ボブ・フィックス(フルフィルメント瞑想)ブログ・空(くう)から語る

フルフィルメント瞑想の創始者ボブ・フィックス(Bob Fickes)日本の公式ブログです。空のクリアな認識で様々な領域からお話しをします。


テーマ:


昨夜、寝る準備を整えているとき
あまりにもたくさんのエネルギーと光を感じていたものですから
眠れないだろうなあと思っていました。
エネルギーと光の大きなダウンロードの後など
特に世界規模のグループ瞑想を行うと
頻繁にこういったことが起こります。
でもご心配は無用です。
普通のことですから!
実のところ、こういう体験は
啓発の訪れの素晴らしい兆候なのですから!

啓発の兆候のひとつとして
空(くう)がより永久的になるということがあります。
空(くう)は無限の静寂の意識です。
我々が空(くう)を体験すると
背後から、または距離をおいて
自分自身を観察しているような感覚になります。
最初は奇妙な感覚ですが
それは啓発のごく普通の状態なのです。
特に就寝の準備をしているときに顕著になります。
身体は疲労しているのですが
内側ではとても鋭敏な状態にあり
眠るなど無理なことのように感じられます。
しかし問題はありません。
空(くう)がとても強くとても鋭敏になっている、
というサインに過ぎません。
こういうことが起きたら、
睡眠時に意識を失うことを気に留めないようにしましょう。
ただ横になって身体を休めます。
意識がとても鋭敏な状態にあったとしても、
身体は休息をとり、睡眠状態になります。

啓発では、身体は眠るのですが
意識はまだ鋭敏な状態が続きます。
こういった新しい体験に慣れ
意識を失わずとも身体は十分な休息が取れているのだということを信頼できるようになるには
しばらく時間がかかることでしょう。
この体験を理解するベストな方法は
睡眠を瞑想のようなものとして捉えることです。
身体が深い休息状態にあるにもかかわらず
あなたは鋭敏な状態を保つわけです。
始めの頃はこういったことを信頼して
憂慮しないようにしてください。
心配して読書をしたりなど夜更かししてしまうと
身体は確実に疲労してしまいます!
そうではなく、リラックスして横になり眠る準備をしていれば
意識が鋭敏な状態にあったとしても
身体は休息が得られたと感じるのです。
そのうち、すっかり眠りに落ちて爽やかに目覚めるでしょう。
しかし戦ったり憂慮したりしますと
その心配が原因で眠れなくなってしまうかもしれません。
心配事を眠りに反映させないようにしましょう。
逆効果になるだけです。

啓発における最も重要な体験は
意識を決して失わないということです。
啓発は永遠なる無限の意識ということです!
死さえも啓発には触れることができませんし
意識を失わせることもできないのです。
啓発は完全な無限の意識であり
あなたの全能力が常に有効であるということです。
世界やその肉体に何が起きても
あなたは静寂なる意識と非常に鋭敏な状態を維持しつつ
永遠に解き放たれているのです。
寝ようとするときに非常に意識的であることは
啓発が現実になってきているといういい兆候なのです。
心配せずに楽しみましょう!



チェンマイの冬のコース

ある瞑想家の冒険

いいね!した人  |  コメント(32)  |  リブログ(0)

Bobさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります