こだわり100回

自己満足の世界。俺が勝手に吠えるところ。


テーマ:
高校の時にフローラン・ダバディーの「タンポポの国の中の私」という本を読んで、真面目に留学を考えるようになった俺。その本では「閉鎖性」というキーワードを元に彼から(若しくは世界から)見た日本、日本人の様子が書かれていて、これではいけないと思いました。国際社会を生き抜くためには一刻も早く世界基準の考え方、物の見方を身につけなくてはいけない。すなわち、一日本人の考え方ではなくて、一個人の考え方なりを身につけなければいけないと思いました。もっと言えば、自分を確立させると言うことです。それを達成できたかはともかく、そうしなければアカンっていう自覚はその本を読んだ頃からあったかな。
最近、フローラン・ダバディーはブログ上で旅をしている中田ヒデに関してこう述べてます。

「いわゆる自分の価値観がしっかりしているからこそ、自分をしっかり持っているからこそ、世界中に誰に会っても、どんな国に行っても、簡単に洗脳されず、操作されず、自分のエッセンスが「ぶれない」まま、あらゆる出会いから知識を得て、刺激を得て、成長し続けているはず。

真っ白のまま、あえて言えばやや「うぶ」のままに世界一周をする、いわゆる「自分探しの世界一周」は危険。
なぜかは、知識と心の準備がなければ、たとえば海外でたまたま痛い目に会ったとして、被害妄想になって、「外国嫌い」になってしまう危険性があるのではないか。そして、必然的に「日本が一番」という単純な結論をだして、視野がますます狭くなるでしょう…」

彼が極論してる感は若干あるけれども、あながち間違ってはないと思います。

自分の軸をしっかりすることは成長を促すだけでなく、自分を守ることにもつながると思います。簡単には流されないっていうね。
自分の軸がしっかりしてる人は自信に満ちあふれ、目つきも違ってくると思います。周りに相談しても結局のところ自分の基準で決断するので、後悔はないと思われます。たとえ後悔してもすぐに受け入れることが出来ます。
自分の軸がしっかりしてる人は強い人です。打たれ強い人です。どんだけ打たれても軸がブレないからです。

自分が不安定だと感じる人、軸がしっかりしてないと思う人は今から取り組めばいいんじゃないかな。ここの読者はまだ若いだろうし、日本には「うぶ」な人がたくさんいるしね。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今日はプロの作曲家の話を聞くことが出来ました。
作曲の方法から始まり、自分が書いた曲がプレミアされたときの気持ちまで短い時間やったけど貴重な話が聞けました。最後には実際に書かれた曲の初演の音源を聞かせてもらえました。3分くらいの短い曲やけれども、それを書くのに何ヶ月もかかる。何とも表現しがたい。
個人的にはもっとどうやって儲けてるのかとか聞きたかったかな。誰がどういう権利を持ってるとか、そういうことも聞きたかったです。でも今日の話は今後絶対に何かで生きてくるし、そうでなくとも、本物から受け取るエネルギーっていうかオーラ的なものを少しでも感じることが出来たからホントに有意義でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。