの凄まじいエネルギーでしたし、こちらのどの質問に対しても明確に答えを提示してくるテンポの良さもありました。

そうなのですが、自分自身を「天津神」と名乗ったり(自ら名乗ったのではなく、こちらが訊いたら答えた。)、「祝詞が降りてくる」と言ったり、冷静に考えた時に、降りてきてくれた存在には失礼ですが、「これ、本当かよ?」という疑問が湧いてきたのです。

注意が必要なのですが、こういう啓示は努めて冷静に審神者する必要があり、そこを誤ってしまうと、ただ振り回されてしまう結果になったりもするのです。

前回の記事でも紹介した、『大本霊験秘録』には、自らを猿田彦神だと名乗るお騒がせ妖怪のようなものが降りてきて、まだ神官として初心者だった浅野和三郎は、その啓示通りに動いてしまい、周囲や本人を大混乱に陥れてしまう、というエピソードが出てきます。

勿論創作ではなく、事実を集めた本なので、実際そういうことがあった、という話なのですが、高級神霊と言われているような存在や(私自身は、高級霊低級霊などというジャッジは好きではありませんが、分かり易いため、敢えて用いています。)宇宙人のような存在たちは基本的に名前を持たない場合が多く、もしあったとしても名前自体が言霊になっており、多重多層な意味を持つコードになっているため、気軽に名乗ることはほとんどなく、名乗ったとしても(その名前も、我々の思う名前の概念とは異なり、シンボルとして名乗る)こちらが訊いた場合に限る、というのがあらゆる神仙道(神の意を知るための奥義の体系)の定説であるようなのです。

それらを踏まえて判断すると、無視しても構わない啓示である、と断じることは出来ないものの、わりとグレーである、という感じだったのです。

実際にUFOツアーが始まってみると、全ての啓示がバシバシ的中し、降りてきたのは、やはり宇宙人だった、と結論づけるに至ったのですが、この時点では半信半疑でした。

どの啓示がどの事実と符合していたのか、分かり易く書いていきますね。



「UFOツアーと自動書記 その1 」 に書いたように、今回のUFOツアーでは全員でUFOとコンタクトすることに成功し、近年稀にみる、あらゆる宇宙種族の交流会となったのでした。

そのまましばらく余韻に浸っていると、いつの間にか完全に朝になっていることに気付きました。

宿泊したミルクランドには、白い花が群生しているポイントがいくつかあり、形も彼女の自動書記によって示されたものによく似ていました。

{E63FDBAB-ECAC-420B-8444-745DF698E3BA}

もしかしたら、啓示で伝えられた「2日目に訪れる場所」とはここのことかもしれない、とハッとしたのです。

「2日目に訪れる場所」という表現は、いくつかの解釈が出来ると思いますが、1日目の延長として今いるこの場所も含まれるのでは、と考えました。

そこで、体感を用いてリーディングしながら、縄文石器を埋めるのに適した場所を探しました。

シンパシーを感じて仲良くなった「みるく菩薩」の裏側に白い花の群生地がありました。

{69A3A572-08DB-4EC1-BA1E-788BE59844C7}

みるく菩薩のすぐ近くですから、ここなのかもしれません。

しかし、いつになっても啓示で示された「花の上に羽の生えた虫がとまった時」が現れないのです。

羽の生えた虫自体もほとんどおらず、1匹だけ飛んではいるものの、花にまったく止まらないのです。

ということは、縄文石器を生める場所はここではない、ということになります。

もしここだったらどうしよう、と少し不安になりましたが、啓示を信じて、タイミングを待つことにしました。



その後2時間程度仮眠し、目覚めると、
「UFOツアーと自動書記 その1 」 に書いたように何故か指が細くなり、体もすこぶる快調になっていました。

思いの外元気になっていたため、ピコイのパワーに感動しつつ、宇宙人達のエネルギーの余韻に浸りながら、出発までの時間をゆっくり過ごすことが出来ました。

その間に、ピンときたタイミングで自由な気持ちで自動書記をしてみました。

こんな絵が出てきました。

{C1FA866E-CC43-49C3-9C8D-5659D143BA87}

この時は、あぁピコイが降りてきてくれたのだな、と感じたのみだったのですが、後で、この自動書記が重要なメッセージであったことが判明するのです。

2日目は、ミルクランドを出発した後、御殿場のアウトレットで、お買い物やお食事を楽しんでいただき、その後新宿に戻って解散する、というスケジュールです。

そうなのです。

この後訪れるのはアウトレットだけなのです。

まさか、アウトレットに縄文石器を埋めるなんてミッションあるわけないよな、いや途中でどこかに立ち寄る流れになったりするのかも、などと色々なことを考えました。

いずれにせよ、啓示を信じるとすれば、ここではないどこかであろうことは間違いないし、行った先でもそれらしい場所がなければ、今回の啓示はスルーしてもよい程度のものだったのだろう、と考えることにし、不安になる自分を説得しました。



