June 05, 2013

ボデガス・レイ・フェルナンド・デ・カスティージャ(DOヘレス)

テーマ:ワイン

先月ヘレスに行き、取引先のワイナリーを訪問して参りました。


弊社ではシェリーを4社から輸入しております。


ボデガス・レイ・フェルナンド・デ・カスティージャ


ボデガス・グティエレス・コロシア


ボデガス・ラ・シガレラ


ボデガス・トラディシオン


今回は、その中の3社、ボデガス・レイ・フェルナンド・デ・カスティージャ、ボデガス・グティエレス・コロシア、ボデガス・ラ・シガレラを訪問致しました。


まずはヘレスの旧市街にあるボデガス・レイ・フェルナンド・デ・カスティージャから。


毎日スペインワイン こちらのワイナリー、いつ訪れてもおしゃれです。この使われていない井戸もいっかりオブジェになっています。


毎日スペインワイン ぶどうが植えられていました。空が抜けるように青い!この空の下で飲むフィノやマンサニージャのドライシェリーの美味しいことといったら!


毎日スペインワイン フィノの樽です。シェリーの表面にフロールと呼ばれる産膜酵母菌がついているのがお分かりになるでしょうか?このように、フィノはフロールの下で空気に触れることなく生物学的熟成をさせてつくられます。


毎日スペインワイン ヘレスにあるワイナリーは、湿度と気温を調整するために床にアルベロと呼ばれる砂(闘牛場の砂と同じです)が撒かれています。気温が高い日は水を撒いて気化熱を使って温度を下げます。


毎日スペインワイン この樽は、ペドロ・ヒメネス・エチソが入っているそうです。


毎日スペインワイン
こちらのシェリー。スタイリッシュなボトルも魅力的ですが、甘すぎずさらっとしたテイストが特徴です。


毎日スペインワイン こちらはアンティケシリーズのシェリーが熟成されています。


毎日スペインワイン
こちらがアンティケシリーズのシェリー。透明ボトルでおしゃれなシェリーです。


毎日スペインワイン こちらもアンティケシェリーの樽。


毎日スペインワイン
シェリーはソレラシステムと呼ばれる独特の方法で熟成されます。ボトリングをするのは一番下にある樽からで、全部は抜かず1/3くらい。減った分は下から2番目の樽から下に移し、その上にある樽のシェリーを下に移します。一番上には若いシェリーが置かれます。ブレンドすることで品質を均等に保っています。


毎日スペインワイン この大きな樽はヴィンテージシェリー。ソレラシステムの説明とは反しますが、こちらは抜き注ぎをせずじっとボトリングの時期を待っています。10年先になるのかもっと先なのか、VIEJISIMOという言葉が書いてあるので、既に40~50年以上は経過しているものと推測されます。


毎日スペインワイン こちらにも古いペドロ・ヒメネスの大樽がありました。


毎日スペインワイン こちらの樽はエキポ・ナバソスというボトラーズシェリーの樽。超高級シェリーが至る所にあって目移りしてしまいます。


毎日スペインワイン

スペインワインの輸入販売をしています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アルタミラさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。