1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-05-23 22:33:44

質問時間

テーマ:講義
講義が終わって、珍しく学生が質問しにきた。


しかし、質問を終えた後のやりとりが、ちょっと印象に残った。というのは、別の講義では、講義終了時に質問に行くと断わられるらしい。質問はオフィスアワーを利用するようにとのこと。

確かに、オフィスアワーはそのための時間だろうけれども、講義終了時の質問を断るのはありなのかなあ。

たしかに、講義が続いている場合に、すべての質問に答えられないこともあるけれど、できるだけ対応しようともせずに、門前払いはないよな、と思わざるをえないな。





いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2014-04-07 22:33:44

2014年度開始!

テーマ:講義
小中高あたりが始業式の今日、勤務先では授業が始まりました。

ここ数年はカリキュラム改正もないため、ほぼ同じ科目を担当し続けています。が、当然受講する学生が変わるので、それなりに工夫は続けているつもりですが。

最初の科目が1年生対象です。今年はどんな学生が受講してくれるのでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-11-26 22:33:44

punctual or not ?

テーマ:講義
片付けをしていたら、数年前の授業評価アンケートの結果が出てきた。もちろん、数年前にも目を通して、それに対するフィードバックのコメントを手続きに乗っ取って書いた覚えがある。

それを改めて眺めてみた。そこである質問項目があった。当時も疑問に思った質問項目だったことを思い出した。それは、

「講義は時間通りに行われましたか?」(始まりましたか?終わりましたか?)

という趣旨の質問である。ちなみに、ここ数年のアンケートでは問われていない項目である。

講義ではその当時からPCを使っていたため、定時よりも若干早く教室に入ってプロジェクター等の設定を行い,開始時間にはきちんと始めている自信があった。なのに、7割近くは「そう思う」と回答していたが、3割近くは「そうは思わない」と回答していたのである。

講義の進度、難易度については個々人の感じ方が違う可能性がある。しかし、時間通り始まるか否かは、そんなに回答が分かれるのはなぜなんだろうと思ったのである。

まあ、あわせて、自由既述欄に、(その講義は2時間目だったので)「昼ご飯が食べられないので早く終わってほしい」と書いてあったりもして。もし、この要望に応えていたら、講義は時間通り終わらない、というマイナス評価されるのであろうか?


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-02-16 22:33:44

授業評価の賛否両論

テーマ:講義

学生による授業評価アンケートに対するコメントを書くために、特に自由記述欄を読んでいました。


批判的コメントの多くは、「早い」。これは授業の進度だけでなく、しゃべりも早口すぎるらしい。でも、早口は気をつけても中々直らない。でも気をつけようと思う。


困ったのは、相反するコメントへの対応。その代表例が、パワーポイントの資料が分かりやすいというコメントと、わかりにくいというコメント。スルーしちゃおうかな、この点は。


なお、色々書いてもらっていることを受けて、こちらもいろいろと授業内容や進め方を見直している。しかし、このスライドに対する、具体的なアクションはとしては、どう対処すべきか。わかりにくいということであれば、より分かりやすいように直せばよいのだが。いっそのこと、スライドを思い切って変えてみようか思案中。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011-12-06 22:33:44

いくらスマホが便利だからとはいえ

テーマ:講義
以前も書いたことがあるけれど、ネットを通じて講義で使うレジュメを配布している。

だから、それを紙に印刷しないでノートPCで表示して講義を受けている学生も毎年数名はいた。中には、その画面で表示したものに、何らかのソフトを使って直接書き込んでいる者もいた。

今年あたりになると、スマホでそれをしている学生が増えてきた。最初はネットで遊んでいるのかとおもってのぞきに行くと、レジュメが表示されていたので。もちろん、教員が近づいてきたので、慌てて画面を切り替えた可能性は否定できないだろうが。

しかし、そんなちっちゃい画面で翌レジュメを読めるよな、というのが正直な感想である。
せめて、iPadぐらいならなあ、と思う。

なお、スマホを使ってみている学生は、少なくともそのレジュメに書き込みはしていないようである。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-08 22:33:44

