LEO幸福人生のすすめ

幸福の科学一信者のブログです。
幸福の科学での学びを中心として、
読んだ本や、観た映画の感想などを書いています。
面白くて~わかりやすく、ためにもなるブログを目指しています!


テーマ:

頭の良さといっても、どんな点での頭の良さかによるので、一概には言えないと思いますが、

 

論理の切れやシャープさ、教養と思考力の深さ、鋭さ、そんなところで、頭いいなーこの人と感じた人はといえば、

 

ふたたび霊言に登場したキッシンジャー博士ね、この人の著作を読んだときに、頭いいなーこの人、と感じました。「外交」という分厚い本ですけどね。近現代のヨーロッパからアメリカまでを鳥瞰した外交史に脱帽です。

 

この翻訳を監修したのが岡崎久彦さんですが、岡崎さんの著書も読んでいて、頭いいなーこの人、と感じます。

二人とも、圧倒的な教養と、その教養をベースにして隙のない論理を立てて、結論をビシッと出してくるんですよね。しかもその結論も一つで決めつけたりはせずに、変数がある場合には、ケース・バイ・ケースで判断が違ってくることも踏まえて、論述してくる。

 

過去世を見ると、二人とも歴史に名を残す軍師なんだそうです。中国の歴史書に登場する方らしいですね。軍略家の頭の切れが、わたしは好きなのかもしれない。

そういう魂であって、今世は外交畑で働いたお二人ですが、外交の筋を読み取るためには、自分の国の情報と動きだけでなく、他国の動きやその奥にある動機も読み取れないと、その後の外交で取るべき道筋が見えませんから、相当の博識と洞察力、考察力が必要になるわけだから、頭が切れる人でなければ務まらないんですよね。

 

昭和の軍人で言うと、石原莞爾が頭いいなーこの人、と戦争論の講義を読んでいて思いました。論理の切れがある人って、わたしは好きなんだなーきっと。そういうタイプが頭がいいと感じます。

 

哲学書だと、プラトンの「国家」を読んだときに、問答に登場するソクラテスのセリフ、思考過程を追って読んでいるときに、なんてソクラテスって頭がいいんだろう。と思ったし、

それを整然と著述しているプラトンも同じく、あったまいいなーこの人、と感心しながら読んだものです。

知を極めるというのが、自分にとっては憧れなんでしょうねー。だから、アッタマいいなーこの人と思える人に出会えると、素直に衝撃を受けて驚き、感銘を受けるんでしょうね。

 

むろん、他にも数え上げればキリがないくらい、頭のいい人というのはいますけどね。

あげるとキリがないのであげませんが(笑)。

 

あーいたいた、盟友のガンちゃんね。

 

わたしが、ガンちゃん頭いいと思うよー、なにしろ何を言ってるかオレも理解できないくらいだから、と茶化すと、ぜってー思ってないだろ?!と返事してきますけどね。

 

真面目に褒めても信じてくれないんだけども、まぁー茶化すと、って書いちゃってるけど、半分は真面目に言ってんだけど、信じてくれない(笑)。

 

ま、冗談は置いとくとして、(・∀・) ← 冗談かよ!!

 

最初に、論理の切れ、と書きましたけど、論理的な思考力って大切だと思うんですよねー。

 

対談本でも総裁補佐先生が、数学などをやったことで論理的思考力を鍛えられたのかなーという話が、何度か出てましたけど、

 

縁起の理法といい、原因結果の連鎖といい、これを正確に読み解くためには、緻密に論理を辿れる思考力がないと、無理ではないかなーとやはり思うので。

 

まったくトンチンカンなものを原因だと勘違いしてしまったのでは、物事の正確な判断すら出来ないし、原因を究明して、それを改める作業もできない、要するに、反省も出来ないってことになりかねませんからね。

 

論理のつながりがない、論理が飛躍してつながっていない、なんとなくそんな感じがする、とかいうのでは、ちょっと思考力としては危うすぎるので、やはり緻密性が必要でしょう。

 

科学の勉強などをすると、本当の原因を突き止めるために、いろんな実験とか行いますからね。

Aという条件によって結果がどう違ってくるかを正確に判断するためには、他の条件(BとかCその他の条件)は同じにして、ただ一つの特定条件(A)の影響を観察したりする。それは実際に、器具を使っての実験もあるし、アインシュタインが行なったように、光速についての思考実験もありますが、

 

どのような条件づけのもとに、どういう結果が想定されるのか、とか。

 

その反対に、この結果を引き起こす原因は何か。

さまざまな原因が想定されるかもしれないけれど、直接原因はこれ、間接原因はこれこれ、それらが複合的に影響してどうこう、など、大きな問題になるほど、高度な思考力が要求される。

 

歴史の洞察にしたって、ローマがなぜ滅亡したのか、その原因を述べよと言われても、いろんな学説があるでしょう。

主原因はこれ、間接原因はこれ、等々。

その洞察の深さ、鋭さによって、説得力も違ってくるでしょうしね。

社会学においても、ものごとの原因を究明する思考力、知性は要求される。

それがないと、ある行為によって生じる後々の結果を正確に予想も出来ないわけだから、たとえば、思考力のない政治家が下手な政策を取ると、大変な失政を招いたりもする。

 

原子分子の理論を発見するまでの歴史だって、思考による考察が先行してますからね。

それぞれの元素の質量が決まっても、どうも測定値と数値が一致しない。これは何でだろう。単一で存在しているものと、ふたつの原子がくっついて一つの分子を作っているものがあると考えると辻褄が合う。酸素や水素は2原子で1つの分子を作っているに違いない。とかね。

 

こんな思考と測定による検証が行われて、目に見えない世界の探究は行われてきたわけで、ミクロはそうした細胞や原子の世界から、マクロは宇宙の起源と果ての話まで。

 

その最終回答はいまだに見つかっていないけれども、こうした科学の発展においても、高度な論理思考が要求される。直感だけではわからないし、説明になっているとは認めてもらえないのが、科学的思考というものですからね。やはり論理性が要求される。

 

幸福の科学の科学とは、物理学や化学といった具体的な科学という意味ではなくて、科学的な思考にも耐えうる、理証を持った宗教の教え、幸福論である、という意味だと思います。

 

この科学的な思考力は、自分個人の心の問題、その原因を精査し、正しい原因を突き止めるためにも必要だし、大きくは、社会の問題や世界の問題の、原因と結果の連鎖、それを読み解く力にもなるものでしょう。

 

そう、思うのです。

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

レオさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。