弁護士作花知志のブログ

弁護士によるブログです


テーマ:

サーグッド・マーシャル(1908―1993)は,アメリカで弁護士として活躍された後,1967年にアフリカ系アメリカ人で初めてアメリカの連邦最高裁判所判事に任命された方です。



サーグッド・マーシャルが弁護士として勝ち取られた判決に,1954年連邦最高裁判所の「ブラウン対教育委員会裁判」があります。公立学校で,白人と黒人の子供達を別の学校に通わせていることが法の下の平等に反しないかが問題とされた事件でして,行政側の「学校は別だが教育内容は同じなので,法の下の平等には反しない」という反論を退けて,憲法違反であるとの判断がされました。公民権運動を大きく後押しした判決です。



そのようなサーグッド・マーシャルが,アメリカ憲法200周年記念の年である1987年に,ハワイ州マウイで開催されたセミナーで,憲法についての講演を行いました(講演の内容は,「憲法―生きている文書」『アメリカの黒人演説集(岩波文庫)』(岩波書店,2008年)335頁で読むことができます)



サーグッド・マーシャルは,その講演を,憲法200周年の1987年には,今では黄ばんだ文書に記載されている憲法と,その憲法草案者の知恵,予見,正義感を讃美する催しが行われるだろう,それはとても残念なことだ,という話から始めています。



弁護士として「ブラウン対教育委員会裁判」の判決を取り,アフリカ系アメリカ人として初めて連邦最高裁判所判事に任命された方が,憲法を讃美することを「それは残念なことだ」と言われるのはなぜか,と驚くわけですが,その理由は,講演の続きの内容から分かるのです。



サーグッド・マーシャルは続けて,憲法が制定された当時,その序文に規定されている最初の三語である「ウィ・ザ・ピープル(われわれ人民は)」,つまり憲法の保障が及ぶとされていたのは,あくまでも「自由民」に限るとされていたこと,そしてそこには,奴隷の方々は含まれていなかった,という話をされます。


そして,実は最高裁判所も1857年のドレッド・スコット裁判において,「奴隷は『われわれ人民』には含まれず,奴隷制は憲法に反しない」という判断をしていたのです。



しかしながら,さらにサーグッド・マーシャルは「憲法は常に変容する性質を備えている」という視点から,話を進めます。



南北戦争,奴隷制度を廃止する憲法修正第13の批准,奴隷制度を廃止する法律の制定や新しい憲法原理(それには1954年連邦最高裁判所の「ブラウン対教育委員会裁判」も含まれることになります)により,黒人の方々は自由と平等を獲得しました。それは多くの活動家の方々の命をかけた活動の結果であり,また当初は黒人の方々を含まないとしていた憲法規定の「われわれ人民は」の意味の変容を意味しました。



サーグッド・マーシャルは,私たちがお祝いしなければならないのは,200年前に紙に活字として書かれた憲法そのものではない,その憲法により良い意味を与えようとして奮闘された方々の活動の軌跡こそが賞賛に値するのだ,という話をされ,講演を「私は,生きている文書(ドキユメント)としての憲法の200周年を祝うつもりです。」という言葉で締めくくっておられます。



ーグッド・マーシャルはこの講演を通して,とても大切なことを私たちに伝えようとされたと思います。



実は憲法も法律も,そのもの自体は紙の上に書かれた活字にすぎないのです。大切なことは,その活字にすぎない憲法や法律に,どのような意味を与えるべきか,という観点からアプローチを行い,それを動かしていくことです。どのような動きを憲法や法律に与えれば,この社会は最も幸せになるのか,社会の変容に対応できるのか,という観点から,私たちは動かしていく必要があります。



紙の上に書かれた憲法や法律に意味を与えて動かしていく,それが司法権である,ということもできるでしょう。




実は,アメリカのオバマ大統領も,その著書である『合衆国再生~大いなる希望を抱いて~』(ダイヤモンド社,2007年)94頁において,憲法は固定された文書ではなく生きている文書である,という趣旨のことを書かれています。



共に黒人として激動の時代を生きて来られたサーグッド・マーシャルとオバマ大統領の,憲法に対する思い,憲法観は,共通しているのかもしれませんね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

弁護士作花知志さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。