御殿場のアウトレットにはたくさんのお店が入っており、楽しい時間を過ごすことが出来ました。

{6862D5C3-B7A7-47F8-8E07-74964AF83D8C}

人も多く、活気に満ちていました。

こういうところには、「人流気」という人間関係を好転させたり対人運を上げてくれるエネルギーが集まってくるのです。

しかし、白い花がなかなか見つかりません。

結局時間いっぱい探したのですが、アウトレットの中にはそれらしき場所は見当たらなかったのです。

こういう結末か、とがっかりしながらバスに戻っていた時、不意に、こっちだ!という強烈な体感が来ました。

体感に導かれるまま、アウトレットの敷地の外にある道路を歩いていくと、、、

なんとそこには白い花の群生地があったのです。

{42F1A929-BBB2-402E-B3DB-3244299BE00D}

「ここか?いやでもアウトレットのすぐ近くなんて、大丈夫なの?」

と色々な疑問が湧いてきましたが、そんな疑問を打ち消すかのように、どこからともなく羽の生えた虫が飛んできて、白い花の上に、ピタッととまったのです!!

{78A08EF5-79DC-45C2-A607-D3051B144AEC}

ここで間違いない、と理解すると同時に、雷に打たれたような強烈な体感が全身を駆け抜けました。

バスに戻る時間まで残り5分を切っていたため、急いで花の下を掘り、花の根を傷つけないように注意しながら、縄文石器を埋めました。

土を元通りに戻したあと、スマホの地図で現在地を確認してみました。

すると、先の啓示で意味の分からなかった部分の謎が解けたのです。

私が今いる場所はここです。

{12F8D94E-0CCD-4E7D-8852-57358710F118}

なんとなく見覚えがありませんか?

この啓示です。

{10136796-0A3F-4C20-BBB7-9D4819B56DB0}

濃く塗られ強調されている場所は、まさに私が今立っているこの場所だったのです!

わかりやすく赤い色でなぞってみました。

{DA2A5ED7-85BD-40F2-8AA6-24DD4CF27540}

そうだったのです。

この眼鏡のような形は、極めて正確な地図であり、啓示では最初からこの御殿場のアウトレットをピンポイントで指定してきていたのです。

かなり驚きました。

彼らには、私たちの未来のことが明確に、手に取るようにわかるのかもしれません。

ここまで全て啓示の通りです。

後は祝詞を授かればミッション完了となります。

バスに戻って秋山先生に花に虫がとまった写真をお見せすると、

「この花はキク科の春紫苑(ハルジオン)だね。縄文人が死者に備えた花としても知られる、代表的な日本の野草だよ。キク科の持つ意味は霊(火のエネルギーのことも霊と呼びます。)を鎮めるということなんだ。まさに啓示の通りだと思うよ。」

とのことでした。

なんと、縄文人が使者に手向けた花だったとは!

その花の下に縄文石器を埋めるというのもシンクロですね。

意味も、火鎮めそのものであったとは、まさに火と水の仕組みであると感じました。



これはきっと祝詞もスムーズに降りてくるだろうと、リラックスしてバスの中で過ごしていたのですが、結局バスが新宿に到着しても、それらしきものは降りてきませんでした。

参加者の方々を全員見送り、解散となった後も、一向に降りてくる気配がありません。

「あれあれ、ここまでドンピシャなのに、最後だけ無し??」

夕方を過ぎ、時刻もそろそろ夜になろうとしています。

なんだかな~、とは思ったものの、祝詞が降りてこないよ~と、駄々っ子のように待ち続けていても仕方ないので、秋山先生のオフィスに移動し、今回のツアーの振り返りをすることになりました。

今回のコンタクトがいかに神聖で美しいものであったか、宇宙人たちに私たちの想いが通じるということがいかに素晴らしいことであるかなど、2人でしみじみと振り返っていると、いつの間にか祝詞のことなど頭から消えてしまっていました。

ふと、そういえば、新しい自動書記をまだ秋山先生にお見せしていなかったな、と思い出しました。

そこで、

「ところで、今日のお昼に自動書記を描いたのですが。」

とあの自動書記を秋山先生にお見せしたところ、秋山先生は真剣な表情でじっと自動書記を見つめ、無言になってしまったのです。

一体何を言われるのだろう、とドキドキして待っていたところ、驚きの一言が秋山先生の口から発せられたのです。

「この自動書記ね、見ていると言葉が聴こえるんだ。なるほど・・・。これ、ピコイとダイレクトに繋がる祝詞だよ。」

と仰ったのです!

なんと!お昼に描いた自動書記が祝詞だったとは!

もしこれを秋山先生にお見せしていなければ、祝詞だったということはわからないままになってしまっていたでしょう。

秋山先生も

「今というタイミングでなければ読めなかった。本当に全て啓示の通りになったね。」

と喜んでおられました。

そうなのです。

啓示では、「祝詞は秋山先生と一緒に受け取る」と出ていたのです。

これもピッタリその通りになりました。

宇宙存在から、その存在とダイレクトに繋がるカギを渡されることは非常に珍しいのだそうです。

「いやー、僕もとても嬉しいよ。ピコイ(ピコイ自体はエル)はゲル(巨人族)ともペル(グレイタイプ)
とも深く繋がっているから、そこにも繋がれるね。心を静め、○○○と祝詞を唱えてごらん。」

言われたように、やってみました。

すると、すぐに、昨日ピコイや他の宇宙人たちとコンタクトしたあの時に感じた、大きな癒しのエネルギーが、頭上の空間から真っ直ぐ降りてきたのです!

頭の先からつま先まで、ジ~ンと彼らの優しい響きが伝わってきて、全身がそれで満たされていきました。

それはとても感動的な体験でした。

気が付くと、涙を流していました。

彼らの優しさに、愛に、深く深く感動したからです。

みんなで体験したあのコンタクトが、いかに素晴らしい奇跡だったのか、身に染みてよくわかりました。

今回の啓示も、私にショックを与え過ぎないように、でも正確に、様々な角度から考えて、私に一番優しいやり方でもたらされていたのだ、ということも理解出来ました。

神官の務めであるとはいえ、啓示を疑っていた部分があったことも思いだし、涙しながら反省しました。

彼らからの最大限の優しさであったにも関わらず、それを疑ってしまっていたのです。

(審神者するうえで、批判的な眼を持つことも必要です。啓示は全て信じればいい、というわけではないのです。しかし、今回はそういう神官としての心構えよりももっと前のところで、人として彼らの思いに感動し、自然に反省していた、ということです。)

しかし、彼らはそんなことは少しも気にしていない、ということもすぐに伝わってきて、また感動してしまいました笑



こうして、全ての啓示の意味が分かり、祝詞も無事に授けられ、宇宙ミッションが完了したのでした。

本当に素晴らしい時間でした。

秋山先生の

「やっぱり彼らは優しい。」

という言葉が忘れられません。

本当にそうなのだと思います。

真摯に向き合って、心から求めれば必ず答えてくれる。

何故なら、彼らは優しいから。

心からそう思えた、今回のUFOツアーと啓示でした。



今回のお話は、もう少し続きます。

なんと、このピコイから授かった祝詞は、私のパートナーが降ろしたもう一つの啓示に繋がっていたのです。



「UFOツアーと自動書記 その4」に続きます。



読んでいただき、ありがとうございます。



ps.次の記事では、レムリアの話が出てきます。

啓示によって、これまでにはあまり語られたことのない、レムリアの新たな姿が見えてきたのです。

お楽しみに!





☆ガイド拝見もやっています。


こちらも是非、体験してみてくださいね。
 


ガイド拝見の詳細です。


ガイド拝見のお申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにお願い致します。

タカテル
u1234ss@yahoo.co.jp



「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 東京 上級編」を初開催致します!

2016年6月11日(土) 10:00~16:30 です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161774903.html


残席2名です。


参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。

タカテル



「ヒーリングアート瞑想会 東京」を開催致します!

