人生最高の運気へあげるブログ「悟りの言霊」

運命や運気、人生を形創っているあなたとこの宇宙の仕組みを知っていますか?
「悟り」の意識と運命や運気の好転とは深い関係があります。
人生最高の運気へ上げるためのその方法。
この宇宙とあなたが存在する限り、決して変わることのないこの世界の仕組みです。


テーマ:


こんにちは、天地光明です。



「子どもと親との感覚的な共有は平均して5割」です。



昔から現在に至るまで、
常に良くある質問があります。



「子どもにこうなってほしい」


これは親御さんであればもっともな希望ですね。


片付けが出来るようになってほしい。


集中して取り組めるようになってほしい。


積極的に取り組めるようになってほしい。


などなど人間社会での生活として、
必要な資質をもっと磨いてほしいというのが、
みなさんに共通してある願いのようです。



そしてとても興味深いことに、


子どもにそう願っている親も、
実はつきつめてみると、
そのことについて同じく苦手としていることです。




・伝えるということ


以前にもお話したと思いますが、
伝えるということは、
言葉ではなく、伝える側が持っている、
その事柄について体得しているその深さがそのまま伝わります。


ですから話す人によって、
相手への伝わり方も、ニュアンスも、
まったく異なるものになるのでしたね。


そして親と子どもは、
常に潜在意識の感覚が半分繋がっています。


これは家族特有の場(意識の倉庫)を共有しているからです。



家族ごとに特有の空気感、
価値観があるのは、
家族ごとに感覚を共有して、
ひとつの領域を作っているからなのですね。



ですから、
家族ごとに根底に流れているものは
どこかみんな似ているはずです。


すると大抵、
自分が苦手としているもの(積極的に磨いていない物)は、
子どももその場を共有していますので、
その傾向が似てしまうのです。



・相手を変えるには、まず自分から


よくそのように言われますが、

これは自分の内面が現実化している側面である、
「思考現実化の法則」と、

親子関係の場合は特に、
「潜在意識の場の共有」が理由として存在しています。



子どもにこうなってほしい。



という願いが効率的に身を結ぶためには、
あなたがまず率先して、
コントロール自在の感覚になるまで
その事柄について磨くことです。



するとその感覚は子どもに伝播しますので、
子どもも無意識的に取り組みやすくなります。



あなたの身の回りに起こる出来事の原因のほとんどは、
思考は現実化するというように、
自分自身にも隠れているものです。



みんなが幸せでありますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「☆ 教えるということ」 の記事

テーマ:


こんにちは、天地光明です。


教えるというのは、単に物事の道理を言語で教えているのではなく、
本質的には自分がその物事から学び取った感覚を心から心へ伝達している作業です。


それは、綺麗ごとを並べている人を見ると感覚で薄っぺらいのが分かるように、
教えるということは言語そのものよりも、その人の奥にある感覚をぶつけているようなもの。


言語も感覚もそれぞれ波動、情報エネルギーですから、機械的に口から出る情報と、
あなたの本質である魂から発する情報とでは、重さと細かさが全く異なることは明らかですね。

人生の修羅場をくぐり抜けてきた人の方が説得力があるのは、
魂でその体験から学んだことを発することができるから。


そういう意味で、

親は自分以上のことを子に伝えられません。

上司は自分以上のことを部下に伝えられません。

自分が普段している以上のことを相手に伝えることは出来ません。


自分が出来ていない、学んでいないものを相手に言うということは、
表面的にはうまく伝えられても、本質的な感覚の部分までは伝えることが出来ません。


自分が率先して学び行動することがより深く周りに伝わり、子、家族、組織、社会の底上げになります。

いくら情報化社会と言っても、教えるという根本的な仕組みは一切変わることがありません。


あなたは周りの伝えたい人のために、普段自分で何を磨き、どのように学んでいますか?


みんなが幸せでありますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)