スピーキングパワーという英会話の教材が
発売になって多くのプロモーションが
行われるようになりました。

1フレーズ、45日間のシャドーイングを
繰り返すだけで300場面で英語を
話せるように!

これができれば英会話能力が大きく
プラスされることになりますが、
スピーキングパワーは本当に本物の
教材なのでしょうか?

本当に上達するのかについて
検証してみることにしました。


・理屈は正しいのか?

スピーキングパワーでは
シャドーイングを求めている教材に
なります。

英語を話せない一番の理由というのが
今まで英語を口に出してきた量が 
圧倒的に足りないということと
定義しています。

だから、今回教材にそって、その内容を
そのまま発音してついていくだけで
上達するということです。

実はこれは、今回初めて生み出された
方法ではありません。

ご存じの方も多いと思いますが
シャドーイングという言葉はもう一般的に
定着している英語学習法でして、
その効果もあるということが認識されています。

フレーズが終わってからではなく、そのまま
話しているあとについていくという発生法に
なりますので慣れるまでは難しいのですが
そのうちできるようになっていきます。

日本語だと簡単に相手の話をそのまま
リピートすることはできますよね。
英語だから難しく感じているだけで
慣れの問題という話なのです。

何度もやっているうちに
自然と話せるようになっていく。
これは間違いありません。

・スピーキングパワーの教材は適切なのか?

次にスピーキングパワーの教材は
適切なのかというところはあります。

シャドーイングは既に確立された手法で
あり、他の教材でもシャドーイングの
勉強をすることは可能です。

ではスピーキングパワーを選ぶ理由は、
というと、
・日常のシーンが多く取り入れていて応用がききやすい
・スピード別の音声が収録されているので、
 初心者でも安心。
・動画もあるので会話の内容がイメージしやすい。

こういった点があげられるかと思います。

一般の教材だと、言葉が堅苦しい、実際の
会話にそんなシーンはありえない等の問題も
起こります。

学術的な英語を勉強したいのでなく、
英会話であれば日常的なシーンに限定した方が
いいですね。

そして、スピードのところ。
これはある程度英語ができる人は当たり前に
英語を聴きとれるので何とも思わないかもしれませんが
初心者の人はそうではないというところ。
スロースピードもある方が嬉しいんですね。

最後に動画について。
これは最大のメリットにもなると考えます。

どうしてもテキストだけだと、なんとなくしか
イメージできないシーンってありますよね。

自分ではこう想像しているけど、もしかしたら
実際は違うかもしれない、とかありますし
イメージがつかめなく、テキストだけの勉強だと
イヤになってしまうという要素はどうしても
あります。

これが動画であれば目で見て理解ができると
いうこと、直感的にこういうシーンでこんな
英語が話されているんだということが
理解できるわけです。


これらの点を考えて、今回のスピーキングパワーは
十分買いに値する商品だと考えますね。

特に初心者~中級者の人、
読み書きはそんなに苦手でないけど
会話がダメという人には良い教材と
なってくるのではないでしょうか。

スピーキングパワー 詳細はこちら
















AD