2013-06-04 10:19:22

不登校の子どもが動き出すタイミング

テーマ:不登校
私が言葉で指示を出しても、

我が家のまりこさんが反応をするのには時間がかかる。


例えば、今朝だって、

車から降りるのにちょっと時間がかかった。

「おりるよ~」

「おりるよ~」

「おりるよ~」

血液が循環するように、言葉が体を循環していく感じ。

そのうちに体の準備ができて、動き始める。

でも、自分から動ける場合ばかりではない。

そんな時は少しオシリを押してあげる。



ただ、オシリをおしてあげる場合には注意が必要なんだ。

本人の準備が出来てないと逆効果。

体もココロも硬くなる。



不登校気味の子ども、不登校をしている子どもへの刺激も

よく似ている。


子どもが動き始めるには十分な充電が必要だと思う。

そして、その充電には

「いまのボク、学校に行っていないボクもオッケーなんだ」

という感覚がとても大切。

本人のそんな感覚は親の意識によって育っていくことが多い。


だから、無理に子どもを動かさない方がいい。

でも、子ども刺激することが100%悪いことなのかというと

私はそうでもないと思っている。


タイミングの問題であって、

腫れ物にさわるような関わりの方がマイナスになることもある。



繰り返しになるけど、

無理に子どもを動かさない方がいい。

でも、もし、子どものオシリをおしてあげたくなったら、

本人の準備が出来てないと逆効果。

体もココロも硬くなる。


ということを思い出して欲しい。

そして、また、じっくり見守ろうね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うみ蔵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。