2016年6月12日(日) 

第一部 10:00~14:00(うち一時間はお昼休憩を兼ねたランチ懇親会)

第二部 14:30~17:30 です。


瞑想会の詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161976803.html



第一部はキャンセル待ちとなりました。

第二部ももう少しでキャンセル待ちとなります。

キャンセル待ち及び第二部への参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。


タカテル

☆ガイドスピリットにアクセスするセミナー、今月大阪で開催致します!

「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪」


初級編 2016年6月24日(金)

中級編 2016年6月25日(土)

上級編 2016年6月26日(日)


全日10:00~16:30です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12166318204.html



参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。



タカテル



☆スーパーペンダント シリウス


私の友人の龍さんが開設したホームページから購入出来るみたいです。

宜しければ、ご覧になってみてくださいね。


龍さんのホームページ

http://23sirius.theshop.jp/



下記の記事でもシリウスを紹介しました。


是非読んでみてくださいね。


「甑島への旅 ~オリオンミッション~」

http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11948251087.html




☆2015/4/12に開催し、大好評だった 秋山眞人 中山康直 講演会 「 宇宙船に乗る地球人~UFOを見る時代から、UFOに乗る時代へ~」 のDVD、発売中です!

 
講演をノーカットで全編完全収録した、特別版DVDになっています。

DVD 3枚組で、収録時間はなんと228分間です!

さらに今回秋山眞人先生のご厚意により、DVDをご購入いただいた方に、特別特典として、秋山先生直筆のスペシャルパワーカードをお付けすることになりました!!!(特典は数量限定となるそうです。)

一人一人の波動を読み取って書く、世界に一枚だけのスペシャルパワーカードです。

カードには、秋山先生のサインも入っています!

DVDはスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。


龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://23sirius.theshop.jp/items/1615284






♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



 

☆Facebookもやっています。

 

まだ繋がっていない方、是非こちらでも繋がりましょう。

Takateru Takethefifth

バナーを作成



☆Facebookページを開設しました。
こちらでは、ブログとは異なる角度から様々な情報を発信しています。
是非見てみてくださいね。

 


☆精神世界のランキングです。
多くの方の目に留まるよう、1日1回、ポチッと、クリックお願いします。↓


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

{DF74A941-1321-42F6-B313-4972B6ADBB6C}

お待たせいたしました!

『spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪』募集を開始致します!

毎回色々なドラマが生まれ、私自身も非常に楽しませていただいているのですが、今回は初級編、中級編、上級編と三段階に分けて、より深い内容にまで踏み込むワークを行っていきます!



ガイドにアクセス出来るようになると、目に見えない世界をどんどん身近なものとして感じられるようになっていきます。

精神世界やスピリチュアルな話が好きで、本を読んだり、色々な方のお話を聴いたりして、目に見えない世界が存在するということは理解したものの、中々その実感が伴わない、という方は多いのではないでしょうか。

私もずっとそうでした。

私は、精神世界の考え方や、そこで語られる不思議な話が大好きだったため、たくさん本を読み、色々な方のお話を聴いたりしながら、自分なりに精神世界を探求してきました。

しかし、中々実感が伴わず、いつも心のどこかに、目に見えない世界が存在するということを信じたいけど信じきれない、というジレンマを抱えていたのです。

そんな悶々とした気持ちを抱えながらも、大好きな精神世界の探求を続けていると、ある時から少しずつ不思議な体験が起こるようになってきました。

今、冷静になって考えてみると、それより前にもたくさん不思議な体験をしてきているのですが、それらは全て私の妄想か記憶違いだろうと否定してきていたのです。

身の回りで不思議な体験が起こるようになってくると、少しずつ目に見えない世界の存在を信じられるようになっていったのですが、まだ完全には信じきれていませんでした。

私の中で、目に見えない世界の存在が確信へと変わったのは、自分でガイドを知覚出来るようになってからでした。

ガイドにアクセス出来るようになり、関係性を深めたことで、いつでも、どこにいても、自分の意識次第で、目に見えない世界を知覚することが出来るのだ、ということが実感を伴って理解出来たからです。



