1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2018-02-23 16:19:04

明日は「津山還暦記念(中略)全部2人だけでやる祭!」@難波Bears、御気楽に遊びに来られたし

テーマ:Live Information

明日たる2月24日(土)には、遂に「津山還暦記念及び今更のデビッドアレン、ジリスマイス追悼ゴングの真似、中古レコード販売、フリマ、射的、サメ釣り、照明、PA、受け付け、全部2人だけでやる祭!」@難波Bearsを迎えんとす。各方面より「一体何やるんですか?」的な質問あれこれ聞こえれど、正に津山さんが命名されしこの尋常ならぬ長きイベント名其の儘、何もかも2人のみにて行わんとする一夜なり。

フリマ出店もあれこれあると伺えば、概ね夜店大会的一夜と相ならん。後は実際に会場へ赴き頂きて、演奏は固より、フリマも中古レコード、CD、古着等に始まり、嘗て想い出波止場4days 第2夜「夜店微妙大宴会~バラモンの人びと」@難波Bears行われし際、大いに盛況たりし「サメ釣り」やら奇品珍品逸品様々な景品ずらり並ぶ「射的」等、銘々御自由に楽しみ頂くのみ。

更にはチケット代金に「1drink+1food」込みなれば、津山さんの企て是如何に。その津山さんの還暦祝い、皆して大いに祝わんとすれば、御祝儀として我々が企てる遊興の数々に大いに散財して頂きたし。

 

 

厳しき寒波襲来も遂には過ぎ去れば、漸く春の気配も僅かに感じ始められる時節到来、春の陽気に絆されるが如く、祭り気分にてぶらり訪れて頂きたし。

然れば明日、難波Bearsにて御目に掛かります。

 

 

 

_________________________________

 

■2月24日(土)@難波 Bears (06-6649-5564)

http://namba-bears.main.jp

 

「津山還暦記念及び今更のデビッド・アレン、ジリ・スマイス追悼ゴングの真似、中古レコード販売、フリマ、射的、サメ釣り、照明、PA、受け付け、全部2人だけでやる祭!」

 

[出演]

津山篤, 河端一

 

open 18:00 / start 19:00

door ¥2200 (1drink+1food付)

 

※フリマ出店料は1000円(希望者はベアーズまで)

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2018-02-21 12:33:23

Mainliner ワンマン 3:14@秋葉原 Club Goodman チラシ完成!

テーマ:Live Information

来たる3月14日(水)@秋葉原Club Goodmanにて行われる「Mainliner ワンマン」急遽決定せしライヴ故に、既に3週間も切らんとする今、遂にチラシ完成せり。御多忙にも関わらず、私の強引なるチラシ製作入稿依頼に、驚異の迅速ぶりを以て務めて下さりし依田さんには、全く以て感謝するばかり、どうも有り難う御座いました。斯くしてチラシ完成すれど、折角なればと此処にその画像貼らせて頂く次第、然れど前回の投稿記事も「Mainliner ワンマン」唯一の国内公演!」なんぞと、この3:14ライヴに関する告知記事なれば、結果告知連投と相成りし次第、悪しからず。

 

_________________________________

 

■3月14日(水)@秋葉原 Club Goodman (03-3862-9010)

http://clubgoodman.com

 

「MAINLINER ワンマン」

轟音ヘヴィサイケデリックの極北「Mainliner」唯一の国内公演、緊急決定!

 

 

Mainliner :

河端一 : guitar (Acid Mothers Temple)

志村浩二:drums (みみのこと)

Taigen Kawabe :vocal & bass (Boningen)

with

liquidbiupil : OHP light show

 

open 18:00 / start 19:00

adv ¥2500 / door ¥2800

 

w/ Taigen Kawabe solo, Xanadium Zeperion (河端一 solo unit)

 

「Mainliner」とは、1995年、南條麻人 (High Rise) と河端一 (Acid Mothers Temple)、小泉一 (ex.Acid Mothers Temple) に由る3名を以て結成、1stアルバム「Mellow Out」は、海外では「90年代サイケデリックのバイブル」と称され伝説的名盤に位置付けられる。その変拍子に絡められた超弩級轟音ヘヴィサイケデリックサウンドが信条。その後メンバーチェンジ経ながらも、幾度かの海外ツアー行い、計4枚のアルバムを発表後活動休止。

2012年、オリジナルメンバー河端一を中心に、旧Mainliner最後のドラマー志村浩二、新メンバーとしてTaigen Kawabe (Boningen) を迎え「Kawabata Makoto's Mainliner」名義にて12年ぶりに魔界転生、復活後のスタジオ録音第1作「Revelation Space」を英Riot Seasonよりリリース。2013年には英国ツアー敢行。2014年には英Swap Meatよりライヴカセット「Live in London Twenty Thirteen」を、2018年にはsplit 7"EPを英God Unknown Recordsよりリリース。London在住のTaigenの帰国に合わせ、幾度かの国内公演も行い現在に至る。目下ニューアルバム録音中。

 

 

今回、唯一の国内公演が奇跡的に緊急決定!

