こだわり100回

自己満足の世界。俺が勝手に吠えるところ。


テーマ:
いくらThe Beatlesがルーツだと言っても、そのきっかけはやはりAerosmithです。Aerosmithから入って、その前後を聴いたらThe Beatlesに出会った。調べるとAerosmithはThe Beatlesの影響を受けていました。俺も昔から親の影響からかThe Beatlesに割と親しみがあったわけで、自分の音楽的なルーツはThe Beatlesであることに何ら不自然は感じません。

しかし、なぜそんなにも古い50年代以前の音楽を聴くようになったのか。それはAerosmithを出発点とした聴き方に理由があります。

俺の周りに多いのは、例えば、70年代のAerosmithを知って、80年代、90年代、と後追いをし、その過程でAerosmithから影響を受けた新しいバンドをさらっていくという聴き方。人それぞれやから何が正解とかはないけど、俺の場合は後追いをするのと同時に、Aerosmithのルーツを探す旅にも出たわけです。それは最初に格好いいと思ったAerosmithの曲がCome TogetherというThe Beatlesカバーやったことに起因します。幸運なことに、古いのを聴いてまずはAerosmithとThe Beatlesの間を埋めてみようという気になったんですね。その過程でロックの精神、荒々しさ、伝統を学び、ロックのルーツであるブルースに出会いました。そしてどんどん奥の方まで進んで行ったら、いつの間にか30年代まで逆戻りしていました。

Aerosmithのルーツを学ぶことで、より彼らの音楽が理解できるようになるし、さらにそれは後続バンドの理解へと繋がります。Aerosmith時代の知識で90年代、2000年代の音楽を聴くより、まだロックという言葉が誕生していない頃からの音楽の知識で新しい音楽を聴く方が理解の仕方が違うし、楽しみの度合いがはるかに違うと思われます。そういうことに気付いてしまったがため、もう抜け出せないでいるのです。

続く・・

Aerosmith / Come Together
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
忙しい時期だからこその長編。今回は、自分が好きな音楽のルーツ。

俺の音楽のルーツをたどるとThe Beatlesに行き着きます。しかし、これは後になって気付くことやけど、The Beatlesを聴いて本当に好きになったのはThe Beatlesだけではありません。そのThe Beatles含めた一連の音楽、またはその歴史を好きになったのです。
具体的に言うと、1950年代にアメリカでChuck Berryやらが出てきて、それに影響を受けたThe BeatlesやらThe Rolling Stonesがイギリスで大爆発し、さらにそれに影響を受けたAreosmithやらがアメリカで出てくるっていう歴史。さらにはその一連の流れの底辺にある音楽的特徴、すなわちブルース。こういったのも全てを愛することになったのです。だからこの流れの延長線上にある音楽は無条件で好きになれるし、またChuck Berry以前の音楽もまた無条件で好きになれるのです。そういった理由からFats Domino、Big Joe Williamsなど1930年代、40年代、50年代の古い音楽も何の抵抗もなく聴けるし、格好いいと素直に思えるのです。

続く・・

Fats Domino / The Fat Man

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。