人生最高の運気へあげるブログ「悟りの言霊」

運命や運気、人生を形創っているあなたとこの宇宙の仕組みを知っていますか?
「悟り」の意識と運命や運気の好転とは深い関係があります。
人生最高の運気へ上げるためのその方法。
この宇宙とあなたが存在する限り、決して変わることのないこの世界の仕組みです。


テーマ:


こんにちは、天地光明です。


先日、クライアントの方から、「常に清流のようでありたい」というお話がありました。




「私の気持ちの中で、キレイな川になっては、きたんだけれども、たまに“ にごり水 ”が流れるんですよね。

その“ にごり水 ”もなかったらいいなぁ~。キレイな水だったらいいなぁ~。」



そうですか。 ……。


四万十川は、日本で1番キレイな川と言われていますけれども、雨が降っても清流ですか?



「いや、そうではないです」



そうですね、それが普通です。

人は生きている以上、感情や感覚が動いて当然です。


四万十川のような、どんなにクリアな清流であっても、雨が降れば、水も濁るのです。



>その“ にごり水 ”もなかったらいいなぁ~。

というのは、ご自分の中に、“ にごり水 ”は良くないという基準を、ご自分で定めているからですね?



「確かにそうですね」




でも良く考えてみてください。



雨が降った後の、“ にごり水 ”ほど、山からの栄養を、たっぷり含んでいるのですよ。



ということは、その“ にごり水 ”が、ご自分の中で流れた、ということは、今のあなたに必要な、気付きがあるということですね。



あぁ、自分の中に、“ にごり水 ”が流れた。
あぁ、こういう捉え方をしたからだ。



そう考えると、その“ にごり水 ”は、自分の成長にプラスになりますね?


ですから今の段階では、“ にごり水 ”は有難い、と思ったほうがいいと思います。



そういう気づきを繰り返していくことによって、いずれ、“ にごり水 ”になる頻度が少なくなっていきます。



「あぁ、そうなのですね」




ですから今は、“ にごり水 ”とは、今の私にとって、まさに必要な気づきを含んだ、栄養たっぷりの瞬間。

それは有難いものなんだと、…その基準を持たれると、いいと思うのです。



なぜなら、“ にごり水 ”が流れませんと、山の栄養をたっぷりと含んだ水が流れませんから、海の魚が育ちませんね。

雨が降って、養分が川に流れて、海の生き物が育っている。

その養分をたっぷり含んだ水とは、まさに“ にごり水 ”ですね。



人間も同じことです。

日常の“ にごり水 ”の中に、今の私たちに必要な、気づきがそこにある。


その“ にごり水 ”のほとんどが、今の私たちの捉え方、潜在意識の思考現実化、行動と結果の法則の、「結果」の部分を反映しているからですね。


ですから起きてしまった、その“ にごり水 ”への私たちの捉え方は、私たちの未来を左右する、とても大きな気づきと学びが含まれている、ということですね。



「よく、分かりました」



だからといって、わざわざ、“ にごり水 ”を無用に求めないでくださいね。


求めなくても、生きていれば色々あります。

その色々とある中で、私たちの中に“ にごり水 ”が流れる時がくれば、凛々しく向き合いましょう。



“ にごり水 ”を無用に求める心は、修行体質といって、ありもしない問題を、自ら大問題にしてしまうクセになります。


これは人生において、とても損をする「想いグセ」になりますから、注意してください。




みんなが幸せでありますように。


天地光明



「人生がみるみる好転していく、魔法の本」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「☆ 一問一答」 の記事

テーマ:


こんにちは、天地光明です。


人は、ふとした掛け違いが、
とても大きな開きを、未来へ残します。



先日、あるクライアントさまのセッションをしていたところ、

「潜在意識の荷物は無いのに、不快感が多い」という場面に遭遇しました。


すでに2回セッションしていますので、大きな荷物は無くなっている状態です。


でも結果的に、不快感が多い物事があるのです。



それは、

「集団生活が苦手」

「理想の結婚相手を探す行動ができない」

でした。


よくよくお調べしてみると、根となる部分に、


「問題(ストレス)は起きないことが、当たり前」(問題が起きることは、異常な状態である)

「結婚相手は、相思相愛なもの」


という基準が存在していたのです。


でもよく考えてみると人は、
そもそも酸素を吸えば、体が酸化し、
体にとってはストレスです。

でもそれが、自然です。


重力は体にとって、負荷(ストレス)ですが、
それに耐えられる筋力があれば、いいわけですから、
重力自体は、自然なことです。



「問題は起きないことが、当たり前」なのではなくて、
生きている限り、常に体は問題だらけ。

重要なのは、それに耐えられる体力、
適切に浄化される、体のしくみが、
人や生命にはそもそも、備わっているわけですね。


ですから、

「問題は常にいつも、起きている。
それに対して、どのように解決を
図っていくかによって、あなたの今の
人生での心、魂の成熟度が決まっていく」


という風に、捉え方、基準を差し替えたのですね。


すると、今まであった、集団行動に対しての不快感は、いとも簡単に、消えて無くなったのでした。



そして、

「結婚相手は、相思相愛なもの」


これに関しては、人はそもそも
生まれてくる仕組みにおいて、
心、魂の荷物が共鳴、共振する家族に生まれ、
共鳴、共振する仲間に囲まれて人生を送ります。

それらをお互いに刺激しあいながら、
最適に手放していくことによって、
生まれてきた第一の使命、
心、魂には本来は無い、荷物を手放して、
本来の状態へと戻っていくことが、自然に果たされていくのです。


と考えると、周りを見渡せば分かるように、
初めから相思相愛な夫婦は、全体の数%にも満たない。

というのが、事実です。


つまり、合わないから、夫婦となって、
よりお互いに磨かれ、荷物がはぎ取られ、
心、魂の距離が近くなり、
結果的に、相思相愛になっていく。


というのが、自然なプロセスです。


そしてこれは実際に、どの家庭でも、
当たり前のように、起こっている事実です。



とすると本質的には、

「結婚相手は、初めは合わない部分があって、当たり前」

となります。


その紛れもない事実に立ったときに、
あるクライアントさまが抱えていた、
不快感は、跡形もなく、氷解していったのでした。



人生は、あなたがどのような捉え方を、
基準としているかによって、未来は
大きな開きを持って、あなたへ、
その捉え方を反映した現実を、差し出しているのですね。



みんなが幸せでありますように。


天地光明



「人生がみるみる好転していく、魔法の本」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)