そして光の魔術師「liquidbiupil」も緊急参戦決定!幻惑サイケデリック亜空間を演出!

サポートは、Taigen Kawabeソロ、河端一の新ソロユニット「Xanadium Zeperion」が務める!

 

 

会場にて公式Tシャツ販売予定。

 

 

God Unknown RecordsよりリリースされたMAINLINER / EXPO SEVENTY split 7”EPも会場にて販売予定。(因みにレーベル側の不手際にて曲名が「Black Hole」と誤記、正しくは「Black Sky」。)

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
2018-02-19 12:42:21

「Mainliner ワンマン」唯一の国内公演!

テーマ:Live Information

来たる3月14日(水)@秋葉原 Club Goodmanにて、2016年に行いし「Mainliner Summer Tour 2016」以来となる、唯一の国内公演緊急決定とは先日御案内せし通りなれど、今回は何とワンマンなれば、そもそも90分のセットにてすら僅か4曲しか演奏叶わぬ長尺サイケデリア「Mainliner」なればこそ、今回は存分に堪能満喫して頂きたく願うものなり。爆音を以てミニマルに反復されるリフこそが、その反復の先に待つ無限の高揚感恍惚感へ至らしめるべく「Mainliner」に於ける重要ポイントなれば、その効果を最大限に引き出す為には反復回数即ち時間が必要にして、今回の如きワンマンこそが、その真髄余さず発揮し得ると知れ。

況して光の魔術師「liquidbiupil」ことアキラ君の緊急参戦も決定、反復の果てに至る無限悦楽恍惚界への夢先案内人、若しくは無間地獄への三途の川渡し船頭として、轟音の中、幻惑サイケデリック亜空間を現出させて下さらん。

今回、オープニングアクトとして「Taigen Kawabe solo」と、私の新ソロプロジェクト「Xanadium Zeperion」を以て御迎えせんと思えば、弩平日たる水曜日とは重々承知之介なれど、是非に御運び下さりたし。

 

_________________________________

 

■3月14日(水)@秋葉原 Club Goodman (03-3862-9010)

http://clubgoodman.com

 

「MAINLINER ワンマン」

轟音ヘヴィサイケデリックの極北「Mainliner」唯一の国内公演、緊急決定!

 

 

Mainliner :

河端一 : guitar (Acid Mothers Temple)

志村浩二:drums (みみのこと)

Taigen Kawabe :vocal & bass (Boningen)

with

liquidbiupil : OHP light show

 

open 18:00 / start 19:00

adv ¥2500 / door ¥2800

 

w/ Taigen Kawabe solo, Xanadium Zeperion (河端一 solo unit)

 

「Mainliner」とは、1995年、南條麻人 (High Rise) と河端一 (Acid Mothers Temple)、小泉一 (ex.Acid Mothers Temple) に由る3名を以て結成、1stアルバム「Mellow Out」は、海外では「90年代サイケデリックのバイブル」と称され伝説的名盤に位置付けられる。その変拍子に絡められた超弩級轟音ヘヴィサイケデリックサウンドが信条。その後メンバーチェンジ経ながらも、幾度かの海外ツアー行い、計4枚のアルバムを発表後活動休止。

2012年、オリジナルメンバー河端一を中心に、旧Mainliner最後のドラマー志村浩二、新メンバーとしてTaigen Kawabe (Boningen) を迎え「Kawabata Makoto's Mainliner」名義にて12年ぶりに魔界転生、復活後のスタジオ録音第1作「Revelation Space」を英Riot Seasonよりリリース。2013年には英国ツアー敢行。2014年には英Swap Meatよりライヴカセット「Live in London Twenty Thirteen」を、2018年にはsplit 7"EPを英God Unknown Recordsよりリリース。London在住のTaigenの帰国に合わせ、幾度かの国内公演も行い現在に至る。目下ニューアルバム録音中。

 

 

今回、唯一の国内公演が奇跡的に緊急決定!

そして光の魔術師「liquidbiupil」も緊急参戦決定!幻惑サイケデリック亜空間を演出!

サポートは、Taigen Kawabeソロ、河端一の新ソロユニット「Xanadium Zeperion」が務める!

 

 

会場にて公式Tシャツ販売予定。

 

 

God Unknown RecordsよりリリースされたMAINLINER / EXPO SEVENTY split 7”EPも会場にて販売予定。(因みにレーベル側の不手際にて曲名が「Black Hole」と誤記、正しくは「Black Sky」。)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。