2012-08-30

猫図鑑:日本猫

テーマ:山登り





日本を誕生国とする日本猫ですが、元来日本に猫は存在しておらず、奈良時代に歴史的な書物をネズミから守る為に中国より輸入された事が日本猫のルーツであると言われています。平安時代には貴族間での贈り物として使われた貴重な存在で、特に三毛猫は幸運を呼ぶ招き猫としても有名です。実は招き猫として描かれているのは生まれてくる確立が1000分の1と言われている三毛猫の雄猫だそうです。三毛猫の雄はその珍しさから、昔は船乗りたちから幸運の象徴として大切にされていました。次第に数が増え野良猫として日本全国に広まりましたが、外で飼われることが多かったので外来種との雑種が増えてしまい、純潔な日本猫は非常に珍しい存在となっています。現代になって絶滅の危機にさらされるまで日本では注目されることの少なかった日本猫ですが、西欧や北米においてはジャパニーズボブテイル、愛称MIKEとう名前で珍重されています






日本猫は実はスラリとした脚に筋肉質でバランスの取れた体つきをしていて、海外の愛猫家達の間では美しい猫のスタイルとして高く評価されています。三毛猫の特徴である尻尾は細長いものと極端に短いものがあります。日本ではすっかりお馴染みのこの尻尾ですが、短尾の猫は世界的には珍しく、海外で日本猫が貴重視されているひとつの理由にもなっているようです。被毛の柄は、白猫、黒猫、錆猫(茶と黒)、虎猫(黄色と赤茶)、雉猫(こげ茶と黒)、鯖猫(灰色と黒)、斑猫(白地に黒又は茶)、三毛猫(白、黒、茶)と種類が多く、短毛の猫と長毛の猫と両方が存在します。どちらの場合もダブルコートの被毛はアンダーコートが少なく、柔らかいので手触りが良いことでも知られています





日本猫には柄による性格の傾向があるといわれています。雉系の柄の猫は警戒心が強かったり、野性味が強かったりするようです。茶色系の柄の猫は臆病な猫が多いとも言われています。白猫は神経質、黒猫は甘えん坊で穏やかな性格の猫が多いそうです。三毛猫は殆どが雌ということもあってか、我が儘で気分屋と感じる飼い主も少なくありません。日本猫は特別な多い運動量を必要とされる猫ではありませんが、食事に与えすぎによる太ってしまい、本来なスリムな体型が崩れてしまっている猫が多く見受けられます。適量な食事と適度な運動を心がけてあげましょう。短毛であれば1日1回のブラッシング、長毛であれば1日1回のコーミングもしてあげればきれいな状態を保てます





桧 spa hinoki
www.spahinoki.com

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード