2012-08-21 09:43:29

不登校の子どもの気持ち

テーマ:不登校
「明日は学校へ行こう」と思っていても、行けなくなる。

そして、不登校は始まっていく。


そんな時、子どもは親の様子をキャッチするために、アンテナを広げる。

子どもは親に対して、そして自分に対しても「ごめん、また無理だった」と感じ、

ダメだなあ~という思いを深くする。


学校に行ってしまえば、家の雰囲気は良くなる。

でも、本人はいい子を演じることに疲れはてる。


どっちにしろ、大変なんだ。


学校に行けなくなった時、子どもは親へなにを望むのだろう・・?


「どんなに機嫌の悪い時でも、いつもと変わりなく接してほしい」

「あまり、結果を急がないでほしい」

という、ある少女のつぶやきが心に響いた。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

うみ蔵さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。