こだわり100回

自己満足の世界。俺が勝手に吠えるところ。


テーマ:
違法コピーとかダウンロードが自分的にあり得ないと言っても、日頃から使ってる人の気持ちは分からないでもないです。人は誰でも程度の差こそあれ音楽が好きで、いろんな音楽を聴きたいっていう欲求があるから。学生という身分である以上音楽に何万と使えるわけもなく、タダ同然で市販のCDとほぼ同じものが手にはいるというなら、そっちを削って他の娯楽にお金を使おうと考えるのは当然のこと。実際俺もそう考えて友達にCD焼いてもらったことあります。でもやめました。
俺がCDを買うのには他にも理由があって、それが感謝、リスペクトを表すため。ミュージシャンが長い時間をかけて、様々な苦労をして作ったCDをタダでもらうっていうのは失礼じゃないかと思います。もっとも、ミュージシャンがCDを出せるのも聴いてる側が評価したからこそで、ミュージシャンの方が感謝すべきっていう考えもあります。てか、紛れもない事実。でも聴いてる側は音楽から感動をもらう、思い出をもらう、心の支えになってもらう等ミュージシャンからもらってるものも結構多い。そういうことを考えると、タダで音楽をもらうのはやっぱり失礼なんじゃないかと。自分だけいい思いをするのは虫がよすぎる。何かしらの方法で音楽を提供してもらったことに対する感謝、リスペクトの気持ちを表すべき。それが俺にとってCDを買うっていう行為なわけです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
アメリカに来てCDを買う枚数が減りました。まぁ近くにええCD屋がないのが1番の理由なんやけど。東京にいたころは月に4~5枚買ってたのに、こっちでは今までに買ったのが4枚。激減。
今思えば、高校の時は欲しいCDの中でもさらに厳選して、月に1枚とかしか買ってませんでした。だからそのCDには思い入れがあるし、何回も聴いていたので歌詞とかも普通に口ずさめます。確かに去年は多くの作品に出会い感受性、知識等は広がったかも知れない。でも、1枚1枚に対する愛情は薄いです。そのCDを聴いて特に何も感じないことも珍しくありません。
だから別にいいんです、CDいっぱい買わなくても。愛情がわくから。最近そう考えてます。
ちょっと話変わって、どこか古典的なのかも知れないけれど、俺は音楽を消費の対象として全く見れません。音楽を最大の娯楽と考えてるので、やっぱりそうでないと思われる人を見下すとまではいかないけど、差別するっていうか、「なんでもっと音楽を大切にしないのか?」と憤りを感じてしまいます。そんな考えのため、違法コピーやったりネットで落としたりっていうことは自分の中ではあり得ないし、そういう話を聞くと何ともやりきれない。もちろん人それぞれの考え方があって、それを否定する気もないんやけど、普通にやめて欲しいなと思います
俺がネットから落とさずにCDを買うのも、CD(ジャケも含めて)には思い出が詰まると信じてるから。そして、そういったCDが後に宝物になると信じてるから。音楽が消費物になってしまった今から見れば古くさい考えかも知れないけれど、古くさい俺には合ってるかなって思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。