ガイドは、文字通り、目に見えない世界を探求するうえでの頼もしい「ガイド」になります。

ガイドにアクセスし、関係性を深めていくと、過去生を見たり、亡くなった方に会ったり、レトリーバル(魂の救出活動)をしたり、色々なことが出来るようになるのです。

そうしたことは、一見すると、私達が生きている三次元の現実世界とは関係の無い世界の出来事のようにも思えますよね。

しかし、目に見えない世界を探求するということは、現実世界をより深く知ることと、明確に関係しているのです。

非物質の世界の存在が自分の中で確信に変わった頃から、そう感じるようになっていきました。

そのあたりの話も、セミナーではわかりやすく伝えさせていただきます。



目に見えない世界を知覚しても、そこで得たものを現実世界に活用しなければ、ただ楽しい夢を見ているようなものかもしれません。

それはそれで一つの楽しみ方なので、否定するつもりは全くありませんが、やはり私達は肉体を持って現実世界を生きているのですから、それを現実世界に活用出来たほうがいいのではないか、と私は考えています。

ですから、ガイドにアクセスし非物質世界を身近に感じてお終い、ではなく、それをいかにして現実世界での生活に活用していくのか、というところまでお伝えさせていただきます。

そうすることが、非物質世界の存在を確信していくということにも繋がっていくのです。



初級編は、ガイドや非物質的な情報にアクセスするのは初めて、又は初めてではないものの、あまり自信が無い、という方など、どなたでも大歓迎なセミナーです。

自分のガイドを知覚し、メッセージを受け取る方法やメッセージの解釈の仕方について、初歩の初歩から実践的にレクチャーしていきます。



中級編では、自分のガイドを知覚出来ている方を対象に、その知覚をより実践的に高め、活用する方法をレクチャー致します。

具体的には、お互いのガイドを観てメッセージを伝え合うことはもちろん、3次元の現実の中に現れているメッセージをどのように解釈するのかということについて、詳しくレクチャーしていきます。

ガイドメッセージは、変性意識に入って受け取るものだけが全てではありません。

常日頃から、まるで空から水が降り注ぐかのように、一時も途切れることなく毎瞬毎瞬私たちの現実に供給されているのです。

非物質でメッセージを知覚し、3次元の現実の中からもメッセージを受け取ることが出来ると、情報のディテールがよりはっきりしてきます。

非物質情報を受け取る場合、その受け取り方の多くが、俗に「浮かび」と呼ばれる「脳内視(ビジョン視)」に頼っています。

霊視の資質を持つ方の場合は、脳内視ではなく肉眼で非物質情報を知覚することもありますが、いずれにせよ、「視る」という感覚に大きく頼っているのです。

私もずっとそうでした。

確かに「視る」ことは基本かもしれません。

しかし、様々な探求を続けていく中で、それだけが非物質知覚ではない、と気付いたのです。

現在では、ガイド拝見などでリーディングを行う際に、「視る」感覚だけでなく、体に現れるサインや3次元の現実に現れるメッセージも組み合わせ、より多角的に情報を読み取るよう心がけています。

その結果、情報の受け取りがスムーズになり、現実との擦り合わせも容易になってきたうえ、その厚みがどんどん増してきたのです。

中級編で特にレクチャーしたいのは、この手法です。

より現実的にガイドからのサポートを感じることが出来ると思います。



上級編では、リーディングの奥の院にあたる、俯瞰的かつ立体的なリーディングをレクチャーします。

俯瞰的かつ立体的に観る、とは「相手」や「相手の霊的情報」だけを読むのではなく、「相手の人生の幸福」というところにフォーカスをあてて、それをサポートするリーディングを行っていく、ということを示します。

社会は大きく変わりつつあり、「幸福とは何か」ということを一人一人が改めて突き付けられているのが、今の世の中なのではないでしょうか。

この上級編で学ぶ内容は、「幸福とは何か」というテーマをつかむうえで、非常に強力なサポートになるものです。

リーディングのスキルや質の大幅な向上がメインですが、コアなテーマはそこにあるのです。

「リーディング」と一概に言っても、その深さや見ている視点の広さは、人によって千差万別です。

相手の方の葛藤や体の状態などを、スピリチュアルな視点から見抜いてアドバイスをすることは、ある程度練習を積み重ね、知覚が開いてきた方であれば、さほど難しいことではありません。

勿論それは素晴らしいことですし、相手の方にとっては気付きのきっかけにもなり得ます。

それを求めている人にとっては非常に重要なことであり、それらの情報を用いて伝え方を考慮したうえで、現実的に相手の方にアドバイスをすることで、相手の方は、伝えられた情報を自分の人生を生きる活力とすることが出来るでしょう。

