人生最高の運気へあげるブログ「悟りの言霊」

運命や運気、人生を形創っているあなたとこの宇宙の仕組みを知っていますか?
「悟り」の意識と運命や運気の好転とは深い関係があります。
人生最高の運気へ上げるためのその方法。
この宇宙とあなたが存在する限り、決して変わることのないこの世界の仕組みです。


テーマ:


こんにちは、天地光明です。



2013年も残りあとわずか1日ですね。


今年も大変お世話になりました。


来年もどうぞよろしくお願いいたします。



人生の価値は様々ですが、
宇宙から見た際の人生の価値ははっきりしています。


いかに現在の人生において、


・あなたの魂が輝いたか

・あなたの周りの魂が輝いたか



何を成し遂げたかには一切の価値はありません。


なぜなら宇宙は物事にジャッジをしませんので、
善いも悪いもありませんから、

結果あなたの本質と、
あなたの周りの本質がいかに輝いたか?

のみに集約されています。


輝かせ方は何をしてもいいのですね。


別の言い方をすれば、
どのようなことをしていようが、
どのような役割を持っていようが、
現代社会的に言ってキャリアがあろうが無かろうが、
あなたの人生の最終的な価値には一切関係ありません。



感謝と愛情をベースとして凛々しい生き方をしている人は、
それだけで人生において素晴らしい価値を生み出しているということですね。


そこに、

・いかにあなたの魂も輝いたか?

・いかにあなたの周りの魂も輝いたか?


その深さ、そして数の合計が、
宇宙から見たあなたの人生全体の最終的な価値です。



そして現在までに生み出した価値と、
あなたの現在の全体の運気は正比例しています。


2013年はあなたにとっていかがでしたか?


そして2014年はさらにどのような年にされたいですか?


キーワードはやはり感謝と愛情です。



来年もあなたにとってさらに素晴らしい年になりますように。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは、天地光明です。



「自信がない」と感じている人は近頃、
非常に多くいらっしゃると感じます。


それはまるで、
自分自身の現在の本当の姿であるかのように、
感じてしまうものです。


でも実はそれはすべて、
単なる潜在意識下の足かせです。



そもそも「自信がない」とはどういう状態でしょう?


何かをしていないから、自信がないのでしょうか?

何かをできないから、自信がないのでしょうか?

何かをまだしたことがないから、自信がないのでしょうか?


実際は、


「良く分からないけど、自信がない感覚が奥底にずっとある」


です。



それはあなたがまだ子どもだった頃のことを
思い出してみれば分かるでしょう。


あなたがまだ小さい頃、
自分で出来ることは今と比べると非常にわずかで、
ほとんどが出来ないことばかりでしたね?


では小さい頃のあなたは、
今よりも相当自信が無かったでしょうか?




自分で出来ることがまだほんの少ししかなかったのならば、
何かを出来ないから自信が無いのだとすると、
相当な自己不信に陥っていなければいけません。


でも実際は、何かを出来る出来ないに関わらず、
子どもの頃のあなたは自信満々だったはずです。




それはつまり、
実際に今のあなたが何かをできるできないのと、
自信のある無いは
本当は無関係だということです。


本当のあなたの中の自信の無さの原因は、
潜在意識に存在する、
過去から知らずに積み重ねられていった、
単なるいらない荷物のせいです。



それをクリアにすると、
自信があるとか無いとか、
その範囲からあなたはようやく抜け出すことができます。



それはまるであなたが子どもだった頃のように、
何かを出来ても出来なくても、
何に対してもワクワクして取り組める状態に戻ります。




つまりそれは、
種を蒔けば自然と芽が生えてくるように、
本当のあなた自身は気を張らなくても
自然にプラスの本質そのものだということです。


 
みんなが幸せでありますように。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:


こんにちは、天地光明です。



「子どもと親との感覚的な共有は平均して5割」です。



昔から現在に至るまで、
常に良くある質問があります。



「子どもにこうなってほしい」


これは親御さんであればもっともな希望ですね。


片付けが出来るようになってほしい。


集中して取り組めるようになってほしい。


積極的に取り組めるようになってほしい。


などなど人間社会での生活として、
必要な資質をもっと磨いてほしいというのが、
みなさんに共通してある願いのようです。



そしてとても興味深いことに、


子どもにそう願っている親も、
実はつきつめてみると、
そのことについて同じく苦手としていることです。




・伝えるということ


以前にもお話したと思いますが、
伝えるということは、
言葉ではなく、伝える側が持っている、
その事柄について体得しているその深さがそのまま伝わります。


ですから話す人によって、
相手への伝わり方も、ニュアンスも、
まったく異なるものになるのでしたね。


そして親と子どもは、
常に潜在意識の感覚が半分繋がっています。


これは家族特有の場(意識の倉庫)を共有しているからです。



家族ごとに特有の空気感、
価値観があるのは、
家族ごとに感覚を共有して、
ひとつの領域を作っているからなのですね。



ですから、
家族ごとに根底に流れているものは
どこかみんな似ているはずです。


すると大抵、
自分が苦手としているもの(積極的に磨いていない物)は、
子どももその場を共有していますので、
その傾向が似てしまうのです。



・相手を変えるには、まず自分から


よくそのように言われますが、

これは自分の内面が現実化している側面である、
「思考現実化の法則」と、

親子関係の場合は特に、
「潜在意識の場の共有」が理由として存在しています。



子どもにこうなってほしい。



という願いが効率的に身を結ぶためには、
あなたがまず率先して、
コントロール自在の感覚になるまで
その事柄について磨くことです。



するとその感覚は子どもに伝播しますので、
子どもも無意識的に取り組みやすくなります。



あなたの身の回りに起こる出来事の原因のほとんどは、
思考は現実化するというように、
自分自身にも隠れているものです。



みんなが幸せでありますように。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)