こだわり100回

自己満足の世界。俺が勝手に吠えるところ。


テーマ:
この記事で通算999回目。すなわち、次回の更新で1000回到達となるわけです。
この一週間、この1000回をどうしようか考えてるうちに過ぎてしまいました。ホントはすぐに更新したかったけど、忙しくてゆっくり考える時間がなかったんです。

結局どうするか考えた結果やけど、ひっそりとしておきます。気合い入れて企画ものをする時間もないしね。ここで温存中の企画を使うのもちょっと違う気がするので。

で、この一週間で一番嬉しかったこと。
先週の水曜にMusicianshipのクラスでテストがありました。それが金曜に返ってきて、なんとクラスの上位3人に入ってた。
音楽を一から勉強し始めたのがアメリカに来て1年経ったくらいのときやったから、今でちょうど2年くらいかな。当時はsolfegeに苦しみ、key signatureに苦しみ、intervalなんて何の事やらさっぱりわかりませんでした。それから必死に勉強してきて、今こうやって他の生徒と遜色ないくらいのレベルまで上がって来れたわけです。そして振り返ると、急に長い道が見えた。
今学期のmusicianshipは今までよりはるかに難しいのであまり自信がなかったけど、今回の結果で今まで積み上げてきたものが正しかったのかなと思えました。

<今日の一曲>
The Killers / Read My Mind
何度聴いても良いです。この雰囲気は最高。もうすぐThe Killersのアルバムが出ますね。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
少し特殊な音楽ビジネスを勉強してても、それも所詮はビジネスなんです。だから普通のビジネスのことも知っておかないといけないわけです。そんなことを考えたので一年くらい前からビジネスの本を読んだり、ビジネス系のサイトを見たりしてます。といっても何から手を付けていいかわからないし、近い将来どういう事をするのかわからないので、とりあえず広く、浅くね。
そのお陰かどうかはわからないけど、最近こういう会社に勤めたいなとか、作るのならこういう会社を作りたいなというのが見えてきました。どういうことをやってるかいうのではなくて、会社の方向性、ポリシーの面で。日本の音楽業界のことをほとんど知らないので、その考えが受け入れられるかとかはわからないけど、楽しそうだなとは思います。

全て漠然と書きましたが、勘弁。

<今日の一冊>
「タンポポの国」の中の私 / フローラン・ダバディー

タンポポ

このブログでも前に書きましたが、高校の時に読んで人生が変わりました。この本を読んでなかったら今アメリカにいないし、世界に目を向けることもなかったでしょう。初版が2001年と7年前になりますが、まだ読んでない人は今読んでも新しい考えをもたらしてくれるのではないでしょうか。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
一般的に、ミュージシャンもしくは音楽家という職業をやってる人たちは格好いいと認識されています。しかし、どこに魅力を感じるかというのは人それぞれ。ギターを弾く姿が格好いいと思う人もいれば、綺麗な歌声を格好いいと思う人もいるし、単にルックスが格好いいと言う人もいます。
俺はここ数年でクラシックに傾倒してから、作曲家に強い憧れを感じます。ベートーベン、バッハ、ワーグナー、もちろんラフマニノフも。みんな格好いい。なぜかというと、彼らはちゃんと勉強して曲を書いたからです。理論、作曲、ピアノ、その他全てをかっちりと学んだ上で、傑作と言われる曲を書き続けた。その真面目に勉強するという姿勢に共感するし、憧れます。もちろんそこに才能という要素が加わるけど、逆に言えば才能がある人でも勉強しないとその才能を開花させることができないということです。
大作曲家達へのちょっとした憧れが、俺を勉強に駆り立てるのです。

<今日の一冊>
Music for Sight Singing

sight singing

こんな本のことを書いても誰も興味持たないのは分かりきっています。
中身は文章なしの、ひたすら音符が書いてあるだけの本。Owenのころに散々使って鍛えられました。リズムを取るのがが苦手だったので、今の学校に入る前の冬休み中この本を使って一人で猛特訓。そしたらなんと、学校が始まるくらいには出来るようになっていました。自分の予想を超える効果に驚きました。多分やけど、この本を1冊やりきったらどんなことも出来そうな気がします。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は第3火曜なので恒例の(今回が初めてでしたが)“3rd Tuesdays” の日。ゲストスピーカーが来ていろいろ話が聞けちゃうという日です。今日はMusic Industry Studies(略してMIS。これからよく出てくると思われます)を卒業して、もうすでにon businessの方々が5名来ました。今学期からこのようなすでに働いてる人たちの話を聞く機会が増えたけど、その度に今の自分について、自分の将来について考えさせられます。今の自分については直した方がいいところもあるし、このままでもいいところもあります。直した方がいいと思っても、それがまた難しい。明日から変えようと思っても変わるものじゃないしね。将来についてはぼんやりしてたところが少しずつ明確になってきたような気がします。具体的には仕事としてどういう事をするかとか、自分の立ち位置なんかが具体的にイメージ出来てきました。
Music Businessの知識を教えるだけでなく、将来のことや一人の社会人としてどうあるべきかということも考えさせてくれるこの学部はなかなかです。

<今日の一言>
Be a go-getter.
今日来てたユニバーサルで働いてる方のアドバイス。あつかましくなれと言う意味です(違う)。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。