とっても素敵なことですよね。

しかし、もし、相手の方が不幸に向かってしまっている場合、それらのリーディング情報だけで、その人の人生を幸福に導いていくのは至難の業なのです。

何故そうなのかというと、「幸・不幸」という概念は非常に抽象的なものであり、人によって様々に異なるものであるためです。

絶対に無理だというわけではありませんが、それらのリーディング情報のみで適切なアドバイスをするためには、リーディングの能力だけでなく、かなりの経験と知識を必要とします。

たくさんの方を観させていただくことと、知識を深めていくことは当然大切なのですが、「相手の人生の幸福」という深いテーマになった場合、前述の情報を読み取る角度とは別の見方を必要とするのです。

上級編では、俯瞰的な情報を読み取ったうえで、極めて現実的かつ適切なアドバイスをするというリーディング手法をお伝えしていきます。

上級編ですので、初級中級と参加されていることが望ましいのですが、基礎から丁寧に解説しますので、上級編からのご参加も大歓迎です。



初級編、中級編、上級編と続けてご参加いただくことで、チャネリングやリーディングなどを全く学ばれたことの無い方でも、ガイドスピリットにアクセスし、その情報を他者と共有する方法を一通りマスターしたうえ、それを極めて現実的な手段で相手の幸福に貢献するよう伝えることが出来るという、
プロフェッショナルなリーディンガー(ガイドメッセンジャー)を養成することが可能なプログラムになっています。

初級編、中級編、上級編いずれか1日だけのお申し込みも可能です。

日常の中でもガンガン活用出来るようにレクチャー致しますので、ガイドのメッセージやリーディング情報をあらゆるシーンで活用してみてくださいね。

オリジナルのテクニックに加え、秘伝書など一般には出回っていない超マニアックな文献や、ガイドスピリットや守護霊や宇宙人や天使等の非物質存在達から学んだ知識・技術もわかりやすくお伝えします。

既にプロのチャネラーとして活躍されている方であっても、自身を持ってお勧めできる、目から鱗の内容だと思います。

分かりやすく丁寧に、かつ楽しくお伝えしていきますので、ご安心くださいね☆

どなたでもお気軽にご参加ください。

ご自分のガイドと繋がって、目に見えない世界を探求してみてください。

楽しい体験とともに、たくさんの気付きがありますよ。



<spiritual-b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪 初級編>



日付:
2016年6月24日(金)



時間:
10:00~16:30を予定しております。



場所:
大阪府内某所
詳しい住所などは、別途メールにてご連絡させていただきます。



参加費:
2万円
お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。



参加人数:
しっかりレクチャーさせていただきたいため、先着10人までとさせていただきます。
定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。



募集開始日:
今日から行っております。



ワーク説明:
まず、ガイドとは一体どんな存在なのか?というお話から、私の体験や経験に基づく知識などをお伝えさせていただきます。
それから実際に、ご自分でガイドとつながっていただき、メッセージを受け取ります。
さらに、受け取ったメッセージの解釈についてもレクチャーさせていただく、というワークです。
かなり実践重視のワークになりますので、適宜シェアタイムも設けていきます。
このワークは私のオリジナルワークがメインですが、ヘミシンクCDを使う内容もあります。



懇親会:
セミナー終了後には、懇親会の開催を予定しています。
こちらも、時間や場所などは、別途ご連絡致します。



☆参加をご希望の方は、私、タカテルまで、メールをお願い致します。


タカテル

u1234ss@yahoo.co.jp




<spiritual-b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪 中級編>



日付:
2016年6月25日(土)



時間:
10:00~16:30を予定しております。



場所:
大阪府内某所
詳しい住所などは、別途メールにてご連絡させていただきます。



参加費:
2万円
お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。



参加人数:
しっかりレクチャーさせていただきたいため、先着10人までとさせていただきます。
定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。



募集開始日:
今日から行っております。



ワーク説明:
「視る」だけに頼らないガイドメッセージの多角的な受け取り方についてレクチャーするワークです。
現代的な非物質アクセス法と、古代から伝承されてきた霊術のコラボレーション的な内容になっています。
かなり実践重視のワークになりますので、適宜シェアタイムも設けていきます。
このワークは私のオリジナルワークがメインですが、ヘミシンクCDを使う内容もあります。



☆参加をご希望の方は、私、タカテルまで、メールをお願い致します。


タカテル

u1234ss@yahoo.co.jp




<spiritual-b-boy タカテル ガイドセミナー 大阪 上級編>



日付:
2016年6月26日(日)



