ヒラマサ
GyoNetBlog ランキングバナー
ぎょねっと

ものづくりメーカー(スピック株式会社 )でCFRP・CFRTP(熱可塑性CFRP)に携わっています。

金属機械加工を行っている会社が、炭素繊維複合材での量産成型にチャレンジしてます。

趣味はソルトのルアーFishingで、ジギング・トップウォーターともに 。 SFPC 事務局。 JOYCLUB 事務局。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年09月23日(金) 09時00分00秒

60mm厚のCFRTP積層板

テーマ:CFRP(CFRTP)の情報

熱可塑性CFRTP積層品

 

今回は厚み60mmを製作。

 

 

 

CFRTPと云ってもここまで厚いとそれなりに重い。

 

けど、鉄だったら両手でないと持てない重さですが、CFRTPでしたら片手で持てます。

 

熱可塑性CFRPの厚物成形 お引き受けいたします。

 

スピック株式会社

CFRTP事業部

 

NCネットワークス内 スピック株式会社

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2016年09月21日(水) 09時00分00秒

CFRTPスタッフ募集!

テーマ:スタッフ

CFRTP部門増強のためスタッフを募集しております。

 

・CFRP成形経験者

・マシニングセンター・CADの経験者

・プレス金型設計製作経験者

 

CFRP経験者は、熱硬化・熱可塑問わず応募ください。

 

スピック株式会社 CFRTP事業部 荒井

会社に電話、またはメールで連絡ください。

http://www.e-spic.co.jp/

 

どうぞよろしくお願いします。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年09月19日(月) 15時09分35秒

TECH BIZ EXPO2016に出展します

テーマ:CFRP(CFRTP)の情報

ご無沙汰してます。

CFRTPの開発は着々と進めていますが、blogの更新は疎かになってしまってます。

 

名古屋で開催するTECH BIZ EXPO2016に出展いたします。

http://www.techbizexpo.com/

 

CFRTP(熱可塑性CFRP)の積層板やプレス成型品を展示いたします。

・CFRTP積層板は、厚み60mm程の厚みのある積層板

・航空機構造部材を狙ったPEKKマトリックスの積層品

・積層板表面を塗装レスにした成形板

・積層板表面に特殊加工を施した成形板

・ロッド棒

・パイプ

・絞り形状

・曲げ形状

など、弊社の技術をご紹介させていただきます。

 

開催日が近くなりましたら、展示品をご紹介していきます。

 

どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

スピック株式会社

CFRTP事業部 荒井

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月16日(月) 20時36分55秒

スピックにおけるCFRTPの取組みについて講演します。

テーマ:CFRP(CFRTP)の情報
「スピック(株)における熱可塑性CFRPの成形と製品への応用」と題して講演をさせていただきます。


日時:平成28年5月18日(水)14時~
場所:香川県産業技術センター



時間を割いて聞きに来てくださる方のためにも、一つでもお役に立てる内容になればと思います。



スピック株式会社 荒井

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月04日(水) 13時13分57秒

暫く振りのblog

テーマ:CFRP(CFRTP)の情報
正月明けのご挨拶から今回が今年2度目blogになりました。

大変ご無沙汰してしまいました。

お陰さまで、今年は例年になくCFRTPの仕事をいただいて忙しくさせていただきました。

とは言っても、CFRTP事業は本業の金属加工に比較すればまだまだ小さい事業です。

兼務も含めて少ないスタッフで進めているのでワサワサしてました。


今年度は、更に大きな目標をもって、この事業を確立させる足掛かりの年にしたいと思ってます。


CFRTPについては

・炭素繊維も多くのメーカー、種々の織り、グレードを触ってきました。

・マトリックスとなる樹脂も多くのメーカーの樹脂を触らせていただき、その特徴なども少しづつ学ばせていただき、僅かですが客先への提案もすることができるようになりました。

・中間材(プリプレグ)も、多くのメーカーが手掛けており、それぞれの特徴が有効になるような使用方法・目的も見いだせつつあります。
 この中間材については、まだまだ新たな展開があるものと感じます。
 また、新規参入も増えていく分野だと思います。
ハンドリングよく、vfコントロールが済んでいるものですから、我々にとっては特に成長してもらいたい分野です。
 当然ながら、同業の参入もし易くなると思います。

肝心の出口については

・数年前は、問い合わせ内容が興味本位という方々が多かったようです。また、CFRTP・CFRPについてよく分からない方が多かった。
 現在は、ある程度の知識を持たれて、金属などの代替えとして検討したうえでの問い合わせが増えているようです。
 単純に金属部品での図面ではく、複合材としての図面に変えられてることが多く見受けられます。

・最終ユーザーとしては、自動車・航空・宇宙・家電・建設建築・土木など様々な産業での需要はあるようです。

 九州地方での地震で被災してしまった熊本城など、文化財への利用も有効ではないでしょうか。それは復旧工事のみならず、耐震免震工事の部材・工法としてCFRTPの有効的な使用が可能。
 建築物に限らず、石垣部分などの構築部分に石の一部として利用が考えられれば工期も短縮も狙えるのでは。


少々、長くなりましたが、スピック株式会社のCFRTP事業部は、幅を拡げ奥行きを深くし、更なる発展を目指していきます。

CFRTP(熱可塑性CFRP)のことなら、どの様なことでもお問い合わせください。

共同研究も大歓迎です!

CFRTP スピック
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。