古市舞です!


2017年のゴールデンウィーク期間5/2~5/7に行われていた「第71回日本選手権競輪」は今日最終日を迎えました。

そして6日間と言う長期間の戦いを制し、
第71回のダービー王に輝いたのは


キラキラ奈良 101期 三谷竜生選手キラキラ


打鐘で深谷選手が先行体勢に入ると九州勢の内を突き3番手を確保、ゴール前の直線で強襲し見事初タイトルとなりました!!

100期以降の選手としては初めてのタイトルホルダーが誕生しましたキョロキョロ


今年はウィナーズカップで郡司選手が優勝し、2017年の前半は若手の活躍が目覚ましいですよね照れ
今までも世代交代、新しい風、と言われる瞬間はありましたが今回の三谷選手の優勝はその流れを確立する、そんな出来事になったのではないでしょうかおねがい

三谷選手のこの先の活躍にも注目しつつ、
ベテラン勢のテクニックと若手の台頭
これからの競輪界の闘いも注視していきたいですねお願いお願い





実は今日は私も京王閣へ行っていました!

新宿駅の西口は全面にダービーの広告が貼ってあって非常に興奮しました照れハート

4コーナーの金網、スタンドの一番上、インタビュースペースの目の前、様々な角度から競輪を見て観客の皆さんと一緒に興奮していましたラブ
やはり見るなら本場ですねぇ。。。

古市舞