出席者数の謎

テーマ:講義
今年の担当科目の中に、カリキュラム改正の影響で数年後になくなる予定の科目がある。そのため、今年の履修者数も20名程度である。

しかもその大半は5年生以上のため、出席者は履修者の4割ぐらいで推移していた。が、11月に入ったとたん、1.5倍ほどになった。テスト直前に増えることはよくあることだが、なぜかこの時期。

心を入れ替えて、勉強しようという訳ではなさそうである。だって、彼らの大半は、テキスト持っていなければ、板書もとらずに携帯をいじっていたり、最初から最後まで寝ているから。

この講義は、成績評価は試験がすべてで、出席点はないと言っている。注意もしてみたが、変わる様子はない。私語が五月蠅い場合は退室を命じることもあるが、それぞれポツンっとすわっている。寝ている者も鼾もかかなければ、寝言も言わないので、しばらくそのままにしておくべきか、さらに注意すべきか、思案中である。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-11-01 22:33:44

詰め込みすぎ

テーマ:講義
たまには文句も少し書いておこう。まずは今年の講義について。これは学生ではなく、大学の姿勢の問題か。

その1 詰め込みすぎ。

教室の定員よりも履修者が多い。どうせ欠席者がいるから全員座れないことはないでしょ、という。それってあり?

その2 詰め込みすぎ。

教室の使用状況。自分が講義に行こうとすると前の講義が少し延長していたり、質問に対応していたりする。逆に自分の講義が終わると、次の学生がぞろぞろ入ってくる。質問に対応していると、教員も入ってくる

。教育重視なら、もう少し余裕を持って使わせて欲しい。もちろん、廊下等で対応して、といわれるかもしれないけど、スライドを使って説明とかしたいじゃない?

その3 詰め込みすぎ。

時間割で同じ時間帯に競合科目多すぎ。これはまさに同じ専門分野の科目のこと。カリキュラム上の配当学年が異なれば大丈夫、って言うけど、その学年でとるとは限らないし、単位を落とす者だっているのに。かえって、卒業要件を満たすのが大変にならない?
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-04 22:33:44

くりそつ

テーマ:講義
いやぁ、びっくりした。

後期の授業が始まって約半月。

まじまじと教室を見回したら、子どもの昨年の担任と瓜二つの受講生がいた。一瞬、社会人入学で入学してきたのかと思ったぐらい。

思わず後から名簿を確認しちゃいました。

親戚だったらわからないけど、その担任と同名の受講者はいませんでした。もちろん、名字だけ同じ受講生もいませんでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-05-31 22:33:44

ノートをとるはやさ

テーマ:講義
今年度に入って2ヵ月。講義は1ヵ月ほど経ちました。

最近、講義をしていて、何となく気になるのは、学生のノートをとるスピードがかなり遅くなってきているのかなあ、ということ。

あとは、しゃべりながら板書しないで欲しいともいわれた。板書は板書でして、学生が書き終わるのを待って、説明をしてくれないと、重要な点がわからなくなる(書くのに忙しく、聞く余裕がない)と言われた。

なんだか腑に落ちない。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-01-18 22:33:44

シラバス作成中

テーマ:講義
来年度の授業のシラバスを作成中。

講義科目が大半なので、昨年をベースに、微調整で済む科目が多いので、それほど大変なわけではない。

ただ、個人的によくわからないのは、ゼミのシラバスである。毎回の項目と内容を書くようにとのお達しが来ているのだが、ゼミの内容って、みんな、そんなにきっちり決めて行っているものなのだろうか。

自分の担当するゼミでは、大きなテーマがあるが、その元に、毎年いくつかのサブテーマを定め、そのテーマごとに関心のあるもの数名からなる班をつくり、その班ごとに研究を行っている。年度末に論文にまとめるものの、普段はその経過報告等を行うにすぎない。

となると、結局、毎回「研究報告」になってしまうので、わざわざそれを授業回数分書く意味があるのだろうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。