札幌交通圏(札幌市と北広島、石狩、江別の周辺3市)の法人タクシーは2010年から本格化した減車によって収入が改善している。1日1台当たりの営業収入は昨年夏からプラスが続き、11年度は20年ぶりに前年実績を上回る可能性が高い。

»詳細はこちら(パソコン用リンク)


札幌のタクシー、収入20年ぶり増加見通し 減車進み一定の効果  :日本経済新聞




減車をしているので一台辺りの営業収入が増えるのは当たり前だと思いますが。

しかし減車に協力していなくて減車の恩恵を受けている事業者がいる事も事実です。

足並みが揃わない中でこれ以上の減車による効果はあまり期待できそうにないので、新たな対策が必要ですね。


大元は長年の不況で利用者離れが進んでいる事にあるそうです。

私としては載りたくなるタクシーがあったらいいなーと思います。

タクシーの外見ってどれも似たりよったりで特徴がなく、車体を選ぶこともしません。

そういうとき、あのタクシー乗ってみたいと思えるような外見があってもいいと思います。

キャラクターモノでもいいし地域限定モノでもいいしもっと視覚に訴えるタクシーがあってもいいと思うんですよね。

札幌行って「あのタクシー乗ってないの!?」と言われるくらいの奇抜さがあってもいいかもしれませんね。

「安全性」「接しやすさ」「清潔さ」「価格」「乗り心地」「道の把握度」「利便性」などは利用客からすればあって当然。

それ以外のプラスアルファが必要なのではないでしょうか。

たとえば初音ミク車とか。(痛クシー?ww)


その他のニュース
  1. 札幌石崎監督 J1勝利への3カ条
  2. 札幌市民アンケ:7割が地震への備えなし
  3. 札幌の牛丼店に刃物強盗…昨年3月にも入られる
  4. 図書カード 北電元課長、詐取認める 札幌地裁の初公判
  5. 札幌のマンションで火災 

AD