こんにちは!フード・食空間プランターの長坂美奈子(MINA)です。春休み中ということもあり、世のママ達は大忙しではないのでしょうか?!あともう少しです!頑張っていきましょう!(笑)

 

今日は、娘二人を連れて茨城に帰省中です~。主人には危ないから電車で帰れと言われたのですが、娘二人を連れてとなると断然車の方が楽でして・・・最初は怖くてのれなかった首都高もだいぶ慣れてきたので、もう都内から実家までも普通に車で帰れるようになりました~音譜何事も慣れですね!でも、慣れた頃が一番危ないと言われていますので、帰りも気を引き締めて運転しようと思いますグッド! それにしても、茨城寒すぎる~えーん 久しぶりに電気毛布を使って寝る予定・・・(笑)

 

さてさて、今日はMINA'S DINING TABLE2月のレッスンレポートですニコニコだいぶレポが遅くなってしまいましたが・・・まずはテーブル編ビックリマーク

 

 

2月のテーマは、「ひな祭りを祝うクロスオーバースタイル!」でした。クロスオーバーとは、簡単にいってしまうと、和と洋のミックススタイルという意味です。和食器を多く持っていなくても、洋食器を使って和のスタイルを取り入れることができます!身近にある小物類を工夫して使って、簡単に出来るテーブル作りのポイントなどをお伝えさせて頂きましたニコニコ

 

例えば・・・

テーブルランナーとして使用したのは、テーブルランナーではなく、浴衣の帯です音譜

夏になるとあちらこちらで帯が販売されるようになりますので、今年の夏には、是非「テーブルランナーとして使えるかしら~?」という視点で見てくださいね!テーブルランナーよりかなりリーズナブルな価格で購入できます!

 

そして、黒の切溜をランナーの上にフィギュア(小物)として飾ってみました。切溜とは、ミニ御重のようなものですが、江戸時代には、日常のキッチン用具として使用されていました。今ではあまり使われないかもですね・・・。この切溜の上には、有田ポーセリンのWHITE SNOWシリーズの豆皿をおいて・・・豆皿もせっかく美しいのですから、豆皿として使用するだけではなく、テーブルコーディネートの小物として使用するのもお勧めですラブラブ

 

そして、今回使用したお皿は、ナハトマンのスクエア型のガラスプレートですが、その下には、マリナーゼインテリアセレクションで購入したホワイトとゴールドの折敷を交互に置いています。なぜ交互か?➡6枚そろってないから~!(笑) 6枚そろってないから、コーディネートをあきらめなくてもいいのです!3枚ずつあれば、色違いを交互に置くことによって、テーブルのバランスが保たれます。今回はそのままだとゴールドの色合いが強すぎると感じたので、ゴールドの色が見える面積を小さくしたかったのと、色が違う折敷に統一感を持たせたかったという理由もあり、折敷を和紙で包んでみました。(裏側をテープで止めてるだけです)そして、画像でもちらっと見えていますが、水引テープを使って、折敷にクロスさせ、全体にひな祭りカラーを取り入れてみました。

 

ホワイトとゴールドの折敷が交互に並んでいても、白い和紙を巻いたおかげで、テーブルに統一感が生まれます。画像からわかりますか~?(笑)

おうちにあるものを使用するコーディネートとしてお勧めなものに、グラスに花を飾る!があります。今回はスガハラのシャンパングラスにアートの桜を飾ってみました。ステム(持ち手の部分)が黒ですので、他の小物類たちとも合い、なんといっても和を演出する時には、黒が入ると、アクセントカラーになって良いのです!

そしてそして、クロスオーバースタイルでしたので、今回は、MINA'S DINING TABLEレッスンで初めてお箸を使用しました。今回はフォークとスプーンとお箸をカトラリーレストに縦に置いてみました。この時に気を付けなくてはならないのが、お箸だけの時に、縦に置くのはマナー違反ということです。和食だけのテーブルの際は、やはり箸先を左に向けて横に置くのが良しとされています。ただ、今では、それを知った上で、見た目が恰好いいからという事で、箸だけを縦に置いてテーブルコーディネートする方もいらっしゃいますので、ま、その時は、多分わざとしているのね~!と思うのが良いと思います!(笑)

 

ナプキンの形は、ひな祭りということで、お雛様の形をイメージしています音譜

と、またまたテーブル編が長くなってしまいましたが、今日はこの辺で終わりにしたいと思います~(笑)次回はレッスンレポート 料理編をご報告いたしますニコニコ

 

*****【イベントのお知らせ】*****

5月1日(月) 11:00~13:00

日本橋三越はじまりのカフェにて料理レッスン開催します音譜

レッスン内容詳細はこちら

現在お申込受付中

≪サロネーゼカフェ≫

初夏の簡単イタリアンでおもてなし

 

AD