人生最高の運気へあげるブログ「悟りの言霊」

運命や運気、人生を形創っているあなたとこの宇宙の仕組みを知っていますか?
「悟り」の意識と運命や運気の好転とは深い関係があります。
人生最高の運気へ上げるためのその方法。
この宇宙とあなたが存在する限り、決して変わることのないこの世界の仕組みです。


テーマ:


あなたの運命を好転させる、天地光明です。



由緒あるお寺の、ある若い僧侶さんと、こんな話題になりました。


僧侶さん 

「どんなものにも感謝するんだよ、といっても、
小学生や中学生には、難しいと思うんです。

ですからまずは、「感謝をする」ではなく、
どんなものも、「好きになるんだよ」という
単語を使ってお話をしたのですが、説明していて何か、違和感がありました」



私 

それは、好きという単語自体が、ジャッジを含んでいるからですね。

好きが生じるということは、同時に、嫌いが生じます。

つまり、好きには、嫌いという要素が、
予め盛り込まれていますので、使っていて違和感があったのでしょうね」



僧侶さん

「あ、確かにそうですね。納得しました」




「ただ、それでいいんです。

好きから学び初め、すると必ず、他に嫌いが生まれます。

好きのたびに、嫌いが生まれる。


これをずっと繰り返すと、好きと嫌いの繰り返しに疲れ、とても嫌になります。


嫌いが生まれることに嫌になると、
そこで初めて、好きという感覚から執着が抜けます。


すると、「好き」という感覚から、
今度は「 愛 」に移行します。



そのようにして、感情や感覚が、
段階を追って、徐々に養われていくのです。


学びというのは、ジャンプできません。

段階を追って進んでいくものです。


みんなが幸せでありますように。




↓ 応援、ありがとうございます!



「自信が無いんです」

と一言でいっても、実は自信の無さの原因には、
3つのケースが存在しています。


(9月9日まで、1日1票の愛の徳積み、
「投票する」をポチッと、ありがとうございます!)



天地光明

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは、天地光明です。


あなたの人生の、幸せの指標の一つに、


「満足感」


というものがあるでしょう。



人は誰でも、不満足から満足へ向かうために、
世の中がさらに便利になり、進化を続けてきましたし、

そのように、あなたも欲求が働いているでしょう。



ただ、大切なことが一つあります。


物の便利さによって、
不満足から満足への階段を上ってきましたが、

本来の満足とは、物の便利さからは得られないことです。



あなたがいくら、豊かな物に囲まれたからといって、
満足と感じたとしても、

いずれその満足感に飽きて、物は足りているのに、
なぜかその心は、また不満足を訴えるようになるでしょう。



それはなぜでしょうか?



それは、そもそもあなたの心は、
何かをしなければ、不満足になるわけではないからです。



少し説明が必要ですね。



あなたの心は、あなたが何かを欲したり、
何かに執着をしたときに、
初めてそこから、不満足感が生まれます。


それは、得たいものが実際は、
得られていないのですから、当たり前ですね?


そのあなたが欲する感覚、
あなたが何かに、または誰かに、
または誰かに何かを執着する感覚。

その強さに比例して、不満足感は、生み出されている。ということです。



あなたが人生で、本当の満足感を得るためには、
なにかを欲して行動し、それに飽きてまた行動する、
という、終わりの無いサイクルよりも、


今あること、本当は当たり前ではない日常に対して、感謝をすること。


足るを知ること。


それができた深さに比例して、
あなたは、物では決して得られない、

本当の満足感に到達します。



そしてあなたの、感謝の深さ、
足るを知った深さに比例して、

「幸せ」

はその時点で、あなたの中に溢れるのです。



その溢れた感謝、満足感、幸せ感に比例して、
「類は友を呼ぶ」というように、

同じ波長の現実が、あなたのもとにやってきます。



物事があなたを満足させるから、あなたは幸せになるのではありません。


あなたがまず、感謝から足るを知り、
心が平穏で、満たされ、幸せになるから、

そのような現実と、未来があなたのもとに、引き寄せられてくるのです。



みんなが幸せでありますように。




↓ 応援、ありがとうございます!

(先入観と直感力の見分け方)

(9月9日まで、1日1票の「投票する」をポチッと、ありがとうございます!)



天地光明

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは、天地光明です。


先日、クライアントの方から、「常に清流のようでありたい」というお話がありました。




「私の気持ちの中で、キレイな川になっては、きたんだけれども、たまに“ にごり水 ”が流れるんですよね。

その“ にごり水 ”もなかったらいいなぁ~。キレイな水だったらいいなぁ~。」



そうですか。 ……。


四万十川は、日本で1番キレイな川と言われていますけれども、雨が降っても清流ですか?



「いや、そうではないです」



そうですね、それが普通です。

人は生きている以上、感情や感覚が動いて当然です。


四万十川のような、どんなにクリアな清流であっても、雨が降れば、水も濁るのです。



>その“ にごり水 ”もなかったらいいなぁ~。

というのは、ご自分の中に、“ にごり水 ”は良くないという基準を、ご自分で定めているからですね?



「確かにそうですね」




でも良く考えてみてください。



雨が降った後の、“ にごり水 ”ほど、山からの栄養を、たっぷり含んでいるのですよ。



ということは、その“ にごり水 ”が、ご自分の中で流れた、ということは、今のあなたに必要な、気付きがあるということですね。



あぁ、自分の中に、“ にごり水 ”が流れた。
あぁ、こういう捉え方をしたからだ。



そう考えると、その“ にごり水 ”は、自分の成長にプラスになりますね?


ですから今の段階では、“ にごり水 ”は有難い、と思ったほうがいいと思います。



そういう気づきを繰り返していくことによって、いずれ、“ にごり水 ”になる頻度が少なくなっていきます。



「あぁ、そうなのですね」




ですから今は、“ にごり水 ”とは、今の私にとって、まさに必要な気づきを含んだ、栄養たっぷりの瞬間。

それは有難いものなんだと、…その基準を持たれると、いいと思うのです。



なぜなら、“ にごり水 ”が流れませんと、山の栄養をたっぷりと含んだ水が流れませんから、海の魚が育ちませんね。

雨が降って、養分が川に流れて、海の生き物が育っている。

その養分をたっぷり含んだ水とは、まさに“ にごり水 ”ですね。



人間も同じことです。

日常の“ にごり水 ”の中に、今の私たちに必要な、気づきがそこにある。


その“ にごり水 ”のほとんどが、今の私たちの捉え方、潜在意識の思考現実化、行動と結果の法則の、「結果」の部分を反映しているからですね。


ですから起きてしまった、その“ にごり水 ”への私たちの捉え方は、私たちの未来を左右する、とても大きな気づきと学びが含まれている、ということですね。



「よく、分かりました」



だからといって、わざわざ、“ にごり水 ”を無用に求めないでくださいね。


求めなくても、生きていれば色々あります。

その色々とある中で、私たちの中に“ にごり水 ”が流れる時がくれば、凛々しく向き合いましょう。



“ にごり水 ”を無用に求める心は、修行体質といって、ありもしない問題を、自ら大問題にしてしまうクセになります。


これは人生において、とても損をする「想いグセ」になりますから、注意してください。




みんなが幸せでありますように。


天地光明



「人生がみるみる好転していく、魔法の本」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)