時間:
10:00~16:30を予定しております。



場所:
大阪府内某所
詳しい住所などは、別途メールにてご連絡させていただきます。



参加費:
2万円
お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。



参加人数:
しっかりレクチャーさせていただきたいため、先着10人までとさせていただきます。
定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。



募集開始日:
今日から行っております。



ワーク説明:
リーディングの奥の院である、「相手の人生の幸福」という深いテーマを読みとる技法をお伝えします。
現実的に使える情報を俯瞰的な視点からとっていきます。
まずリーディングの概要を解説し、その後実際に読み取るということを繰り返し行っていきます。
かなり実践重視の内容になりますので、適宜シェアタイムも設けていきます。
このセミナーは私のオリジナルワークがメインですが、ヘミシンクCDを使う内容もあります。



懇親会:
セミナー終了後には、懇親会の開催を予定しています。
こちらも、時間や場所などは、別途ご連絡致します。



☆参加をご希望の方は、私、タカテルまで、メールをお願い致します。


タカテル

u1234ss@yahoo.co.jp




皆様にお会いできますことを、心より楽しみにしております。



読んでいただき、ありがとうございます。





☆ガイド拝見もやっています。


こちらも是非、体験してみてくださいね。
 


ガイド拝見の詳細です。


ガイド拝見のお申込み、お問い合わせは下記のメールアドレスにお願い致します。

タカテル
u1234ss@yahoo.co.jp



「spiritual b-boy タカテル ガイドセミナー 東京 上級編」を初開催致します!

2016年6月11日(土) 10:00~16:30 です。


セミナーの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161774903.html


残席4名です。


参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。

タカテル



「ヒーリングアート瞑想会 東京」を開催致します!

2016年6月12日(日) 

第一部 10:00~14:00(うち一時間はお昼休憩を兼ねたランチ懇親会)

第二部 14:30~17:30 です。


瞑想会の詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12161976803.html



第一部はキャンセル待ちとなりました。

第二部ももう少しでキャンセル待ちとなります。

キャンセル待ち及び第二部への参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。


タカテル

☆長野の宇宙アーティストYumiさんと2DAYSのコラボイベントを開催致します!

「タカテル & Yumi ギャラクティックコラボレーション in長野」

2016年6月4日(土)と2016年6月5日(日)です。


イベントの詳細です。
http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-12156545758.html



参加を希望される方は、私タカテルまで、お早目にメールをお願い致します。



タカテル



☆スーパーペンダント シリウス


私の友人の龍さんが開設したホームページから購入出来るみたいです。

宜しければ、ご覧になってみてくださいね。


龍さんのホームページ

http://23sirius.theshop.jp/



下記の記事でもシリウスを紹介しました。


是非読んでみてくださいね。


「甑島への旅 ~オリオンミッション~」

http://ameblo.jp/spiritual-b-boy/entry-11948251087.html




☆2015/4/12に開催し、大好評だった 秋山眞人 中山康直 講演会 「 宇宙船に乗る地球人~UFOを見る時代から、UFOに乗る時代へ~」 のDVD、発売中です!

 
講演をノーカットで全編完全収録した、特別版DVDになっています。

DVD 3枚組で、収録時間はなんと228分間です!

さらに今回秋山眞人先生のご厚意により、DVDをご購入いただいた方に、特別特典として、秋山先生直筆のスペシャルパワーカードをお付けすることになりました!!!(特典は数量限定となるそうです。)

一人一人の波動を読み取って書く、世界に一枚だけのスペシャルパワーカードです。

カードには、秋山先生のサインも入っています!

DVDはスーパーペンダント シリウス を販売してくださっている、友人の龍さんが販売してくださることになりました。


龍さんのホームページにアクセスしてみてくださいね。

http://23sirius.theshop.jp/items/1615284






♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪



 

☆Facebookもやっています。

 

まだ繋がっていない方、是非こちらでも繋がりましょう。

Takateru Takethefifth

バナーを作成



☆Facebookページを開設しました。
こちらでは、ブログとは異なる角度から様々な情報を発信しています。
是非見てみてくださいね。

 


☆精神世界のランキングです。
多くの方の目に留まるよう、1日1回、ポチッと、クリックお願いします。↓


スピリチュアル ブログランキングへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ダンスへ

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。